「村上佳菜子」カテゴリーアーカイブ

村上佳菜子、「氷のないところ」での演技に意欲「すごく面白い」

オリコンによると。

 プロフィギアスケーターで、タレントとしても活躍している村上佳菜子が19日、愛知県常滑市内で開催されたNHKの愛知発地域ドラマ『黄色い煉瓦~フランク・ロイド・ライトを騙した男~』(11月27日 後10:00~10:59 BSプレミアム)の取材会に出席した。

 同ドラマは、建築陶器の町・常滑を舞台に、帝国ホテルを飾った黄色い煉瓦(れんが)の製造に関わった大正時代の職人たちの実話をドキュメンタリーのように映像化。「フランク・ロイド・ライトを騙した詐欺師」「不良業者」などと伝わる伝説の職人・久田吉之助(ひさだ・きちのすけ)の真の姿に迫っていく。

 名古屋市出身の村上が演じるのは、現代パートで久田吉之助の特集を担当することになったフリーライター佳野久美役。「何を言われてもめげずに意志を貫くところは、選手の頃に、壁にぶちあたっても乗り越えてきた自分と共通する部分あると思った」と理解を深めた。

 フリーライターという職業についても、「いつもインタビューされる側だったので、インタビューする側はこういう気持ちで聞いてくださっていたんだな、と思って、いままでの感謝の気持ちを強く感じることもできました」。

 “演技”と言っても、フィギュアスケートと映像作品では全くの別もの。村上は「いままでは氷の上で表現してきたんですが、氷のないところで表現するのも、すごく面白い。フィギュアスケートは大きく、オーバーにやるのが大事なんですけど、(映像作品では)細かい表情や仕草が求めらえる。女優というのはおこがましいですが、もっと、もっと追求していきたいな、と感じることができました」と、ポジティブな一歩を踏み出せたようだ。

 演出を担当した勅使河原亜紀夫氏は「地域ドラマということで、実際の職人の方な常滑の人たちに出てもらいたいと考え、一般の方とも自然に会話ができる方がいいな、と思っていたところ、村上さんの名前が上がって、思い切ってお願いしました」と、起用理由を説明。

 続けて、「僕自身はフィギュアスケートのイメージがあったので、笑顔が魅力的なのはわかるけど…、と最初は不安もありました。ですが、けっこううまいんですよ。自然な表情をしてくれるし、メリハリつけるためにこちらからもっと大げさに、と言ったことがあったくらい。冗談で、朝ドラ目指せるんじゃない? と言ったら、マネージャーに『よろしくお願いします』と言われてしまった(笑)」と、村上のポテンシャルに期待をかけていた。

村上佳菜子、バラエティー慣れすぎで…真央と共演不可?

NEWS ポストセブン によると。

「フィギュアにとって恋愛はマイナスにならない?」。3月1日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で松本人志(55才)にこう質問された、プロフィギュアスケーターの村上佳菜子(24才)。

「人にもよりますけど、フィギュアに関してはヤッ…」と言いかけて一度は口をつぐんだが、さらに松本に、「(コーチと)スケート前に2人で目見つめあって…ああいうの恋愛感情なく?」と聞かれると、「…ある人もいましたね」と笑顔でぶっちゃけた。

 こんな赤裸々トークの魅力もあって、村上はバラエティー番組で引っ張りだこだ。2017年4月に現役を引退。その2か月後に『昼めし旅~あなたのご飯見せてください~』(テレビ東京系)でバラエティーデビューすると、10月には『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)のレギュラーMCに抜擢された。
「『メレンゲ』でメインMCの久本雅美さん(60才)にトークを絶賛され、以降仕事が増えました。ぶっちゃけキャラだけでなく、持ち前の人懐っこい笑顔や明るい性格、アドリブ力が評判です。今や月に10本以上のテレビ番組に出演しています」(芸能関係者)

 しかし、そのバラエティーへの適応力が、思わぬ逆風を生んでいるという。
「スポーツ関係の特番が企画されると、もれなく村上さんの名前があがりますが、“彼女が出るなら浅田真央ちゃん(28才)は呼べないな”となることが多いんです。最近の村上さんの“バラエティー慣れ”が凄くて、他のOGや現役選手では明らかな格差が出てしまうからです。

 2人は幼い頃から仲がよいのですが、昨年4月の『ボクらの時代』以降、共演はありません。この時、村上さんが真央ちゃんに芸能リポーターばりに恋愛観を根掘り葉掘り聞いていました。真央ちゃんから赤裸々トークを引っ張り出したのは村上さんの手腕ですが、それ以降は“共演NG”状態のようです(笑い)」(テレビ局関係者)
 皮肉なことに村上のバラエティー需要が上がるほどに、スポーツ番組への出演が減る可能性があるという。

