ザギトワ、マサルとの新春2ショットに日本ファン反響「美しい」「マサル幸せそう」

THE ANSWERによると。

 フィギュアスケートの平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)が1日、インスタグラムを更新。愛犬マサルとの2ショットでファンに新年の挨拶を行った。この投稿に日本ファンから「マサル幸せそう」「あけおめ カワイイ!!」「まさる……元気そうですね」などとコメントが相次いでいる。

 元日、1枚の写真を掲載した。電飾が施されたクリスマスツリーの前に座り、黒のノースリーブ姿で膝の上にマサルを抱くザギトワ。愛犬は銀のメッキテープで造られた首飾りを付けているが、ザギトワの膝の上には収まり切らないほど、体が大きくなっている。18年の平昌五輪後に贈られてから2年近く。すっかり成長している様子がうかがえる。

 投稿では2019年を振り返り、日本で行われた世界選手権で優勝したことを思い出に挙げ、ファンに感謝。その上で「ハッピーニューイヤー2020!!!」と締めくくり、新春の挨拶を行った。コメント欄には、日本ファンから反響が集まっている。

「あけおめ カワイイ!!」
「マサル幸せそう」
「ザギちゃん、マサル! A Happy New Year」
「かわいいふたりが、幸せな1年になりますように」
「あなたを応援してますよ!」
「美しい、、あけましておめでとう」
「まさる……元気そうですね」
「大きくなったね、マサルちゃん!」

 今季はグランプリ(GP)ファイナルで6位に終わった後は当面休養することを明かしたザギトワ。小休止した後で2020年はどんな演技でファンを魅了してくれるのだろうか。

本田真凜、望結&紗来そろい踏みショットに反響「最強の3姉妹」「かわいすぎる」

スポニチアネックスによると。

 フィギュアスケート女子の本田真凜(18=JAL)が27日、自身のインスタグラムを更新。2人の妹との3ショットを公開し、ファンを喜ばせた。

 「いつぶりだろう~、姉妹揃いました~うれし」とつづり、マスカットを手にした自身を真ん中に、みかんを持った望結(15)、リンゴを手に笑顔の紗来(12)と並んだ貴重な3姉妹ショットを投稿。さらに、みかんを頬に寄せおどけた表情を見せたり、マスカットを頬張った自身のワンショットも添えた。

 真凜は今月行われた「全日本フィギュアスケート選手権」に出場し8位と復活を兆しを見せ、望結はフィギュアと女優業との二刀流、紗来もトレーニングを重ねるなど、それぞれが多忙の中で実現した3人そろい踏み。ネット上でも「最強の3姉妹」「かわいすぎる」「久しぶりの本田姉妹の写真うれしい」「仲良さそうでうらやましい」など絶賛する声が上がったほか、「2020年も頑張れ」「3人揃って飛躍の年に!」など、来年の活躍も期待するコメントがあふれた。

紀平梨花が圧巻Vで世界選手権へ

東スポWebによると。

 フィギュアスケートの全日本選手権の女子フリーは21日、東京・国立代々木競技場で行われ、ショートプログラム(SP)首位の紀平梨花(17=関大KFSC)が自己ベストの155・22点をマークし、合計229・20点で悲願の初優勝を飾った。圧倒的な強さで「日本一」の称号を手にし、名実ともに日本のエースとして来年3月の世界選手権(カナダ・モントリオール)に乗り込む。

 最終滑走者として氷上に立った紀平。冒頭は4回転サルコーではなく3回転を選択。続くトリプルアクセルと3回転トーループの連続ジャンプ、単独のトリプルアクセルなど後続のジャンプで次々に着氷し、終わってみれば2位に20点差以上をつける独走Vとなった。

 試合後は「全日本で初めて優勝ができてすごくうれしい」と笑顔で喜びを表現。その上で「4回転なしと直前で決めました」とリスクを避けたことを明かした。演技前の時点で首位との差は133点未満。慎重にまとめれば優勝できるという冷静さが大事なところで出た。実際、ライバルたちは軒並み点数を落とし、優勝ラインは急降下。そんな中でも「気にせずにとにかく集中した」と平常心を貫いた。

 試合前のルーティンでもある睡眠を十分に取ることができず「すごく不安だった」というが、その中で結果を出したことに自信を深めた。

 伊藤みどり、荒川静香、安藤美姫、浅田真央…そうそうたるスケーターが名を連ねる全日本覇者の仲間入りを果たし、いよいよシーズン前から「一番の目標」と位置づけてきた世界選手権に挑む。ライバルは当然、ロシア勢だ。

 今季デビューした脅威の“ロシア3人娘”はグランプリファイナルの表彰台を独占。すでに複数の4回転を跳ぶ“後輩”の背中を追いかける立場だが、今度こそ公式戦初の4回転を降り、真の「紀平時代」を築く。

羽生結弦が高橋大輔と手をつないで大笑い!「負けないで」ZARD名曲のサビ熱唱も!

