「高橋大輔」カテゴリーアーカイブ

髙橋大輔の芯が見えたアイスダンス挑戦。 …たどり着いた一つの境地

webスポルティーバによると。

9月30日、横浜市内のホテル。数十人の報道陣の熱気が、一室を満たしていた。

「すごっ」

 用意された部屋に入ってきた髙橋大輔(33歳)は、思わず声を出すほどだった。目を丸くし、鼻をこすり、照れくさそうな表情を浮かべる。その様子に、カメラのフラッシュが一斉にたかれた。

 フィギュアスケート男子シングルで昨年、現役復帰した髙橋は、村元哉中(26歳)とのアイスダンス、カップル結成を発表している。今年7月、新潟でトライアウトを行ない、二人は決意を固めたという。シングルは、今年12月に行われる全日本選手権が最後。アイスダンスは来年1月から始動し、目標は2022年北京五輪だ。

「できるだけ長く、スケートで表現がしたい、と自分は思っています。『氷艶』など舞台もやらせてもらって、まだまだスケートの可能性があると感じました。そのためには、”人と組む”という必要性(大切さ)も感じて」

 髙橋は朗らかな声音で、その思いを口にした。

 はたして、彼はどこに行きつこうとしているのか。
かつてマイナー競技だったフィギュアスケート男子を、髙橋は人気競技に定着させている。2010年バンクーバー五輪の銅メダルや同年の世界選手権優勝など記録はすばらしいが、それ以上に、ファンを獲得し、普及させた功績は大きい。そして昨年は4年ぶりの現役復帰を果たすと、全日本選手権で2位になって、再び限界を突破する姿を示した。

「アイスダンスを、もっと知りたいと思いました。スケートの広がりが感じられるはずで」

 髙橋は転向の理由をそう説明した。

「今の自分は、(スケートに関して)”競技者か””プロか”、その境をなくしています。どっちか、というのはありません。もちろんオリンピックに出るには、形としては競技者になりますし、勝たないと注目してもらえない、とも思っていますが」

 スケートを追求する中、一つの答えだった。昨年8月、村元は平昌五輪で日本勢最高タイの15位になったクリス・リードとのカップルを解消。タイミングも合ったのだろう。

「自分の人生を振り返ると、決断した、というのはあまりない。導かれるようなところがあって。とにかく、スケートを滑り続けたい」

 髙橋は言うが、そこに彼の芯がある。

 シングルからアイスダンスへの転向で、課題となる点は山ほどあるだろう。そもそも、スケート靴が違う。リフトという一方を持ち上げる技術・筋力も欠かせない。また、至近距離で滑ることになり、お互いの癖を理解し、調和するのは至難の業だ。

「(課題は)ほとんど全部」

 髙橋はそう言って笑みを浮かべた。無邪気さが滲む。難関も含め、心からスケートを楽しめるのだ。

 カップルを組んだ村元が、その決め手となった言葉をこう語っている。

高橋大輔がアイスダンス転向「世界一のステップ」武器に22年北京五輪目指す!平昌代表の村元哉中とコンビ

中日スポーツによると。

 フィギュアスケート男子で、2010年バンクーバー冬季五輪銅メダリストで昨季から現役復帰した高橋大輔(33)=関大KFSC=が来年1月からアイスダンスに転向すると26日、日本スケート連盟が発表した。女子で2018年平昌冬季五輪アイスダンス代表の村元哉中(かな、26=木下グループ)とのコンビで来季から競技会に出場する。詳細は近日中に高橋が説明する。

 連盟の発表や高橋の公式サイトによると、男子シングルとしての競技会出場は12月18日に開幕する全日本選手権が最後。その後は来年1月に米国に活動の拠点を移して、ヘッドコーチを務めるマリナ・ズエワさんの指導の下、アイスダンスでの競技会出場に向けた練習を行う。