「同じ状態なのが丸山桂里奈さん(35才)です。彼女はキャラが強すぎて、“元なでしこ”で揃えても、明らかに浮いてしまう(笑い)。村上さんや丸山さんと共演できるOGは澤穂希さん(40才)や吉田沙保里さん(36才)のようにバラエティーにも慣れている大物だけでしょうね」(前出・テレビ局関係者)
 その4人の共演、ちょっと見てみたい。

「変顔にこだわりすぎる」村上佳菜子、鈴木明子暴露

スポニチアネックス によると。

 プロフィギュアスケーターの鈴木明子さん(33)が21日放送の日本テレビ「ダウンタウンDX」(木曜後10・00)に後輩でタレントの村上佳菜子(24)と一緒に出演、「変顔にこだわりすぎる」村上の素顔を暴露した。

 2人はともに2014年のソチ五輪に女子フィギュアスケート日本代表として出場した仲。村上は「あっこちゃん、まおちゃん(浅田真央さん)と一緒にオリンピックに行きたい」との気持ちが強かったと当時を振り返った。

 最近もアイスショーなどで共演する2人。控室では、男子スケーターの織田信成さん(31)を交えて「(ゴリラ顔などの)変顔の撮影」に余念がない。鈴木さんが「そういうときは、私がカメラマンをやらされるんですが、『ゴリラ的には角度が違う』と何枚も取らされる」とこぼした。かつては「氷上のあやや」と言われた村上だが、変顔の「師匠」織田さんから「もう僕を超えた」と認められている。

 司会の浜田雅功(55)からは「モノマネもできるんだって?」と水を向けられ、美容家でタレントのIKKO(57)の「どんだけ~」にチャレンジしたが、スタジオは微妙な空気に…。松本人志(55)に「21、2点」と採点されていた。

中居正広、村上佳菜子の“ミス”にツッコミ「えっ! 飛ばない!?」

ザテレビジョン によると。

2月15日に放送された「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)に、プロフィギュアスケーター村上佳菜子が登場。タレント転向後のブレークの秘密に迫る中で、選手時代の意外なエピソードを明かす場面があった。

村上の選手生活に影響を与えた二人の天才として、浅田真央と羽生結弦のエピソードを紹介した。浅田と初めて出会った時の印象として「すごい人が来たって思いました。でもすごい優しいんですよ」と村上。

出会った頃から浅田のことが大好きで、浅田の背中を追いかけるように練習に励んだところ、ジュニア世界一に輝いた。

しかし、シニアに上がってからの成績は25戦で2勝。成績が振るわなかった原因として、村上は「勝ちたいと思って滑ったことは本当に1回もないですね」と闘争心がなかったと明かした。

「『ライバルに勝ちたいからあのジャンプを飛ぼう』と思ったことは一度もないです」と振り返った村上。尊敬する浅田もライバルの一人で、近づきたいと思ったことはあるが、勝てるとは思ったことがないと明かした。

「よく先生からはアスリートに向いてないって言われてました(笑)」と山田満知子コーチから指摘されたこともあったが、村上は「確かになーって思いながらいつもその先生の言葉を聞いていました」と笑顔で語った。

村上は「勝てると思うと緊張しちゃう癖」があるといい、ある大会では、序盤は順調に滑っていたものの、ジャンプをすべき場面でタイミングを逸し、2回もジャンプをスルーした他、大技でのミスではなく、なんでもないところで転倒したことなどをVTRで振り返った。

「練習でもほとんどしないんですけど、そんなミス。なぜか試合でやっちゃうんですよね。不思議ですね」と当時を回想する村上。続けて「『不思議ですね』じゃないですよね(笑)」とツッコミながら笑ってみせた。

中居は「『えっ! 飛ばない!?』っていう(笑)。飛んでミスじゃないですよ? 飛ばないですよ! やらないミスってあります? 野球でいったらバッターボックスに立たない…」とツッコミを入れたが、最後に「でもあれがチーム佳菜子なのかな」とフォローしていた。

SNS上では「村上さんの人気の理由がわかった」「試合で失敗した時の顔が大物の証」などの声が寄せられた。「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」は、毎週金曜夜8時57分から放送。(ザテレビジョン)

