「真央大好き」カテゴリーアーカイブ

真央インスタグラムを更新、春めいた可憐な“ワンピ姿”にファン大反響!

THE DIGESTによると。

 バンクーバー五輪の女子フィギュアスケート・銀メダリストである浅田真央さんが、水曜夜に自身のインスタグラムを更新。ピンクとグリーンに彩られたプリーツワンピースを着込んだオフショットを掲載し、瞬く間に2万件近い「いいね!」を獲得した。

 投稿欄にはフォロワーからの書き込みが相次いでおり、「真央ちゃんどんどん美しくなってく~」「春らしい!かわいいね!」「可愛い過ぎる」「真央ちゃん、すごい大人ぽい」「どんなお洋服でも素敵に着こなしますね」「颯爽とした立ち姿、流石です」「スタイル抜群」「何気ないポーズにも気品漂います」「見返り美人だ!」などなど、深夜にも関わらず好意的なメッセージが殺到した。

 浅田さん自身が添えたのは「#jal」の文字のみ。かつてCMキャラクターを務めるなど縁が深い『JAL』のお仕事だったのだろうか。ちなみに最新の同社機内誌「スカイワード」では浅田さんの独占インタビューが掲載されており、その取材時の貴重カットだったのかもしれない。

 今年9月には30歳を迎え、ますます美しくなっている浅田さん。現在は「浅田真央サンクスツアー」で全国を巡っており、2月中旬から4月にかけては神奈川、秋田、熊本、広島で公演が行なわれる予定だ。

真央、オトナな着物姿が「神々しい」と4万超反響「大和撫子」「まるで美人画」

THE ANSWERによると。

 フィギュアスケートのバンクーバー五輪銀メダリストの浅田真央さんがインスタグラムを更新。29歳となったオトナな着物姿を画像付きで公開し、「神々しすぎます」「美美美美美」「萌え死んでしまいました」など大反響を集めている。

 オトナになった真央さんが美しい着物姿を披露した。白の艶やかな和服に同系色の1輪の花を持ち、物憂げな表情を浮かべる真央さん。現役時代、氷上で見せていた華やかなスケート衣装とは打って変わり、何よりも29歳の大人っぽさをまとい、着物を着こなしていることが印象的だ。

 自身が広告塔を務める王子製紙「ネピア」のカレンダー企画で撮られたもののようで、投稿には「美しいの一言」「神々し過ぎます」「美美美美美」「着物姿似合う」「美しすぎて思わずコメント」「この写真大大大好きです!」「ため息しか出ない美しさ…」「まるで美人画のようです」「萌え死んでしまいました」「尊い…尊すぎる」「大和撫子」などコメントが殺到した。

「いいね!」は公開から1日で4万件を超え、大反響を集めていた真央さん。今年9月で30歳を迎えるが、少女から大人になっても多くのファンの心を掴んで離さない。

浅田真央「30歳になります」に会場ざわめき

日刊スポーツによると。

フィギュアスケート元世界女王でプロスケーターの浅田真央さん(29)が21日、都内で日本ジュエリードレッサー賞表彰式に出席し、特別女性部門に輝いた。

壇上では「一番大切にしているのは母から頂いたジュエリー。いつか家族ができて子供ができたら、私から子供に受け継いでほしい」と思い出を語った。

会場がざわめいたのは、「(今年)30歳になります」と口にした時。90年9月25日生まれ。幼少期からフィギュアスケートのトップ選手として活躍してきただけに、多くの人が意外と受け止めたようだ。「いろいろな方から『30代は楽しいよ』と話してくれるので、楽しみたい。今年の目標は(自らがプロデュースする)『サンクスツアー』が3年目で、1年間全力で感謝の滑りを届けたい」と誓った。

ザギトワ引退騒動「復活のスケーター」がくれる感動 重なる真央の姿、真凜がアイスショーでつかんだこと

withnewsによると。

フィギュアスケートの羽生結弦(ANA)や宇野昌磨(トヨタ自動車)らが熱戦を繰り広げた全日本選手権は22日閉幕した。一方、ロシアでは世界選手権代表をかけたロシア選手権が26日から始まった。しかし、そこに平昌五輪女子金メダリストで世界女王のアリーナ・ザギトワ(17)の姿はない。引退を心配する声さえ上がっている。日本でも2016年世界ジュニア女王の本田真凜(JAL)がシニアで伸び悩み、復活の途上だ。過去には一時競技から離れたり、成績が落ち込んだりしても復活した選手が何人もいる。浅田真央、鈴木明子、ロシアのエリザベータ・トゥクタミシェワ、イタリアのカロリナ・コストナー……。再びトップの舞台で輝いたスケーターを紹介する。