 コンビを組む村元はクリス・リードとのコンビで臨んだ昨年2月の四大陸選手権(台北)で日本勢初の銅メダルを獲得し、同年の平昌五輪も出場した実力者。最終的にはアイスダンスでの2022年北京冬季五輪出場を目指すことになりそうだが、高橋は世界一と評される華麗なステップが武器だけに、2人の力が成熟すれば、平昌五輪で5位だった団体戦でのメダル獲得へ大きな力になりそうだ。

 「まずは男子シングルの最後の演技に向けベストを目指していきます」などと連盟を通じてコメントした高橋は公式サイトで「ジェットコースターみたいな僕のキャリアにお付き合いいただき有難うございました」と男子シングルでの声援に感謝し、「新しいジェットコースターへ乗り継ぎますので、引き続きお楽しみいただければと思います!」と心境を披露。村元も連盟を通じて「新しい挑戦が出来ることを大変嬉しく思います」などとコメントを発表した。

高橋大輔新プログラム、ビヨンセ振り付け師らに依頼

日刊スポーツによると。

昨季現役復帰したフィギュアスケート男子の高橋大輔(33=関大KFSC)が14日、今季の新プログラムを発表した。ショートプログラム(SP)は、歌手のビヨンセなどの振り付けを行ってきたシェリル・ムラカミ氏に依頼。14年ソチ五輪ウズベキスタン代表で男子シングル出場のミーシャ・ジー氏もプロジェクトに参加している。

曲は「ザ・フェニックス」で「新シーズンのショートプログラムは、ビヨンセなどの振り付けも行ってきたシェリル・ムラカミさんに依頼をしました。また、ミーシャ・ジーさんに本プロジェクトの参加をお願いし、アイデアあふれる振付とスケーティングの技術、初めてのコラボレーションプロジェクトとなりました。シェリル、ミーシャ、振付のアシスタントのユーコ・カイさんともに各々の違う観点からのすり合わせは大変だったと思いますが、素晴らしいプログラムとなり、アップテンポで息が切れそうですが、楽しみなナンバーになりました」とコメントした。

シェリル・ムラカミ氏は「ダイスケは優秀なアスリートであるだけでなく、とても特別な才能を持ったアーティストである事を身をもって感じました。彼は果敢で、自分を信じ、常識にとらわれていない…。信念を突き通し、新たな革命を起こし、さらなる成功をとげる存在です。自分の情熱を信じ続ける彼は、私の心を動かし、インスピレーションを与えてくれました。そしてアーティストとしてのあり方を再確認させられました。そんな彼の才能をとても尊敬しています。飛び立てダイスケ!」と期待のコメントを寄せた。

フリーは昨年に続き、ブノワ・リショー氏が振付を担当する「ペール・グリーン・ゴースツ」とした。

高橋大輔が救った“朝ドラ女優” 10年前の行動に感謝「本当に頭が上がらない」

オリコン によると。

 4年ぶりに競技復帰したフィギュアスケート高橋大輔選手(33)が、きょう3日スタートの日本テレビ系バラエティー番組『衝撃のアノ人に会ってみた!レギュラー決定SP』(後7:00~8:54)に出演。高橋選手のおかげで、人生が変わったという“朝ドラ女優”が登場し、感謝の思いを伝える。

 番組では、お金がかかるフィギュアスケートを続けるため、近所の人たちが総出で高橋選手を助けてくれたという幼少期のエピソードを公開。とある“年上のお姉さん”には、特にお世話になったといい「そのお姉ちゃんがいなかったら、僕はフィギュアスケートをしてないです」と思いを伝え、その女性が「大輔」という名前の名付け親でもあると告白する。

 そんな高橋選手もまた、人を助けることになる。今から約10年前、大阪府が財政難に陥った際、破産状態だったスケートリンクが廃止の危機に直面。そこでスケートリンクを救おうと、高橋選手がボランティアでアイスショーに出演したのだが、この活動によって、当時まだ幼かったある少女がスケートを続けることができ、フィギュアスケートという特技を活かして、なんと今や朝ドラ女優になっていた。誰のことなのかまったくわかっていない、高橋選手の前に、本人が登場。「本当に頭があがらない」と感謝する。

高橋大輔が光源氏に。2019年夏、あの『氷艶』が帰ってくる!

