「羽生結弦」カテゴリーアーカイブ

羽生結弦、“王者のプロ意識”に五輪メディア驚愕「まだ課題リストを残すなんて…」

THE ANSWERによると。

 フィギュアスケートのオータムクラシックで優勝を飾った羽生結弦(ANA)。五輪連覇など数々の偉業を達成した絶対王者のプロ意識の高さに、五輪専門メディアは「まだ課題リストが存在するとは、信じられない」と驚愕している。

 14日(日本時間15日)に行われた男子フリーでは表彰式で心温まる一幕があった。国歌演奏の際、台の後ろに立てられた日の丸に向かって敬意を示すと、3位のキーガン・メッシング(カナダ)が旗部分を手持ちで掲揚。感動を呼ぶシーンを海外メディアが取り上げ、ファンの間でも話題を呼んでいたが、今後、更なる進化を目指す姿勢にもフォーカスされている。

 貫禄のシーズンインとなった羽生は1952年のディック・バトン氏以来となる五輪連覇という偉業を果たしながらも、さらに上を目指す姿勢に注目しているのはIOCが運営する五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」だった。

 大会後、羽生が今季シーズン、公式戦で前人未到の4回転アクセルを着氷させることを目標として語ったことを紹介。5回転ジャンプに取り組むなど、パイオニアとしてフィギュア界を牽引する意識の高さに、同公式ツイッターで驚愕をつづっている。

「日本のフィギュアスケートの五輪連覇覇者ユヅル・ハニュウが課題リストを残しているということが、信じられない! もちろん、これは未来に向けた唯一の計画ではないのだ」

 2022年北京五輪も見据える発言をしたカリスマ。頂上に君臨しながらも、衰えぬ向上心に、海外メディアも驚きを隠しきれない様子だ。

羽生結弦「圧倒的に勝つ」オータム・クラシックへ決意

デイリースポーツによると。

 フィギュアスケート男子で、冬季五輪連覇の羽生結弦(24)=ANA=が4日、ロッテ「ガーナエクセレント」の新しいWEB動画を同社の公式インスタグラムで公開。撮影後のインタビューでオータム・クラシック(12~14日、カナダ・オークビル)で始まる今季の決意を語った。

 動画の中で、チョコを手に笑顔をみせた羽生。インタビューでは真剣な表情で「最終的に、圧倒的に勝てることこそが楽しさだと思うので、良い演技を目指しつつ、そこ(競技)でもやっぱり勝ちたいなと思います」とスケートへの思いを披露した。

羽生結弦バージョンのガーナチョコ、受注販売へ

朝日新聞デジタルによると。

 「今日もお疲れさまです。」「はい! ひとくちどうぞ。」「いつも応援ありがとうございます!」――。フィギュアスケートで五輪2連覇を達成した羽生結弦(ANA)の直筆メッセージとサインがプリントされたオリジナルデザインの「ガーナミルクチョコレート」が、インターネットで受注販売される。30日、販売元のロッテが発表した。

 9月2日午前10時から19日午後11時59分まで、同社のオンラインショップ(http://img.lotte-shop.jp/ghod1909.html)で、予約を受け付ける。1セット(10箱入り)で税込み1188円(送料別)で、注文日を含めて8日以内にコンビニエンスストアで料金を前払いする。転売を防ぐため、申し込めるのは1人10セットまで。

 昨年7月に羽生が国民栄誉賞を受賞した時、同社がオリジナルデザインを制作し、ホームページに掲載。「商品化してほしい」との声が多く、販売を決めた。パッケージのデザインは3種類あるが、1セットの中に均一に入っているとは限らないという。11月下旬に手元に届く予定。

羽生結弦、美肌露わの“シチズン時計ショット”に海外反響「なんて美しい男」

THE ANSWERによると。

 フィギュアスケートの五輪連覇、羽生結弦(ANA)は時計メーカー「シチズン」の中国小売会社である西鉄城有限公司のアンバサダーに就任したが、プロモーションエリアの一つである香港の「シチズン香港」は公式インスタグラムで羽生が同社の時計をつけた写真を公開。「『花滑王子』羽生結弦」と紹介し、驚異の美肌も露わになっており、国内外のファンは「なんて美しい男」と歓喜の声を上げている。