シニア参戦のロシア女子が旋風、武器は3回転半や4回転
女子はいまやトリプルアクセル(3回転半)や4回転の高難度ジャンプを争う時代になっている。12月にあったグランプリ(GP)ファイナルで表彰台に上がったのは今季シニアに参戦したロシアの3選手だった。

優勝したアリョーナ・コストルナヤ(16)は高さのある安定したトリプルアクセルを持つ。2位のアンナ・シェルバコワ(15)と3位のアレクサンドラ・トルソワ(15)は男子顔負けの4回転を跳ぶ。シェルバコワは4回転ルッツ-3回転トーループを決め、トルソワは4種類5本の4回転に挑んだ。

一方、6位に終わったザギトワの得点源は3回転ルッツ-3回転ループ。完璧にジャンプを跳んでも技術点では彼女たちにかなわない。
ロシア女子は「まるでサムライ」 ザギトワ、引退報道を否定
ロシアでは才能のある若手が次々と現れ、そして引退していく。

エレーナ・ラジオノワ(2015年世界選手権3位)やアンナ・ポゴリラヤ(2016年同3位)ら世界選手権のメダリストでさえ五輪の舞台に立つことは難しく、2大会連続の五輪出場はさらに険しい道だ。2014年ソチ五輪団体金メダルのユリア・リプニツカヤは摂食障害を理由に引退。同五輪女子金メダルのアデリナ・ソトニコワも競技から遠ざかっている。

その状況を、2012年世界選手権銀メダリストで長く競技生活を続けたロシアのアリョーナ・レオノワ(29)は「まるでサムライみたい」と例えた。そして「若い選手たちは成長期を乗り越えるのが大事。いまだけじゃなくて4年後でも難易度の高いジャンプを見せられるようにしなければいけない」と語った。

五輪後は休養を取る選手もいるが、ザギトワは試合に出続け、昨季の世界選手権でも優勝した。

だが男子並みのジャンプを跳ぶ選手たちがシニアデビューした今季は苦戦を強いられた。そして先日、ロシアの国営テレビに出演し、試合欠場の意向を明かし、一部では「引退宣言」とも報じられた。

だが、ザギトワは自身のインスタグラムで「コーチ陣に対し、私たちが一緒に成し遂げたことへ、一生感謝し続けたいと思っています。そして、私は活動休止も『引退』するつもりもありません」とつづり、報道を否定した。

真央「老後は自給自足の生活がしたい」…姉・舞とバラエティー初共演で夢語る

スポーツ報知によると。

 フィギュアスケート元世界女王の浅田真央さん(29)と元フィギュアスケート選手で姉のタレント・浅田舞(31)が、17日放送の日本テレビ系「沸騰ワード10 新春2時間SP」(金曜・後7時)に出演。姉妹でバラエティー初共演を果たし、“老後の夢”を語った。

 静岡・新富士駅にやってきた真央さんは「タケノコ王に会いにきました!」と元気いっぱい。「もうひとり連れてきちゃいました」と姉の舞を紹介し、2人で「幻の食材ハンター 静岡のタケノコ王」のところへ向かった。

 真央さんは「めちゃくちゃ楽しみなんです。本当に農業に興味があるんです」とノリノリ。そして「老後は自給自足の生活がしたいんです」と意外な夢を語った。理由は「普段、太陽に当たらないので。5歳からスケートやってきたから」だという。

 真央さんの夢について舞は「周りに友達とか家族がいれば…あとWi-Fiあったり…」とあまり乗り気ではなかった。

 さらに真央さんは、「農業でどんなものを作りたいか?」と問われると「お野菜がつくりたいです。クリの木を自分のお庭に置いたり」と話し、「(住むなら)古民家がいいです」と“渋い”暮らしを思い描いていた。

 そんな真央さんに、ロケの最後には「タケノコ王」からクリの木と「真央ちゃんのくりの木」のプレートがプレゼントされた。一緒に植樹した真央さんは「いや~、記念だ!」と大喜びしていた。

 真央さんは16日に更新した自身のインスタグラムで「たけのこ王に会いに行ってきました!」と収録の際に撮影した写真をアップしている。

 2017年に現役を引退した真央さんは、「今まで応援してくれたファンに感謝の気持ちを込めて」として、自身でプロデュースする「浅田真央サンクスツアー」を開催しながら全国を回っている。

真央、恋愛事情を明かす「プロポーズされていたら」など赤裸々に告白

スポーツ報知によると。

 フィギュアスケート元世界女王の浅田真央さん(29)が18日放送の日本テレビ系「1周回って知らない話&今夜くらべてみました 強い女が集結3時間SP」(後7時)で、現役引退後や自身の恋愛事情について語った。

 2017年4月に現役引退を発表した浅田さんは「全部やめました。スケート靴も捨てようと思ったぐらい。体も限界を超えていたので、無理をして続けてた部分もあったので。もうスケートはいいや!って」と引退後はフィギュアの世界からいったん完全に離れたと明かした。