Number Web によると。

 あの世界が再び、やってくる。

 2月25日、東京都内で記者会見が開かれ、『氷艶 hyoen2019 -月光かりの如く-』の上演が発表された。

 本作は世界最古の長編小説とされる『源氏物語』を題材に、フィギュアスケーターや役者たちが氷上に会し、物語を演じる舞台。会見場では、今回演出を務める宮本亜門、主演として光源氏を演じる高橋大輔、荒川静香のフィギュアスケーター2名と、俳優の福士誠治、元宝塚の柚希礼音が登壇した。

 それぞれが公演への意気込みを語ったが、彼らだけでなく、つめかけた取材陣からも立ち昇る高揚感が会見場に満ちていた。本公演は2017年の公演『氷艶 hyoen2017破沙羅』に続く第2弾となるが、一昨年のインパクトがそれだけ強かったからだ。

 『氷艶 破沙羅』は市川染五郎(現・松本幸四郎)演出のもと、「フィギュアスケートと歌舞伎のコラボレーションを図る」という点で注目を集め、上演された。それはいい意味で想像を裏切る作品であった。
高橋が光源氏に成りきり、舞う。
 神話の時代の日本に源義経が舞い降りて時空を超えたストーリーが展開される劇中では、東京・代々木第一体育館に設置された広い氷上を、染五郎ら歌舞伎界の人々がスケート靴を履き、重い衣装をまとって滑った。

 義経を演じる高橋らスケーターたちも負けていない。滑りながら、それぞれに役柄を演じきる。ともすれば中途半端になりかねない異種の分野が見事に融合し、作品として成立させたのである。

 それを示す印象的な場面はいくつもあった。例えば義経が「阿国」に扮し、悪役を演じる役者たちの宴に忍び込むシーン。高橋は演者として義経に成りきって舞を演じ、かたや歌舞伎役者の人々は、歌舞伎ならではの舞を見せつけた。
氷上で共演するアイスショー。
 それは一断片に過ぎない。スケーターや役者たちの力の結集、小劇場からも着想を得たのではないかと思わせる豊かさが感じられた演出、さらにあのチームラボ、DRUM TAOら一級のスタッフにより、かつてない氷上での物語を体現した。それを示すかのように、フィギュアスケート、歌舞伎、映像などさまざまな場で反響があった。

 やり遂げたという自負は、1回目に引き続き出演する高橋の言葉にも現れていた。

 「今回が2回目になります。アイスショーでもアーティストの方であったり、(他の分野の方と)コラボレーションすることはあります。でも舞台と氷とが分かれた形での共演でした。氷の上でほかの方々と共演するアイスショーはほかにはないと思います」

 また、通常のアイスショーでは開演の3日前くらいに出演するスケーターたちは顔を合わせてショーを作り上げるが、氷艶は1カ月ほど時間をかけて稽古をするという。

 それは現役選手として競技生活を送る上で、マイナスに働く懸念もある。宮本もこう語る。

 「やっていいのか、散々聞きました。選手として障害になることはないの? と聞いたんです」

高橋大輔が「源氏物語」モチーフの公演で光源氏役に

日刊スポーツ によると。

「氷艶hyoen2019-月光かりの如く-」の記者会見に出席した高橋大輔(右から2人目)。右から福士誠治、1人おいて宮本亜門、荒川静香、柚希礼音
フィギュアスケート男子の高橋大輔(32=関大KFSC)が25日、都内で行われたアイスショー「氷艶hyoen2019-月光かりの如く-」の記者発表会見に出席した。

長編小説「源氏物語」をモチーフにした今公演で、主人公の光源氏役を務める。現役選手として氷上で舞台を演じることについて「日本文化というのは日本人だから伝えられる。西洋のスポーツのフィギュアスケートを日本から発信できる」と話した。公演は7月26日から28日まで横浜アリーナで行われる。

高橋大輔「いだてん紀行」で不遇時代の苦労話語る「ホテル泊まらず車の中で寝た」

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケート男子で10年バンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔(32=関大KFSC)が17日放送のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(日曜後8・00)のラストに流れる「いだてん紀行」に出演。不遇の時代に経験した苦労話を語った。