 氷上とは打って変わった顔に多くのファンが魅了された。前髪をやや上げて分け、黒のスーツ姿でビシッと決めた羽生。女性が羨むほどの美肌が大写しになり、カメラ目線を送る。顔の下に添えた左手の手首にはシチズンの腕時計が。氷上とは打って変わった雰囲気を醸し出している。

 このほど、シチズンの中国小売会社のアンバサダーに就任した羽生。「シチズン香港」の投稿は就任のニュースを紹介しており、羽生について「『花滑王子』羽生結弦」と記されている。日本のみならず、アジアにも多くのファンを持つ羽生とあって、コメント欄では反響が相次いだ。

 海外ファンから「ハロー、ハンサム!!!!」「ユヅ!!!」「なんて美しい男。ありがとう」との声が上がれば、日本のファンも「クール&セクシー、ユヅ」「すっかり大人の男性になられましたね…」と歓迎。9月12日開幕の今季初戦オータムクラシック前からファンを喜ばせている羽生。氷の上の活躍も今から楽しみだ。

羽生結弦、CITIZENアンバサダーに!美麗ショットに悶絶の声

女性自身によると。

羽生結弦(24)が時計ブランドCITIZENの中国小売会社である西鉄城有限公司のアンバサダーに就任したと発表された。8月22日から羽生は中国、香港、マカオで販売されるシチズン製品のプロモーションを務める。今回の発表に伴い、シチズン中国の公式weiboでは直筆サインプレゼント企画を行うことも告知され、海外ファンも大盛り上がりだ。

羽生を起用した理由にシチズンは「腕時計の本質と新たな可能性を追求し続けるシチズンの姿勢」と羽生の「今の自分に慢心することなく常にベストを尽くす姿勢」に共通する信念があると考えたと説明。また中国でのフィギュアスケート人気の高まりや、羽生の持つ大きな影響力についても言及した。

それに対して羽生も「シチズンは百年の歴史を持つ尊敬できるブランドです。シチズン中国のアンバサダーになることを光栄に思います」とコメント。大役に意欲をのぞかせている。

今回の発表に伴い、シチズン製品を身につけた羽生の写真も公開された。革の腕時計にスーツ姿、オールバックの髪型という一味違った写真。SNS上では国内外のファンから絶賛の声が上がっている。

《時計もスーツも超似合う、さすが》
《美しすぎていつまでも見ていられる。時計欲しくなってきた》
《ヘアメイクがちょっと中国寄りになってる気がする!これもいい!》

羽生の今シーズン初戦は9月開始のオータムクラシック。開幕直前に見られた新たな羽生の姿は、ファンにとって嬉しいサプライズとなったようだ。

羽生結弦と弱虫ペダルが「ツール・ド・東北」とコラボ ポスターを都内と仙台で公開

Cyclistによると。

 宮城県石巻市や気仙沼市などで9月14、15日に開催される「ツール・ド・東北2019」が、宮城県出身のフィギュアスケーター羽生結弦選手や、人気自転車漫画『弱虫ペダル』とコラボレーションしたオリジナルイラストを、8月26日から東京メトロ新宿駅のメトロプロムナードや、仙台市地下鉄仙台駅など3カ所で公開する。イラストは、羽生さんや『弱虫ペダル』の登場キャラクターたちが、「ツール・ド・東北」のコースを背景に走行した様子などが描かれており、ポスターとして掲示される。

復興支援が目的の大会
 「ツール・ド・東北」は東日本大震災の復興支援と震災の記憶を未来に残していくことを目的に、2013年度から開催している。第7回となる今年の大会は、9月14日に関係者による視察ライドが2コース、15日に一般サイクリストが走行するフリーライドやグループライドが6コースで行われる。
 コラボしたイラストは、「ツール・ド・東北」の実際のコースを舞台にしたもの。美しい景色を背景に、羽生選手や弱虫ペダルのキャラクターたちが、ポールスミスデザインの「ツール・ド・東北2019」サイクルジャージを着て、自転車で走行する様子や休憩する姿を描いた。全9種のイラストのうち、5種に羽生選手が登場するほか、6種にコースの背景と舞台になった地名が記されている。
 スペシャルグラフィックに登場するキャラクターは、小野田坂道、今泉俊輔、鳴子章吉、手嶋純太、青八木一、鏑木一差、巻島裕介、真波山岳、葦木場拓斗、泉田塔一郎、黒田雪成、銅橋正清、新開悠人、東堂尽八、御堂筋翔の15人。誰が羽生選手とコラボするのか、どの組み合わせで登場するのかにも注目だ。