 引退後は料理教室に通ったり、食べ歩き、アイスホッケーをしていたという。現役時代は「本格的な料理はしていない」とし、料理教室に半年通った結果、得意料理について「楽しんでいたので食べる方が楽しくて」と照れ笑いを浮かべた。

 MCの東野幸治(52)から気になる恋愛事情について聞かれると「来年30歳になるので。色んなお話はいただきますけど」と話し「(好みの顔は)イケメンが。阿部寛さん!」と濃い系の顔がタイプだと告白。相手について「フィギュアスケーターではない方がいいです。逆に知らない世界の方がいい」と同業者以外がいいと説明。

 東野から「めちゃくちゃ好きになったことは?」と聞かれると「あります」と返答。「結婚してくれって、その時言われたら?」との質問には「(結婚は)してないかもしれない。冷静にそこは判断できます」と語った。

 姉のタレント・浅田舞(31)に相談することは「答えが正しくないので。しないです」とアテにしていないと語り、スタジオの笑いを誘っていた。

浅田真央を変えた8歳年下共演者 4日間2人きりで極秘練習へ

女性自身によると。

12月4日の朝、関東近郊にあるスケートリンク前で2台のタクシーが停まった。うち1台に乗っていたのは、浅田真央(29)だ。そしてもう1台のタクシーから姿を現したのは、ほっそりとした若いイケメン男性。「浅田真央サンクスツアー」メンバーのエルネスト・マルティネス(21)だった。

エルネストは窓をコンコンと軽くたたいて浅田に挨拶。そして、窓越しに投げキッスをする。浅田はマスクをしていたが、目を細めて笑う。すっかり打ち解けた様子の2人は、アイスリンクへと入っていった――。

エルネストはスペイン出身のフィギュアスケーター兼モデルで、サンクスツアーには昨年から出演。浅田と会話するために日本語の勉強を始めるなど、大の“真央ちゃんファン”として知られている。

「エルネストさんはもともと競技フィギュアの選手として将来を嘱望されていましたが、ケガが原因で競技から引退しました。そんなときに浅田さんがツアーの出演者を一般公募していると知り、大ファンの彼は即座に飛びついたそうです」(前出・スポーツ紙記者)

本誌’18年4月3日号では、浅田が同じスケートリンクに1人で通う姿を目撃。誰もいないリンクでの孤独な練習を報じていた。しかし、最近はエルネストと2人きりで練習しているのだ。冒頭のシーンを目撃した日、練習を終えた浅田とエルネストは同じタクシーに乗って最寄り駅へ。ホームでは、エルネストが彼女の腰にそっと手を回していた。

「浅田さんは現役時代から『1日でも滑らないと体の感覚がおかしくなる!』と言っていたほど、とても練習熱心な人。都心から電車で1時間もかかりますし、貸切り時間が45分ほどしか取れない場合もあります。それでも欠かさずリンクを訪れるのは、『1人でも多くの人をスケートで笑顔にしたい』という強い思いがあるからでしょう。エルネストさんとはサンクスツアーの演目『蝶々夫人』でペアを組んでいて、息もぴったりだと評判になっています」(フィギュア関係者)

サンクスツアーが始まって1年半。頼れるパートナーとなっていったエルネスト。そんな彼がこの日以外にも浅田と練習に励む姿を、本誌はたびたび目撃していた。

11月28日、そろって練習していた2人。先に彼がリンクから姿を見せると、時間差で浅田が出てくる。そしてタクシーに乗り、駅へと向かっていった。また12月5日も練習を終えると、タクシーで駅へ。その際にエルネストが浅田のポニーテールをなでるが、彼女が嫌がるそぶりはない。さらに、11日も同じ光景が。タクシーに同乗して最寄り駅へと向かい、同じ電車に乗って都内に戻る――。それが、2人の定番となっていた。

「『蝶々夫人』で浅田さんが踊るのは、第2幕で蝶々夫人が歌うアリア『ある晴れた日に』という曲です。現役時代の浅田さんは“夫の愛を一途に信じ、けなげに帰りを待つ若き蝶々夫人の悲哀と気高さ”を情感豊かに表現。世界中のファンを魅了しました。そんな思い出深い曲をいっしょに滑っているわけですから、エルネストさんに対する信頼は絶大。8歳も年下とはいえ、浅田さんにとっては心強い存在でしょう。“チーム真央”の同志として、最後までともにツアーを走り切るつもりなんだと思います」

真央、引退後の迷走生活を告白&涙を流して感情爆発

スポーツ報知によると。

 バイオリニストの高嶋ちさ子(50)とフィギュアスケート元世界女王の浅田真央さん(29)が、18日に放送される日本テレビ系「1周回って知らない話&今夜くらべてみました 強い女が集結3時間SP」(午後7時)に出演し、知られていない一面を告白することになった。