 この日の「いだてん紀行」は「アスリートの資金問題」について特集。フィギュアスケートは莫大な活動費用がかかることで知られるが、高橋は「常に衣装は手づくりだったり、九州などの試合の時にはホテルに泊まらずに車の中で寝た」など金銭面での苦労を明かした。

 地元の岡山県・倉敷市では、知人らが高橋のために募金活動を実施。その後、五輪に3度出場するトップアスリートとなった高橋は、閉鎖危機にあるリンクへの募金活動に参加して地元へ“恩返し”。「手を差し伸べてもらってきたから、やってこられたと思います」と感謝の思いを語っていた。

 放送後インターネット上では視聴者から反響が。「募金の話は聞いたことあったけど、車中泊の話は初めて聞いた」「高橋大輔クラスで募金とか手作りの衣装とかやってたんだ…」など驚きの声が上がっていた。

 「いだてん紀行」は同局の池田伸子アナウンサーが語りを担当。第1話(1月6日)は柔道男子日本代表監督で00年シドニー五輪100キロ級金メダリスト・井上康生氏(40)、第2話(1月13日)は公務員ランナー・川内優輝(31=埼玉県庁)のインタビューが放送されるなど、従来の「ドラマゆかりの土地紹介」とは一線を画した内容となっている。

高橋大輔「特別審査員」騒ぎの奇妙な顛末…社交ダンス大会の舞台裏で何が起きたのか

J-CASTニュースによると。

 バンクーバー五輪フィギュアスケート銅メダリストの高橋大輔さんが社交ダンス大会の「特別審査員」を務める――という内容の広告がダンス専門誌に掲載された。だが、これが「誤り」だったとして大会主催団体や雑誌社が謝罪した。

 先立って高橋さんのマネジメント会社が、高橋さんが審査員であるとする内容は「事実無根」であり、高橋さんの名前が「無断」で使われた、とする注意文を公式サイトに掲載。波紋が広がっていた。

■「ご本人の都合により来られないため辞退されました」

 事の発端は2019年1月26日発売の『月刊ダンスビュウ』3月号に掲載された、社交ダンス大会「2019スーパージャパンカップダンス」の1ページ広告。ここに、

  「特別審査員に和泉元彌、湖月わたる、高橋大輔が決定!」

と強調して書かれているのが分かる。

 同大会は公益財団法人日本ボールルームダンス連盟(JBDF)(東京都中央区)の主催で、3月2~3日に幕張メッセ(千葉市)で開催される大規模なものだ。チケット代は高価な席で2万2000円する。

 広告は誌面にのみ載っていたが、発売前の1月24日、同誌の版元であるモダン出版(東京都文京区)が公式サイトやツイッターで、次のように訂正すると発表(現在は削除)。多くの人の目に届くことになった。

  「特別審査員に高橋大輔さんが予定されていましたが、ご本人の都合により来られないため辞退されました。高橋大輔さんの来場はありません。誌面の訂正が間に合いませんでしたので、ここで訂正いたします」
「選手の信頼性を著しく傷つける行為」
 すると、高橋さんのマネジメント会社ユニバーサルスポーツマーケティング(東京都港区)が1月29日、高橋さんの公式サイトに注意文を掲載した。「高橋が『2019スーパージャパンカップ』の特別審査員をお受けし本人の都合により辞退した、との発表がございました」とした上で、

  「しかしながら、当該サイトにて発表されたような高橋大輔が審査員をお引き受けしたという事実はなく、そのため審査員を辞退したという事実もございません。当該サイトに記載されております内容は事実無根であり、高橋大輔の名称の記載は無断で行われているものです」

と、特別審査員の「辞退」だけでなく、そもそも「引き受けた」こと自体を否定した。

 注意文によると、大会事務局から特別審査員の依頼はあったものの返事をしていないといい、その状態でこうした発表がなされたことには「選手の信頼性を著しく傷つける行為でありマネジメント会社として断じて許すことはできません」と不快感をあらわにしている。