 「ツール・ド・東北」のウェブサイトでは、コラボページを開設し、背景となった舞台を9月上旬から公開する予定。そのマップを参考に、羽生選手やキャラクターたちが描かれた場所の見学や撮影に役立てることができる。

羽生結弦選手のコメント
 ツール・ド・東北フレンズとして応援している「ツール・ド・東北」のポスターに、『弱虫ペダル』の世界のみんなと一緒に、初めて登場させていただくことになりました。
 「弱虫ペダル」は大好きな作品で、前へ踏み出す強さ、一つのゴールへ向かっていく力の大きさ、をいつも感じています。
 限界を超えていく方々と、東北の皆さんを小野田くんや御堂筋くんたちと応援できることが、とてもうれしく、幸せです!
 ライダーの方々の”力”を感じ、応援することで、一つになって、”東北の力”になる。そんなツール・ド・東北を応援しています!東北に大きな力が集まるように。
 小野田くんたちと、僕と、応援してくださる皆さんで、ツール・ド・東北に力を!

『弱虫ペダル』原作者 渡辺航先生のコメント
 今年も「ツール・ド・東北 2019」開催おめでとうございます。「弱虫ペダル」は石巻市の「石ノ森萬画館」での原画展示や、イラストで今年も「ツール・ド・東北」を応援しています。フィギュアスケートの羽生選手とのコラボもありますので盛り上がること必至ですね!
 震災のあった年から毎年チャリティーサコッシュを製作し、売り上げをすべて寄付してきました。東北の復興が少しでも進むことを願っています。
 皆さんも是非、自転車で町や自然、空気、人々の温かさを肌で感じて下さい!

羽生結弦、至高の1枚!? 靴メーカー公開の“超絶ハイドロ”に反響「氷上の芸術だ」

THE ANSWER によると。

エデア社が芸術的写真を公開「史上最も完璧な選手のベストアクションショット?」
 フィギュアスケートの五輪連覇王者・羽生結弦(ANA)。氷上を美しく舞う姿を切り取り、過去に多くの名写真が生まれているが、スケート靴メーカーのエデア公式ツイッターは、羽生が“超絶ハイドロ”を決め、氷と調和した印象的な画像を披露し、「これはフィギュア史上最も完璧なスケーターのベストアクションショット?」と投げかけている。

 多くの選手のスケート靴を手掛けるエデア社が何とも印象的な1枚を掲載し、ファンに問いかけている。

「春よ、来い」の衣装に身をまとった羽生がハイドロブレーディングを決める一幕。スポットライトを浴びながら右足をリンクにつけ、左足を外側に伸ばし、上半身を限りなく低く沈める。開いた両手は氷を触り、唇も氷を触れそうなほどで、羽生が氷と調和している。長い手足を生かした絶対王者らしい美しい1枚だ。

 投稿では「言わせてもらえるなら、これはフィギュア史上最も完璧なスケーターのベストアクションショット?」とつづり、画像を公開。すると、目の当たりにした海外ファンも「分かってるね」「史上最高」「氷上の芸術だ」「まさにその通り」と賛同する声が相次いでいた。

 3月の世界選手権で銀メダルを獲得し、今季を終えた羽生。過去も氷上で様々な絵になる瞬間を届けてくれたが、来季以降はどんな美しい写真が撮られるのか。それはファンにとって、演技同様の楽しみの一つだ。

羽生結弦はなぜ「強い」のか、なぜ「美しい」と評されるのか?

文春オンライン によると。

 スターが次々と登場し、話題を集め続けるフィギュアスケート。だがその滑りの魅力を言葉にするのは難しい。著者は40年近くフィギュアスケートを見続けて来たエッセイスト。驚くほど細やかに、選手がプログラムの中で見せる一挙手一投足に宿る意味を解読していく。ジャンプが、腕の動きが、音楽と絡み合い、何を表現しているのか。読むと確実に競技を見る目が変わる。フィギュアスケートのファンには「通」が多いというが、そうした人々からの熱い支持で売れ行きを伸ばしスマッシュヒットとなった。

「本の軸は、大きく言うと3つです。ひとつは、フィギュアスケートというスポーツの、著者なりの見方を提示すること。ふたつめは、羽生選手がなぜ強いのか、なぜ美しいと評されるのかを、あくまで客観的に分析すること。そしてもうひとつは、かつての名選手も含め、これまで著者が見てきたスケーターたちの何が素晴らしいのかをあらためて言語化すること。フィギュアスケートは主観で語られがちですが、『スポーツ』である以上、すべての点数には『裏付け』があります。どうすると点が伸び、その何がすごいのかを、一般の方にもわかりやすく書いた点が、ヒットの理由として大きかったと思います」(担当編集者の金井田亜希さん)