中日スポーツによると。

 フィギュアスケートの全日本選手権上位選手らによるエキシビション「メダリスト・オン・アイス」が23日、東京・国立代々木競技場で行われ、男子シングル優勝の宇野昌磨(22)=トヨタ自動車・中京大、2位の羽生結弦(25)=ANAらが出演。羽生は2大会連続の金メダルを獲得した2018年平昌冬季五輪のフリーで演じた曲「SEIMEI」にのった演技を披露した。

 思い出深い曲とともに再出発の一歩を踏み出した。全日本選手権で戦った選手が並ぶエキシビション。羽生が選んだ曲は平昌冬季五輪のフリーで完璧に演じきった「SEIMEI」だった。

 この日のジャンプは時間が短かったため2つ。3回転ループを決めるとトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)もきれいに成功。金メダルを獲得した演技を思い出させるステップやスピンもみせ観客席をわかせた。

 この日は吹っ切れたような様子。ZARDの曲「負けないで」にあわせた世界選手権と世界ジュニア選手権の代表によるコラボレーションでは拳を突き上げてサビを熱唱し、フィナーレでも高橋大輔(関大KFSC)と手をつないでリンクを一周。コメントはなかったが、全日本2位のショックから立ち直ったようだった。

高橋大輔、“ラストダンス”は12位「ぐだぐだで終わっちゃった」

サンケイスポーツによると。

 フィギュアスケート・全日本選手権最終日(22日、東京・国立代々木競技場)世界選手権(来年3月、モントリオール)代表選考会を兼ねて行われ、男子はシングルで最後の出場となる高橋大輔(33)=関大KFSC=が合計204・31点で12位だった。

 来年1月からアイスダンスに転向するため、左足首負傷の影響で今季初戦がシングル最後の舞台となった。ショートプログラム(SP)で14位と出遅れた満身創痍のベテランは「締め切れなかったのは僕らしい。ぐだぐだで終わっちゃった」と苦笑いを浮かべた。

 調整の遅れで厳しい練習を積めたのは3週間ほど。肩や脚に今も痛みがあり、体には大量の湿布が貼られ、音楽をかけたSPの通し練習は一度もできていなかった。

 「きれいな終わり方はできなかったけど、すっきり次に向かえる。気持ちを表に出すことができなくて悔しい」

 得点を待つキス・アンド・クライでは、会場から「大ちゃん」コールが鳴り響いた。苦楽をともにした長光歌子コーチ(68)に花束を渡し、感謝の気持ちを表した。「改めて一区切りしてくれる場所を与えてもらえて幸せ。次の引退は気持ちよく終われるようにやっていきたい」。2010年バンクーバー五輪銅メダリストが、14年前に全日本初優勝を飾った思い出のリンクで“ラストダンス”を終えた。

羽生結弦、4年ぶり全日本で宇野昌磨に敗れ2位「弱いです。終わっちゃったなっていう感じ」

スポーツ報知によると。

 4年ぶり出場でショートプログラム(SP)首位につけた五輪連覇の羽生結弦(25)=ANA=は、フリーで172・05点、合計282・77点となり、SP2位の宇野昌磨(22)=トヨタ自動車=の合計290・57点に届かず、宇野の4連覇を許した。

 シングルラストダンスとなった10年バンクーバー五輪銅メダルの高橋大輔(33)=関大KFSC=は12位だった。鍵山優真(16)=神奈川・星槎国際高横浜=が合計257・99点で3位となり、宇野以来ジュニア勢で5年ぶりの表彰台を決めた。

 五輪王者は、疲労が蓄積された5週で3戦の最終戦となった今大会で20日のSPでは110.72点で国際スケート連盟(ISU)非公認ながら自身の世界最高得点の110.53点を上回り首位発進となった。「どのくらいの体力の消耗の仕方でどれくらい調整していくのがベストなのか、何となくその時その時の体調で分かるようになってきている」と話していた羽生。

