「スケートの話題」カテゴリーアーカイブ

15歳トルソワが衝撃のW世界新シニアデビューV 海外絶賛「アンビリーバブル!」

THE ANSWERによると。

 フィギュアスケートのネペラメモリアルは21日、女子フリーが行われ、シニアの国際大会デビュー戦となった15歳のアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)が衝撃の世界最高合計238.69点で優勝した。こちらも世界最高となるフリー163.78点をマークし、従来のアリーナ・ザギトワ(ロシア)が持っていた記録をともに更新。1つの演技で4回転ジャンプを3本決めるという女子初の快挙を海外メディアも動画付きで公開し、「アンビリーバブル!」と驚かせている。

 シニアに見参した15歳が衝撃の国際大会デビューだ。ショートプログラム(SP)1位で迎えたトルソワは冒頭で男女を通じ、現在の世界最高難度とされる4回転ルッツを着氷させると、さらに4回転―3回転の連続トウループに成功。勢いに乗ると、衝撃を続けた。今度は単発で4回転トウループを跳んでみせ、1つの演技で4回転ジャンプを3本決めるという離れ業をやってのけたのだ。

 以降も質の高い演技でまとめ、叩き出されたスコアは163.78点。合計238.69点とともにダブルで世界最高得点となり、従来の平昌五輪女王ザギトワの記録を塗り替えた。海外メディアは驚異の4回転ジャンプ3本を決めた演技を動画付きで拡散。早くも世界に驚きが広がっている。

 米フィギュア専門誌「IFSマガジン」公式ツイッターは「アレクサンドラ・トルソワがネペラメモリアルで圧巻の優勝。44.27点もの大差を叩き出した。アンビリーバブル!」と194.42点で2位の坂本花織につけた大差に喝采を送った。米スポーツ専門局「NBCスポーツ」は「15歳のアレクサンドラ・トルソワ、女子選手史上初となる3本の4回転ジャンプ成功」と快挙を伝えた。

 名伯楽エテリ・トゥトベリーゼ氏の下、ジュニアでは世界選手権を連覇し、ついにシニア戦線に顔を出し、いきなりセンセーショナルな演技を見せつけたトルソワ。ザギトワを筆頭に昨季までシニアを牽引してきたメドベージェワ、紀平梨花らの先輩と対峙できるだけのポテンシャルを秘めているのは、疑いの余地がない。

本田望結、妹・紗来と 溢れる“姉妹愛2ショット”公開「やっと両思いになれるかも」

THE ANSWERによると。

 フィギュアスケートの本田望結がインスタグラムを更新。妹・紗来との2ショットを公開し、「やっと両思いになれるかも」と姉妹愛をつづっている。

 15歳ですっかり大人っぽくなった本田家の三女・望結。おでこをくっつけて、微笑みを浮かべるのは12歳の妹・紗来だ。

 姉妹の2ショットを投稿した望結は、「最近、さらさんへの愛が止まらない」と告白。さらには「ここだけの話、さらさん最近みゆのこと好きみたい。やっと両思いになれるかも」と絵文字つきで、相思相愛ぶりをつづっている。

 望結は長女の真凜も含め、度々姉妹で一緒に写った写真を投稿してきた。改めて、姉妹愛が深まっていることを感じているのかもしれない。

「ユニバ行きたい」紀平梨花と坂本花織が本音トーク

日刊スポーツによると。

ピョンチャン・オリンピック(平昌五輪)のフィギュアスケート女子で金メダルを獲得したロシアのアリーナ・ザギトワ(17)が日本文化の初体験に密着したカンテレの特番「THE ICE☆フィギュア夏祭り ザギトワ大興奮の大阪おもてなし&日本人スケーターぶっちゃけトークSP」(3日、午後3時30分、関西ローカル)の番組企画で、昨季のグランプリ(GP)ファイナル覇者の紀平梨花(17)と坂本花織(19)が、2人だけでのセルフインタビューが実現した。夏休みにやってみたいことの本音トークを繰り広げた。

「こんな夏休みを過ごしてみたい」では、紀平が「ユニバとか行きたい!」と元気に返答。坂本は少し考えて「浴衣を着て花火大会に行きたいかな。あとは、プールに行きたい。どっちも、ぜんぜん、かなっていない…」と苦笑い。

夏休みの宿題は「最後まで残す派」、それとも「先にやるタイプ」など、関西人同士ならではの絶妙なツッコみ合いで、お互いが本音を引き出した。

また、18年平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(21)と世界選手権2連覇の米国のネーサン・チェン(20)のスペシャル対談も実現した。

同世代のトップスケータ-の対談は、好きな食べ物からスタート。宇野は「食べ物にそんなに興味がない」とあっさり。「たこ焼き、ラーメン、日本のカレーも好き」というチェンは一番の好物を明かす。

米国の名門イェール大学の学生という一面も持っているチェン。宇野は「スケートはもちろんですが、スケート以外の部分でも尊敬しています」と熱く語った。チェンも「お互いがお互いを高め合えるような存在」と明かした。

本田真凜(17)、三女の望結(15)、四女紗来(12)の3人が本音トークを繰り広げる。テーマの「マイブームは?」では、真凜が母からもらったという古いカメラ、日々の生活の中で撮る家族写真について話す。

本田真凜、宇野昌磨と 友野が公開“決めポーズ3ショット”に反響「3人とも可愛い!」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートの友野一希(同大)がインスタグラムを更新。同じアイスショーに出演していた宇野昌磨(トヨタ自動車)、本田真凜(JAL)との3ショットを公開し、ファンの反響を集めている。

