「紀平梨花」カテゴリーアーカイブ

紀平梨花が圧巻Vで世界選手権へ

東スポWebによると。

 フィギュアスケートの全日本選手権の女子フリーは21日、東京・国立代々木競技場で行われ、ショートプログラム(SP)首位の紀平梨花(17=関大KFSC)が自己ベストの155・22点をマークし、合計229・20点で悲願の初優勝を飾った。圧倒的な強さで「日本一」の称号を手にし、名実ともに日本のエースとして来年3月の世界選手権(カナダ・モントリオール)に乗り込む。

 最終滑走者として氷上に立った紀平。冒頭は4回転サルコーではなく3回転を選択。続くトリプルアクセルと3回転トーループの連続ジャンプ、単独のトリプルアクセルなど後続のジャンプで次々に着氷し、終わってみれば2位に20点差以上をつける独走Vとなった。

 試合後は「全日本で初めて優勝ができてすごくうれしい」と笑顔で喜びを表現。その上で「4回転なしと直前で決めました」とリスクを避けたことを明かした。演技前の時点で首位との差は133点未満。慎重にまとめれば優勝できるという冷静さが大事なところで出た。実際、ライバルたちは軒並み点数を落とし、優勝ラインは急降下。そんな中でも「気にせずにとにかく集中した」と平常心を貫いた。

 試合前のルーティンでもある睡眠を十分に取ることができず「すごく不安だった」というが、その中で結果を出したことに自信を深めた。

 伊藤みどり、荒川静香、安藤美姫、浅田真央…そうそうたるスケーターが名を連ねる全日本覇者の仲間入りを果たし、いよいよシーズン前から「一番の目標」と位置づけてきた世界選手権に挑む。ライバルは当然、ロシア勢だ。

 今季デビューした脅威の“ロシア3人娘”はグランプリファイナルの表彰台を独占。すでに複数の4回転を跳ぶ“後輩”の背中を追いかける立場だが、今度こそ公式戦初の4回転を降り、真の「紀平時代」を築く。

紀平梨花、自信が安定感に完成型楽しみ

日刊スポーツによると。

女子でショートプログラム(SP)首位の紀平梨花(17=関大KFSC)が国際スケート連盟非公認ながらフリー自己最高の155・22点を記録し、合計229・20点で初優勝した。4回転サルコーは回避し、2本のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)などに成功。2位の樋口新葉(明大)に22・59点の大差をつけ、来年3月の世界選手権(カナダ・モントリオール)代表を確定させた。

全日本選手権には特別な緊張感があります。その中で紀平選手は、回転不足の判定はあったかもしれませんが、3回転半と3回転トーループの連続ジャンプを跳び、その他は全ての演技をクリーンに行いました。昨季にSPとフリーでそろえる大切さを学び、いい練習をつめたオフを過ごしたからこそ、3回転半に今季はさらなる素晴らしい安定感があります。また今後4回転サルコーを構成に入れる想定として、昨季は1番目と2番目に組み込んでいた3回転半を、今季は2番目と5番目に組み込んでいます。構成を変えても崩れない安定感は、積んできた経験から得た大きな自信があるからだと思います。

世界選手権では4回転ジャンプを複数本跳ぶトルソワ選手やシェルバコワ選手たちと、ぶつからないといけません。しかし紀平選手にも4回転サルコーや3回転ルッツなど、封印している武器があります。1つ1つのエレメントに大きな加点をもらえる技術やスケーティングの伸びやかさ。ここからブラッシュアップをして、シーズン最後に完成型が見られるのが楽しみです。(カルガリー五輪代表)

紀平梨花が全日本初優勝!4回転回避もトリプルアクセル成功

スポニチアネックスによると。

 フィギュアスケートの全日本選手権は21日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位で昨季のGPファイナル女王、紀平梨花(17=関大KFSC)が初優勝を飾った。

 紀平は冒頭、4回転サルコーは回避したが3回転サルコーに成功。2つのトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)も鮮やかに決めた。