 平昌オリンピック以降の展開を追った2冊目 『羽生結弦は捧げていく』 も好調。

羽生結弦、今季の演技を振り返り「練習しかない」

AERA dot. によると。

 3月24日に閉幕した世界フィギュアスケート選手権で2位に終わった羽生結弦選手。今季の課題や心配されるけがの影響、北京五輪への思いを語った。

──“今までで一番強い自分”でも勝てなかった。何が足りなかったと思いますか。

 本当にジャンプを跳べないと話にならないので、今のスケートは。やっぱりジャンプの種類も含めて、しっかり(状態を)戻さないといけないなって思っています。

──フリーの演技後、氷にタッチしていました。

 今日は氷の感触がショートの日と全然違って、すごく締まっていて。6分間(練習)に入った瞬間に「ありがとう、大好きだ」って思いながらやっていた。本当に「(ジャンプを)跳ばせてくれてありがとう」っていうふうに思っていました。ループはすごく抜けやすいので、最後まで引っかかってくれてありがとうっていう気持ちでいました。

──今、何がしたいですか。

 練習しかないですよね。ただの練習じゃなくて、いろんなことに着手していかないとダメだなっていうのをすごく感じています。地力が足りないと思っているので。彼(優勝したチェン)に対してのリスペクトがあるからこそ、勝ちたいなってすごく思う。
──けがの影響でGPファイナル、全日本は欠場でした。

 (世界選手権を)終えてみて、あの練習できなかった2カ月間の重さっていうのはすごく感じました。練習を(再び)始めるにあたって、かなり大変でした。来季はフルでやりたいですけど、やっぱり足首の状態を見て、これからいろいろプラン立てをしていかないといけないなというふうには感じています。

──足首をどう治しますか。

 相談はしているんですけど、手術してどうなる問題でもないですし。大きく痛めてしまってからは、より簡単な衝撃でけがをしてしまう。同等の衝撃でも、より大きくなっていくとすごく感じています。平昌五輪前のけがと、今回のけがは全く違う方向なんですけど、明らかに今回のほうが治りが遅いですし、状態も悪かった。足首の耐久性、寿命みたいなものですかね。そういうものも加味したうえで、リスクを負いながら練習しなくてはいけないということを改めて突きつけられました。

──3年後の北京五輪に向けて、ひとこと。

 2回勝つことができましたけど、五輪って素晴らしいものだと思っています。五輪こそが競技者、フィギュアスケートのスポーツとして一番のめざすべきゴール。それをとってこそ、チャンピオンだと言えるんじゃないかなって。誰が北京五輪でチャンピオンになるのかを楽しみにしながら、これから過ごしたいなと思っています。

羽生結弦は2~3か月の加療「来シーズンに向けて練習に励みます」

スポーツ報知 によると。

 日本スケート連盟は29日、右足首のけがの影響で、フィギュアスケートの国別対抗戦(4月・福岡)を欠場する男子の羽生結弦(24)=ANA=の診断内容を発表。「右足関節外側じん帯損傷」「三角じん帯損傷」「右腓骨(ひこつ)筋腱(けん)部損傷」で、足関節に疼(とう)痛と炎症が残り、約2~3か月の加療が必要の見込みとした。

 羽生は18年11月のGPロシア杯のフリー当日朝の練習中に4回転ループで転倒し、右足首を負傷。強行出場で優勝するも、同年12月のGPファイナル、全日本選手権を欠場した。今月、約4か月ぶりの実戦となる世界選手権に出場。痛み止めを服用しながらの演技で、銀メダルを獲得した。右足首は平昌五輪前の17年11月にも痛めた古傷で、試合後は「明らかに今回の方が治りが遅い」と話していた。

 世界選手権の試合から一夜明けた24日に、国別対抗戦への欠場を日本連盟に伝え、翌日に連盟を通じて「今、さらに右足に負担をかけることは厳しく、医師からも引き続きの加療が必要と言われました。国別対抗戦に出場できないことは残念ですが、一日も早くけがを完治させ、来シーズンに向けて練習に励みます」とコメントしていた。