織田信成、村上佳菜子との“変顔コンビ”が新作発表… 「すごく素敵だから絶対観て」

THE ANSWER によると。

織田さんが村上さんと変顔2ショット決め爆笑を誘う
 フィギュアスケートのバンクーバー五輪代表・織田信成さんがツイッターを更新。週末のアイスショー「プリンスアイスワールド」で共演したソチ五輪代表・村上佳菜子さんとの変顔2ショットを公開。お馴染みとなった村上さんとのコラボで、ファンに爆笑を届けている。

 織田さんが、また村上さんとの“らしい1枚”を公開している。

 控室で中央の椅子に寄り添うように両手をちょこんと置き、足をそれぞれこだわりの角度に曲げながら地面に座る2人。パーカー姿の織田さん、スヌーピーのニットを纏った村上さん、顔はそれぞれ得意の変顔を作っている。

 織田さんは「佳菜子さんの新プロのモノマネ。椅子を使ったらプログラムで、すごく素敵だからみんな絶対観てほしい。この写真から伝われ。あっ無理か。無理だったわ」と状況を説明。さらに「#信ちゃん佳菜ちゃん#冗談は顔だけにして」とお決まりのハッシュタグを付け加えていた。

 長野で行われたアイスショーの合間のワンシーン。ファンからも「このシリーズ大好きです!密かにいつも楽しみにしてます」「村上佳菜子さんのつま先が伸びててとても脚が綺麗です!」「このシリーズ中毒になる」「二人のサービス精神が溢れて止まらない」などと続々と反響。笑いを誘っていた。

 アイスショーでもSNSでも、“信成劇場”は2019年も楽しませてくれそうだ。

村上佳菜子、日曜劇場でドラマ初出演 出来栄えは「70点くらいかな」

オリコン によると。

 プロフィギュアスケーターの村上佳菜子が、きょう13日スタートのTBS系日曜劇場『グッドワイフ』(毎週日曜 後9:00)の第2話(20日放送)で、ドラマ初出演することがわかった。宝飾店の店員を演じる村上は自身の出来栄えについて「自分の演技をまだちゃんと見ていないのでわからないですけど、達成感としてはわりと頑張ったかなと思います。70点くらいかな?(笑)」と自己評価。「感覚としては良かったのかな、と思います。私はダブルアクセルが苦手なのですが、アクセルが決まったときくらいの達成感はありました(笑)」と手応えを明かした。

 同ドラマはリドリー・スコットが製作総指揮を務め、2009年から7年間アメリカで放送されたドラマ『The Good Wife』が原作。家庭を守るため16年ぶりに弁護士として復職した主人公・蓮見杏子(常盤貴子)を中心に人生の岐路に立たされた登場人物たちが、信念やプライドを武器に運命を切り拓いていくリーガルヒューマンエンターテインメント。

 村上はは役になりきるため、知り合いを通じて宝飾店店員の所作や言葉遣いなどのリサーチ。入念に準備し臨んだが「フィギュアスケートも演技をするのですが、言葉を発して表現するのは本当に初めてだったので、同じ“表現する”ということでも全く違うなと感じました」とその難しさを実感。

 これまでも大舞台の経験はあるが「フィギュアスケートとはまた全然違う緊張でした。初めての場所ですし、やってきたことが1回のチャンスの中でできるかというスケートの緊張とは全然違ったもので。でも通じるところもあって。自分にとってはすごくいい経験になりましたし、今後のスケートにつなげられたらいいなと思いました」と展望した。

 村上は劇中で杏子が夫の汚職容疑に対して疑いを深める大事なシーンに登場。常磐との共演については「目力がすごくて、何回か吸い込まれそうになりました。初めてのドラマ撮影なのでそわそわしながら現場に入ったのですが、優しく声をかけていただいて、リラックスしてできました」と感謝。東仲恵吾プロデューサーは「村上佳菜子さんがフィギュアスケートで魅せる表現力を、ぜひドラマでも披露していただきたいと思いお願いしました。初めてとは思えない見事な演じっぷりで、とても魅力的なキャラクターに仕上げてくださいました。ぜひご覧ください」と絶賛している。

村上佳菜子、ドラマ初出演!「グッドワイフ」第2話ゲストに

シネマトゥデイ によると。

 プロフィギュアスケーターの村上佳菜子が、常盤貴子主演のTBS日曜劇場「グッドワイフ」でドラマ初出演を果たすことが明らかになった。1月20日夜9時放送の第2話に、宝飾店の店員役で登場する。