 この主張が事実であれば、高橋さん側としては名前が無断で利用された上、引き受けてもいない特別審査員を自己都合で辞退した、と発信された形になる。

高橋大輔、現役続行を明言!来季4回転サルコー投入

サンケイスポーツ によると。

 フィギュアスケート男子で5年ぶりに出場した昨年末の全日本選手権で2位に入った高橋大輔(32)=関大KFSC=が12日、東京都内でのイベントに参加。来季の現役続行を明言し、ショートプログラム(SP)とフリーで1本ずつ4回転ジャンプを組み込む構想を明かした。

 「現役を辞めるつもりはない。全日本に向けてもう一度頑張りたい」

 全日本の公式練習で4回転トーループを成功させた2010年バンクーバー冬季五輪銅メダリストは、さらに基礎点が高い4回転サルコーの投入を見据える。今季はフリーに1本のみ組み込んだ4回転をSPにも入れる見込み。今季残りの大会に出場の予定はなく、来季は今季と同様に全日本に照準を定める。秋の近畿選手権から実戦を重ねる方針だ。

 もっとも、全日本2位の実績により日本連盟から国際大会に派遣される見込みがある。「グランプリ(GP)シリーズは頭に入れていない。(GPより格付けの低い)B級戦には出てみたい」。元世界王者は、海の向こうでの真剣勝負を待ち望んだ。

高橋大輔復活の裏で浮上した「第3の男」問題 32歳の背中は“若手の刺激剤”になるか

THE ANSWER によると。

 2018年12月に行われたフィギュアスケートの全日本選手権は、競技会へのカムバック後3試合目だったバンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔で始まり、高橋大輔で終わったと言っても過言ではないほど、見る者を魅了するスケーターの存在感を見せつけた大会だった。同年7月に現役復帰を発表してから半年後の全日本選手権に引退以来5年ぶりの出場を果たした高橋がどれだけの演技を披露するのか。高橋ファンもさることながら、国内外のスケート関係者たちも大きな関心を持って注目していた。

 高橋はショートプログラム(SP)で「The Sheltering Sky」をほぼノーミス演技でまとめて88.52点で2位発進だった。本来であれば4回転を跳ばない高橋を、「第3の男」候補に挙げられる平昌五輪代表の田中刑事と昨季の世界選手権総合5位の友野一希が4回転ジャンプをしっかり跳んで上回らなければならないはずだが、2人とも武器の4回転サルコーをミスが許されないSPで失敗して得点が伸びずに出遅れた。この時点ですでに、4年のブランクがある32歳のベテラン選手と比べて、10歳前後も若い「現役バリバリ」選手たちの不甲斐なさが露呈したと言えるだろう。

 そして迎えたフリー。宇野に続く表彰台に立てば、5年ぶりとなる世界選手権代表の座を射止めるかもしれない期待感が膨らんだ。なぜ、そう思えたのか。それは、独特な振り付けで選手の特性を引き出す手腕を持つ振付師ブノワ・リショー氏が作った「Pale Green Ghosts」という素晴らしいプログラムを、高橋が見事に滑りこなしつつあり、現役時代に一世を風靡した「世界一のステップ」に勝るとも劣らないくらいの素敵なステップシークエンスとコレオシークエンスを滑っていたからだ。これほどの質の高いステップを踏んでいる若手選手は、残念ながら宇野を除くと誰もいないと言っても言いすぎではないだろう。

 そんな演技をした上で、4回転トーループ1本を跳ぶことを6分間練習で決めて挑んでみせた。本人曰く、「勝っても負けてもすっきりするはず」と勝負を度外視したチャレンジだった。結果は4回転が3回転になり、極度の緊張感から徐々に体力が奪われ、プログラム後半のジャンプでミスを連発。基礎点も出来栄え点(GOE)もマイナスがついてフリーは4位に終わった。それでも、高橋と「第3の男」を争った選手たちも振るわなかったことから、合計点での勝負では239.62点で総合2位の高橋に対し、田中は236.45点で総合3位、友野は227.46点で総合4位に留まった。