 前戦のGPファイナル後は「正直大変だった」というほど消耗を感じた。「調整もできていない」状態で、4回転ループを跳べないまま拠点のカナダから日本に渡った。SP後には「まだフリーに向けて不安はある」と口にしていた。

 羽生結弦「疲れました。でもがんばりました。プレッシャー関係ないです。弱いです。終わっちゃったなっていう感じです。何もないですよ」

紀平梨花、自信が安定感に完成型楽しみ

日刊スポーツによると。

女子でショートプログラム(SP)首位の紀平梨花(17=関大KFSC)が国際スケート連盟非公認ながらフリー自己最高の155・22点を記録し、合計229・20点で初優勝した。4回転サルコーは回避し、2本のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)などに成功。2位の樋口新葉(明大)に22・59点の大差をつけ、来年3月の世界選手権(カナダ・モントリオール)代表を確定させた。

全日本選手権には特別な緊張感があります。その中で紀平選手は、回転不足の判定はあったかもしれませんが、3回転半と3回転トーループの連続ジャンプを跳び、その他は全ての演技をクリーンに行いました。昨季にSPとフリーでそろえる大切さを学び、いい練習をつめたオフを過ごしたからこそ、3回転半に今季はさらなる素晴らしい安定感があります。また今後4回転サルコーを構成に入れる想定として、昨季は1番目と2番目に組み込んでいた3回転半を、今季は2番目と5番目に組み込んでいます。構成を変えても崩れない安定感は、積んできた経験から得た大きな自信があるからだと思います。

世界選手権では4回転ジャンプを複数本跳ぶトルソワ選手やシェルバコワ選手たちと、ぶつからないといけません。しかし紀平選手にも4回転サルコーや3回転ルッツなど、封印している武器があります。1つ1つのエレメントに大きな加点をもらえる技術やスケーティングの伸びやかさ。ここからブラッシュアップをして、シーズン最後に完成型が見られるのが楽しみです。(カルガリー五輪代表)

真凜、復活の8位「去年に比べたら成長できた」

サンケイスポーツによると。

 フィギュアスケート・全日本選手権第3日(21日、東京・国立代々木競技場)世界選手権(来年3月、モントリオール)代表選考会を兼ねて行われ、女子はショートプログラム(SP)6位の本田真凜(18)=JAL=は合計181・34点で8位だった。

 「練習どおりにはいかなかったけど、去年に比べたら成長できた」

 「ラ・ラ・ランド」に乗った2016年世界ジュニア選手権女王は、冒頭の3回転ルッツで転倒したが、演技後はホッとした表情を浮かべた。「去年とかおととしのように、気持ちが折れることはなかった。いつもだったら引きずっていた」と手応えをつかんだ。

 今季はグランプリ(GP)シリーズ第2戦のスケートカナダ直前に交通事故に遭うなど不運もあった。「最終グループに戻ってきた自分に『がんばった』と言いたい」。昨年の15位から躍進し、復活を印象づけた

紀平梨花が全日本初優勝!4回転回避もトリプルアクセル成功

スポニチアネックスによると。

 フィギュアスケートの全日本選手権は21日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位で昨季のGPファイナル女王、紀平梨花(17=関大KFSC)が初優勝を飾った。

 紀平は冒頭、4回転サルコーは回避したが3回転サルコーに成功。2つのトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)も鮮やかに決めた。

 SP4位の樋口新葉(18=明大)がフリー138・51点、合計206・61点で2位と巻き返した。同7位の川畑和愛(17=N高東京)がフリー128.43点、合計193.96点で3位に入った。

 明日22日はアイスダンスのフリーダンスと男子フリーが行われる。

本田真凜「ラ・ラ・ランド」で魅了 21日フリーへ調整

デイリースポーツによると。

 21日の女子フリーへ向けた公式練習が行われた。ショートプログラム(SP)6位の本田真凜(18)=JAL=はフリー「ラ・ラ・ランド」の軽やかな音楽に合わせて表現豊かに舞い、調整した。

 冒頭の3回転ルッツ、ダブルアクセル-3回転トーループの連続ジャンプなどをしっかりと着氷。終盤でややジャンプに乱れも見られたが、音楽とマッチしたステップや上達したスピンを披露し、さまざまな表情で大ヒット映画の世界観を表現した。

 本田は16年大会に4位となるも、平昌五輪代表選考会を兼ねた17年大会は7位、昨年大会は自己最低15位に沈んだ。SP後には「自分らしく滑れたのが1番うれしい」と晴れやかに笑った本田。21日のフリーでも本田真凜らしい演技を披露したい。