 SP4位の樋口新葉(18=明大)がフリー138・51点、合計206・61点で2位と巻き返した。同7位の川畑和愛(17=N高東京)がフリー128.43点、合計193.96点で3位に入った。

 明日22日はアイスダンスのフリーダンスと男子フリーが行われる。

紀平梨花、トリプルアクセル乱れるも立て直す SP73・98点

デイリースポーツによると。

 女子SP(ショートプログラム)が行われ、初優勝を目指す紀平梨花は73・98点だった。

 第4グループの1番滑走で登場した紀平は、冒頭のトリプルアクセル(3回転半)で着氷が乱れステップアウトしたものの、こらえた。3回転フリップ-3回転トーループは着氷した。

 スピンをはさみ3要素目のジャンプ・3回転ループも美しく降りた。

 完璧な演技とはいかず、今季自己ベストのスコアとはならなかったが、紀平が滑った時点では唯一となる70点台を出した。

紀平梨花が敗戦で得たもの。 ロシア3人娘の背中は見えている…。

webスポルティーバによると。

今季のグランプリ(GP)ファイナル女子シングルは まさに異次元の、想像をはるかに超える戦いとなった。ショートプログラム(SP)ではジャンプで失敗し、最下位6位と出遅れた紀平梨花は、フリーで145.76点の4位に浮上し、合計216.47点の総合4位となった。大会連覇はおろか、表彰台に立つことさえ厳しい戦いになると戦前から口にしていたが、それが現実となった。

 フリーでは、今季シニアデビューしたロシアの若手選手3人が、昨季のGPファイナル女王の紀平や平昌五輪女王アリーナ・ザギトワを含む下位の3人に、同じ種目で争っているとは思えないほどの演技内容とジャンプ構成を見せつけた。

 トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)2本を完璧に跳び、162.14点でフリー2位となったアリョーナ・コストルナヤは、合計247.59点の歴代世界最高得点で初出場初優勝を成し遂げた。そのフリーでの技術点は3位にあたる88.87点。その上をいったのがアンナ・シェルバコワとアレクサンドラ・トゥルソワだった。シェルバコワはルッツとフリップの4回転を計3本跳んでフリー1位に(技術点は94.52点)。技術点のトップは、ルッツとフリップ、トーループの3種類計4本の4回転を跳んでフリー3位になったトゥルソワの96.80点だった。

 高難度のジャンプを繰り出して技術点で90点前後を出す選手に対して、紀平は初めて4回転サルコウとトリプルアクセル2本の構成で挑んだ。しかし、冒頭の4回転で転倒、その直後のトリプルアクセルで回転不足を取られて減点された。9月のオータムクラシックの前に痛めた左足首痛がまだ完治していないため3回転ルッツを跳ぶことができず、ジャンプ構成はメダリストと比べると見劣りすることは否めなかった。

 紀平の技術点は77.90点。技術点トップのトゥルソワとは18.90点差、同じトリプルアクセルを武器にして初優勝したコストルナヤとは10.97点差がついた。

「4回転サルコウを跳ぶと決めて、実行できてよかったです。いまの状態では精一杯を尽くせたと思うので、点数とか順位とか演技とかは悔いが残りますが、いまできることをしっかり出せたことはすごくよかった。ミスをなくすために、次の試合からはショートもフリーも絶対に揃えて完璧を目指して、どんなことがあっても対応できるようにしていきたいです。

紀平梨花、収穫の2位「次の試合頑張るぞという気持ちに変わった」

スポニチアネックスによると。

 女子フリーが行われ、SP首位発進の紀平梨花(17=関大KFSC)は148・98点をマーク。合計230・33点で2位となった。アレクサンドラ・トルソワ(15=ロシア)がフリー166・62点、合計241・02点とも世界最高得点で逆転した。

 自らを奮い立たせたフリーの演技だった。エメラルドグリーンの衣装でリンクに立った紀平は、不思議な感覚だった。直前のトルソワの得点が会場内で流れ、「ノーミスしても超えられるか分からない点数が聞こえてしまった。今までにない経験」と振り返る。