 13日より放送開始となる本作は、夫が汚職疑惑で逮捕された上に女性問題も発覚するという最悪な事態に見舞われた妻・蓮見杏子(常盤)が、子供たちを守るために16年ぶりに弁護士に復帰し、数々の困難に立ち向かう姿を爽快に描くリーガルヒューマンエンターテインメント。
 宝飾店の店員を演じる村上は、杏子が夫の汚職容疑に対して疑いを深める大事なシーンで登場。念願のドラマ出演に、村上は「ずっとやってみたいなと思っていたので、お声がけいただいたときは本当にうれしかったのですが、とても緊張しました」と喜びをにじませた。
 役づくりのため、知り合いを通じて事前に宝飾店店員の所作や言葉遣いなどをリサーチして撮影に臨んだ村上だが、フィギュアスケートとは「全然違う緊張」だったという。「フィギュアスケートも演技をするのですが、言葉を発して表現するのは本当に初めてだったので、同じ“表現する”ということでも全く違うなと感じました」。
 自身の演技は、「70点くらいかな?(笑)」と評価。「私はダブルアクセルが苦手なのですが、アクセルが決まったときくらいの達成感はありました(笑)」と充実した様子だった。氷上で観客を魅了してきた村上が、ドラマでどのような演技を披露するのか期待がかかる。
 原作はリドリー・スコットらが製作総指揮を務めた海外ドラマ。ほかキャストには小泉孝太郎、水原希子、北村匠海、滝藤賢一、博多華丸、賀来千香子、吉田鋼太郎、唐沢寿明が名を連ねている。(編集部・吉田唯)
「グッドワイフ」は1月13日より放送開始(毎週日曜夜9時~9時54分)初回は25分拡大、村上がゲスト出演する2話は20分拡大

村上佳菜子も「ハーフ&ハーフ」?クリスマスツリー点灯式であふれた“真央ちゃん愛”

東京ウォーカー によると。

2018年11月9日(金)に「KITTE名古屋」(名古屋市中村区)で「『KITTE名古屋 星のクリスマス』クリスマスツリー点灯式&トークショー」が開催された。特別ゲストはプロフィギュアスケーターの村上佳菜子さん。ここではトークショーの模様をレポートする。

点灯式の模様はこちらをチェック!

「KITTE名古屋 星のクリスマス」では、ディズニー映画最新作「くるみ割り人形と秘密の王国」とタイアップし、映画の世界をモチーフとしたクリスマスツリーを展示。ツリーの点灯を務めた村上さんはそんな映画をイメージした衣装で駆け付けた。

――ディズニー映画最新作「くるみ割り人形と秘密の王国」、もうすでにご覧になったんですよね。感想はいかがでしたか。

村上:メッセージ性のある映画だなというのが印象です。大切なものは自分自身の中にあるんだなということ、また、家族の大切さも感じさせてくれる映画でした。

――映画の原作「くるみ割り人形」の作品や音楽への思い入れやエピソードはありますか。

村上:「くるみ割り人形」という音楽は、やはり浅田真央さんのイメージがすごく強いです。ちょうどその頃、同じ先生についていて、一緒に練習していたので毎日のように聴いていました。かわいらしさもありながら強さも感じさせる「くるみ割り人形」を滑る真央ちゃんの姿がすごく印象的でした。

――実際にご自身がその曲で滑ったりというチャレンジはいままでありましたか?

村上:なかったですね。やはり真央ちゃんが滑っているので、自分の中で「私なんか恐れ多い……!」っていうあこがれの音楽になっていました。ただこの映画を観て、ちょっとチャレンジしてみたいな、自分らしいものを滑ってみたいなと感じました。

――これからどういう風に滑っていきたいかなど想像が膨らんでますか。

村上:私らしいスケートを魅せていきたいなと思っています。やはり現役のときはルールがあるのでそのルールに伴って滑らなければいけないんですけど、いまはもう現役を退いてプロフィギュアスケーターとして、どれだけ皆さんの心に残る演技ができるかみたいなのが勝負だと思っています。いろんなジャンルの、いままで避けてきた曲もチャレンジしたいなと思っていますので、ぜひ「くるみ割り人形」も挑戦したいなって思ってます。

プロになってからは、ほとんど自分で振付を考えているという村上さん。何度も曲を聴きながら考えるために、「電車の中でずっとイヤホンで曲を聴きながら踊っているのでたぶん周りから見たらすごい変な人だと思われてます(笑)。」と意外な一面も語った。

――この映画の公開と重なって今度はクリスマスシーズンになっていきます。クリスマスというと村上さんはなにか思い入れはありますか。

村上:「クリスマス=全日本選手権」ですね(笑)。毎年かぶっているのでクリスマスどころじゃないっていうのが選手の時はありました。毎日詰めた練習をして、クリスマスには良い思いができるようにと考えていましたね。