 前回の放送で反響を呼んだ“高嶋ちさ子一家”のその後を調査。高嶋に負けず劣らず強烈キャラで、MCの東野幸治(52)らを驚がくさせた85歳の父・弘之さんと57歳の姉。弘之さんが2017年に亡くなった妻の三回忌を前に、子どもたちに大事な話がしたいということで、高嶋家ゆかりの地である山荘へ。道中も口ゲンカが止まらないなど、そのやかましさにはさすがの東野も「耳が痛くなってきた」とあきれるほど。

 そして、家族の思い出が詰まった山荘で父が話をしたかったのは、ダウン症である高嶋の姉・未知子さんの世話を誰がみるか。未知子さんは、高嶋にも高嶋の兄・太郎さんにも「世話になりたくない」と宣言。そこで父がある提案を打ち出すが、未知子さんには秘めた思いを胸に抱えていた。

 また、高嶋が命をかけてプロデュースする美女バイオリニスト軍団「12人のヴァイオリニスト」の密着では、「高嶋に会いたい」という浅田さんがサプライズ登場。

 新メンバー4人が加わった美女軍団は波乱の連続。し烈なスタメン争いだけでなく、高嶋はメンバーが思わず凍り付くある試練を追加する。サントリーホールでの本番当日、誰よりもコンサートに強い思いを持つ高嶋の見たことない姿にスタジオ中がくぎ付けになる。

 一方、現役引退してから2年半、視聴者は浅田さんに対して「引退してから何をしているのか?」など多くの疑問を持っている様子だ。引退直後は「心も体も限界を超えていたのでスケートはもういいや」と思ったと話し、引退してからの“迷走期”を赤裸々に明かす。

 そんな浅田さんが「1周回って本当にやりたいこと」が、アイスショーのプロデュース。企画・演出・振付指導、衣装、そして出演とすべてをこなすプロデューサーぶりに完全密着。いつも笑顔の印象が強い浅田さんだが、アイスショーのメンバーで浅田さんと同期のプロフィギュアスケーター・無良崇人(28)からは「意外と辛口。たまに振り切れぶちギレる時が」という証言が。番組では浅田さんの珍しい“涙を流して感情爆発”させる映像を入手、イメージを覆す本気の怒りっぷりにスタジオも驚く。

浅田真央「サンクスツアー」…県内唯一のリンクでファンに感謝

MINKEITVによると。

下松市にある県内唯一のスケートリンク場「くだまつ健康パーク・スケートリンク」(下松市平田)で12月6日、フィギュアスケーター浅田真央さんによるアイスショー「浅田真央サンクスツアー」山口公演が行われた。

 同ツアーは、2017年に競技選手を引退した浅田真央さんが、「これまで応援してくれた全国のファンへ感謝を込めて」行うイベント。

 浅田さんは、無良崇人さんを中心としたツアーメンバーらともに現役時代に試合やエキシビションで滑った演目など全18曲をメドレー形式で披露し、会場を埋め尽くした観客1000人を魅了した。

 ファンの女性は「感謝の気持ちが伝わるすてきなショーだった。ソチオリンピックの演技を思い出し、涙が出るときもあった」と笑顔を見せていた。

 ファンレター書いてきたという5歳児の双子は「真央ちゃん、かわいかった。山口にまた来てほしい」「ぼくんちにもね」と顔をほころばせ、口々に喜びの声を上げた。

 山口公演は6日~8日の3日間で3公演が開催された。

真央が恋愛観、令和の女性アスリート像について語る ~12.14 徳光和夫、熱望の再共演

ニッポン放送によると。

プロフィギュアスケーターの浅田真央が、12月14日(土)のニッポン放送『徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー』に出演することが決定した。

徳光和夫と浅田真央は、今年2019年8月の『24時間テレビ42「愛は地球を救う」』(日本テレビ)にて共演。その後、普段から徳光は「真央ちゃんに会いたい。すごくいい子だった。ゆっくり話してみたい」と再会を熱望。今回、その願いが叶い、「とくモリ!歌謡サタデー」で再び共演が実現する。

令和は女性アスリートが大活躍する時代― 。

その先鞭をつけた浅田真央が、過去・現在・そしてこれからの人生と女性アスリートについて語る。番組では、自身の結婚観、恋愛観から、女子フィギュア界はもちろん、若き女性アスリートたちが活躍する令和新時代の女性アスリート像を、一流オリンピアンとしての視点から語る予定。

メダル獲得への苦悩、五輪への想いはもちろん、徳光だからこそ訊きだせる今の恋愛観、結婚観についても掘り下げ、銀盤の女王・浅田真央が選ぶ「クリスマス&ウィンターソング」も紹介。ひとりのオトナの女性としての「浅田真央」の素顔が、番組を通して浮かび上がる。