 自らの演技に集中した。冒頭の3回転半で着氷が乱れたが、続く3回転半―2回転トーループに成功。左足首負傷の影響でルッツを回避し、アクセルにもミスが出ながら230点台に乗せた。「成長と思ったんですけど、ミスはミス。ノーミスをずっと続けていけるようにしないと。課題が見つかって、次の試合頑張るぞという気持ちに変わった」と語った。

 GP初出場優勝を果たしたトルソワは4回転4本構成。冒頭のサルコーで転倒したが、残る3本を決めて逆転された。「凄い新時代だなと感じている」と紀平。だが、昨年のGPファイナル女王の17歳は地に足を付けている。「(4回転が)必要な時代だからこそ、どういう風に次の試合に練習を積めばいいのか考えたい」。充実した練習を積むにはケガとも向き合わなければいけない。次戦は11月のNHK杯(札幌)。「ファイナルに行けるように頑張りたい」と頭を切り替えた。

SP首位の紀平梨花は“4回転解禁”3位トルソワの猛追を防げるか…失敗が許されない戦いに

中日スポーツによると。

 女子ショートプログラム(SP)は紀平梨花(17)=関大KFSC=がトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)など全ジャンプを成功させ、81・35点で首位に立った。22日に交通事故に遭った本田真凜(JAL)は59・20点で10位。劉永(ユ・ヨン)=韓国=が78・22点で2位、昨季世界ジュニア選手権女王のアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)が74・40点で3位となった。

 紀平はミスなくまとめ、自身が持つ世界最高点まで2・62点に迫る高得点。だが、GPシリーズ3勝目は安泰ではない。2位の劉永以上に怖い存在なのが、6・95点差で3位のトルソワだ。今季からシニアに転向した15歳はフリーのみで争われた5日のジャパン・オープン(さいたま)で3種類の4回転ジャンプを4本も着氷させた4回転ジャンパー。SPでは女子の4回転は禁止されているが、フリーでは禁止されておらず、一気に逆転される可能性がある。ちなみ紀平のフリー自己ベストは昨年GP・NHK杯の154・72点で、トルソワは今年9月のネペラメモリアルで世界最高を記録した163・78点。自己ベスト同士なら9・06点差だけに追い抜かれる。26日のフリーは失敗が許されない戦いとなる。

紀平梨花は対抗できるのか…女子フィギュアにも「4回転時代」到来!

FRIDAYによると。

「女子フィギュアはついに4回転ジャンプの時代に入りました。とくにトルソワ選手はジャンプが高く、タイミングの取り方も抜群にうまい。かつて、男子でも3回転を2種類跳んだら優勝という時代がありました。そこから考えると、女子フィギュアは格段の進歩を遂げており、いまのレベルの高さは信じられません」(日本フィギュアスケーティングインストラクター協会副理事長・大西勝敬氏)

10月5日、さいたまスーパーアリーナで行われたフィギュアスケートの3地域対抗戦『ジャパンオープン』で、ロシアのアレクサンドラ・トルソワ(15)が3種類の4回転ジャンプを4度成功させ、1位に輝いた。平昌(ピョンチャン)五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(17)は2位、日本の紀平梨花(17)は3位だった。

「4回転は3回転より基礎点が約5点高い。トルソワ選手は4回転を4本跳んだので、ジャンプがすべて3回転だった場合と比べ、単純計算で約20点も上乗せしたことになります。演技力やスケーティングを極めても、この差を埋めるのはかなり難しい。トルソワ選手以外にも4回転を跳ぶ選手は出てきていますし、’22年の北京五輪は、『4回転を多く跳んだ者勝ち』という戦いになるでしょう」(フィギュア女子元日本代表・渡部絵美氏)

この言葉通り、いま世界を見渡すと、ロシアのアンナ・シェルバコワ(15)、アメリカのアリサ・リュウ(14)、カザフスタンのエリザベート・トゥルシンバエワ(19)ら、女子の4回転ジャンパーが続々と誕生している。彼女たちの躍進に、日本のエース・紀平は対抗できるのか。