――クリスマスに出かけてディナーを楽しみたいという夢はありましたか。

村上:もちろんです。クリスマスは恋人よりやっぱり家族で過ごしたいですね。

映画を観るときは大きなポップコーンがマストだという村上さん。ポップコーンの味は「ハーフ&ハーフ(笑)。」と浅田真央愛にあふれるトークショーだった。

ディズニー映画最新作「くるみ割り人形と秘密の王国」の世界観をイメージしたクリスマスツリーが登場する「KITTE名古屋 星のクリスマス」は2018年11月9日(金)から2018年12月25日(火)まで。

村上佳菜子、GPデビュー戦Vの紀平梨花を絶賛「強さの秘密は『質』。もっと上を目指せる」

スポーツ報知 によると。

 12日に放送された日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜・前8時)に、プロフィギュアスケーターでタレントの村上佳菜子(23)が出演。フィギュアスケートで日本勢初のGPシリーズデビュー戦優勝を果たした紀平梨花(16)=関大KFSC=を絶賛した。

 「やりましたね。すごいと思います。ショートプログラム(SP)でミスして69点台(69・59点)もすごい」と評価。強さの秘密を「質」にあると話し、紀平にしか飛べないジャンプに多くの加点、フリーのトリプルアクセル&トリプルトゥーループに2・63点、トリプルアクセルに3・09点がついたことに「これだけ加点がつくというのはなかなかない。今季から(出来栄え点の最高が)5点になったので、もっともっと上を目指せると思います」と太鼓判を押した。

 今後については「しいて言えばSP(の点数)をそろえるというのが上を目指せる(ポイント)かなと。(練習で成功している)4回転を入れてくるかなと思っていたんですが『来季かな』と言ってました」と“のびしろ”も指摘した。

 最後に紀平の印象について「いつも真面目に練習する選手」と話した村上。コーチがいなくなっても、最後まで真面目に練習を続けている姿をよく見たという。「私は結構サボっちゃう方だったので。そこが…」と話し、笑いを誘っていた。

村上佳菜子、華やか衣装で初の点灯式…くるみ割り人形といえば「真央ちゃん!」

毎日キレイ によると。

 プロフィギュア・スケーターの村上佳菜子さんが9日、名古屋・名駅の商業施設「KITTE(キッテ)名古屋」の1階アトリウムで、クリスマスツリーの点灯式に出席した。肩章などの付いた黒いロングジャケットに、白いハイネックブラウス、赤いフレアスカートという王子様風の華やかなファッションだった。この日のファッションは、名作「くるみ割り人形」をイメージしたという。

 クリスマスツリーは「くるみ割り人形」を映画化したディズニー映画「くるみ割り人形と秘密の王国」(30日公開、ラッセ・ハルストレム監督、ジョー・ジョンストン監督)で、主人公クララの冒険の舞台となる「秘密の王国」をモチーフにデザインされた。同施設1階の歩行者通路には同映画で実際に使用された衣装も展示されている。衣装展示は12月25日まで。
 村上さんは「いつもクリスマスは全日本選手権の時期だったので、ツリーの点灯式は人生初めて!」と興奮気味。点灯スイッチを押すとチャイコフスキーの名曲「行進曲」が流れてツリーが点灯し、会場は大きな拍手に包まれた。
 この日は村上さんのトークショーも行われた。「くるみ割り人形」について村上さんは「曲に合わせて真央ちゃん(浅田真央さん)が練習していたのをずっと見ていたので、一番に真央ちゃんをイメージします」とにっこり。同作の曲で踊りたいと思ったことはと聞かれると「私なんか恐れ多く、憧れの音楽です!」と話した。一方で、一足先に同作を鑑賞したことから「新しいことにチャレンジするとき、クララが自分に自信をもって踏み出す勇敢な姿にとても刺激を受けたので、私もいつかアイスショーなどで、ずっと憧れだったくるみ割り人形の音楽に挑戦したいと思うことができました」と語った。
 映画は、約200年前にドイツで生まれた童話からクラシック・バレエへと展開され、チャイコフスキーによる音楽や舞台、書籍など時代を超えて愛され続けてきた「くるみ割り人形」がモチーフ。ロンドンを舞台に、愛する母を亡くし、心を閉ざしたクララが「花の国」「雪の国」「お菓子の国」「第4の国」からなる「秘密の王国」に迷い込み、危機に瀕した王国の戦いに巻き込まれていく。それは、母が遺したメッセージを探す壮大な冒険の始まりだった……というストーリー。