「17歳という年齢は、女性らしい身体つきになり始め、これまで跳べていたジャンプが跳べなくなる時期です。実際、ソチ五輪団体金メダリストのユリア・リプニツカヤ選手も、10代半ばだった頃の滑りを維持することができず、19歳で引退しています。さらに、フィギュアではシニアになってから4回転を身に付けることが非常に難しい。数少ない例として、羽生結弦選手が20歳を超えてから4回転ルッツを習得しましたが、その代償のように靭帯損傷の大ケガを負ったことはご存知の通り。まして、これから身体つきが変わっていく紀平選手にとってはリスクが大きすぎます」(前出・渡部氏)

それでも、4回転ジャンプを習得しなければこれからの世界で太刀打ちできなくなることは事実だ。渡部氏が続ける。

「どうしても4回転にチャレンジするというのであれば、紀平選手はまず、ジャンプ全般の安定性を高めるべきです。彼女の得意技は3回転半ジャンプですが、昨シーズンはショートプログラムかフリープログラム、どちらかで失敗してしまうことが多かった。まずは、どちらのプログラムでも3回転半を成功させることが先決。余裕をもって3回転半を跳べるようになれば、その先に4回転の習得も見えてくるかもしれません」

次の北京五輪では、男子顔負けのハイレベルな戦いが見られることだろう。

紀平梨花、スケートカナダへ出発 ルッツは回避も4回転は「合わせたい」

デイリースポーツによると。

 フィギュアスケートの昨季GPファイナル女王、紀平梨花(17)=関大KFSC=が17日、関西空港からGPシリーズの自身今季初戦となるスケートカナダ(10月25~27日・ケロウナ)へ向けて出発した。優勝した9月のオータム・クラシックの前に左足首を痛め、もっとも痛みを感じる3回転ルッツは練習でも封印している状態で、今大会でも「ルッツは外した構成で考えている」と明かした。

 一方で、今季の導入を決めている4回転サルコーは、カナダ入りしてバンクーバーで調整を続ける中で、「痛みがなくなれば入れるつもり」と紀平。ジャパンオープン前はジャンプ練習を1日1時間に制限していたが、現在は2時間まで延ばしている。復調の兆しもあるため「(4回転を)合わせられたら合わせたい」と言う。

 今月5日のジャパンオープンでは15歳のトルソワ(ロシア)が3種類4本の4回転を着氷し、フリー160・53点で1位。4回転を回避した紀平は、得意のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を2本決めて144・76点で3位だった。スケートカナダではそのトルソワと再戦となる。

 「難しい構成にしたら勝てるという考えもあるし、(高難度なら)ミスもある。冷静になって、今できる完璧な演技ができるようにしたい」と言い、「GPファイナル(12月5~8日・トリノ)で完璧になれるように。今回はSP、フリーで自信をつけられたら」と、堅実に足元を見据えていた。

 紀平は今季GPシリーズの第2戦スケートカナダと第6戦NHK杯(11月22~24日・札幌)に出場。シリーズの上位6人がGPファイナルに出場する。

紀平梨花 4回転サルコーには消極的 「3回転がうまく跳べていない」 トルソワと久々対決も自分に集中

中日スポーツによると。

フィギュアスケートのジャパン・オープンの前日練習が4日、さいたまスーパーアリーナで行われた。今大会は日本、北米、欧州の3地域による男女混合団体戦(フリーのみ)で、日本からは平昌五輪男子銀メダリストの宇野昌磨(21)=トヨタ自動車、中京大=や紀平梨花(17)=関大KFSC=ら男女4人が出場する。

昨季のGPファイナルを制した紀平は、この日の練習で武器のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)をはじめ、安定感のあるジャンプを跳んでいた。しかし、今大会で挑みたいと話していた大技の4回転サルコーについては「3回転サルコーがうまく跳べていない」と本番前の調整次第と、言葉を濁した。シニアデビュー戦で世界最高得点をマークしたロシアの新鋭トルソワと久々の対決となるが「とにかくノーミスの演技をしないといけないし、自分のことをしっかりやりたい」と気を引き締めていた。