 5日まで行われていたアイスショー「プリンス・アイス・ワールド」に出演していた友野は、同じくショーを盛り上げた真凜、宇野とポーズを決める写真を投稿。1枚目は青を基調とした衣装で統一された3人が左手をあげ、右腕を折り曲げて前に突き出すポーズのもの。2枚目は開いた左手を突き出している。3人それぞれの表情の違いも面白い。

 そして3枚目は新元号「令和」と書かれたパネルを持った宇野と友野の2ショット。こちらは舞台裏で満面の笑顔だった。

 友野は「PIW」「#ありがとうございました」とつづり3枚の写真を投稿。これにはファンからも「新エキシめっちゃ楽しかったです」「3人で楽しそうで笑顔が見られたのが何よりです」「3人とも可愛い!」「素敵なお写真ありがとうございます」などと反響のコメントが続々とつけられていた。

 2018-19シーズンは幕を閉じたが、アイスショーでの美しき舞いでフィギュアファンを喜ばせ続けている。

ロシアから連日の衝撃…! 11歳金の卵が「3A-3T」成功、海外呆然「信じられない」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートでロシアの若き才能たちはどこまで驚かせてくれるのだろうか。前日には来季からシニア転向する15歳のアンナ・シェルバコワが練習で「4回転ルッツ―3回転ループ」のコンビネーションジャンプを披露し驚愕の声が上がっていたが、今度は11歳のソフィア・アカチエワがトリプルアクセル―3回転トウループのコンビネーションに成功。エテリ・トゥトベリーゼコーチが動画を公開。驚きを通り越し、言葉を失うファンも出るほどだった。

 日本では本田紗来と同い年。ロシアフィギュア界の虎の穴「サンボ70」の11歳の金の卵が、衝撃のジャンプを披露した。11歳のアカチエワは簡単にトリプルアクセルを決めると、続けて3回転トウループは両手を上げながら降りた。完璧なコンビネーションジャンプだ。

 トリプルアクセルといえば今季、シニアデビューした紀平梨花が武器としてグランプリ(GP)ファイナルを制すなど圧倒的な強さを見せた。一概に比較はできないが、11歳が決めて見せた事実は驚異的だ。

 次々と新たな才能を送り出す名伯楽トゥトベリーゼ氏は「ソフィア・アカチエワ11歳。3A+3T」と記し動画を公開。投稿につけられたコメント数は400件を超えるなど、反響が広がっている。
コメント400件超大反響「すごい!誇りに思うよ」
「信じられない」
「がんばって」
「すごい!誇りに思うよ」
「新スター」
「カッコいい!」
「言葉がない…」

 アカチエワは過去にも練習では4回転ジャンプも成功させており、3月に行われたロシア選手権では自己ベストをさらに更新する262.22点で2位に入った。体重が軽いというアドバンテージはあるだろうが、恐ろしいほどの才能を秘めていることは確かだ。

 アリーナ・ザギトワを筆頭に、来季からシニアに転向するシェルバコワ、アレクサンドル・トルソワ、その下には12歳のカミーラ・ワリエウという大器もおり、11歳のアカチエワまで、将来が楽しみな逸材が綺羅星のごとく揃っている。

トゥクタミシェワ、復活イヤー有終の3A炸裂 米記者絶賛「なんて最高の道のりだ」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦(マリンメッセ福岡)は13日、女子フリーが行われ、エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)は3回転アクセルを完璧に決め、自己ベストを大きく更新する153.89点で紀平梨花(関大KFSC)らを抑えて1位。復活のシーズンを最高の形で締めくくった。名物の米記者は「なんて最高の道のりだ」と絶賛している。

 リーザが福岡に熱狂を巻き起こした。冒頭の3回転アクセル。まるで、それが簡単であるかのように軽々と跳び、高い跳躍から完璧に決めた。一気に会場を惹き込むと、以降もミスのない演技を披露。情熱的かつ妖艶な“らしい”表現力を発揮し、リンクを完全に自分のものにした。滑り終えると、日本のファンから割れんばかりの喝采が降り注いだ。

 自己ベストを10点近く更新するハイスコア。米国のジャッキー・ウォン記者は自身のツイッターで「またもやエリザベータ・トゥクタミシェワが好調のトリプルアクセル―彼女が今季見せた中で、最高の2つだ」と冒頭の3回転アクセルを絶賛。「彼女がこの輝きを来シーズンにも繋げることができれば」とした上で、今季を振り返り「なんて最高の道のりなんだ」と称えた。

 15年の世界選手権を制した女王は、母国の若い選手の台頭で近年は苦しんんできたが、今季はグランプリ(GP)シリーズのスケートカナダを制するなど、華麗に復活。一方、12月に肺炎を患った影響でロシア選手権、欧州選手権に出られず、世界選手権の代表から漏れ、悔しい思いを胸に、今季最終戦となる福岡の地に乗り込んでいた。

 シーズン集大成で見せた完璧な演技。来シーズンも3回転アクセルを武器に、銀盤を“リーザ色”に染め上げてくれそうだ。

坂本花織、SP自己新で3位!キスクラで紀平と歓喜の抱擁

スポニチアネックス によると。

 女子ショートプログラムが行われ、今季の全日本女王の坂本花織(19=シスメックス)は自己新記録の76・95点をマークし、3位だった。フリップ―トーループの連続3回転ジャンプを滑らかに決め、2回転半(ダブルアクセル)、3回転ループも危なげなかった。「フロム・マイ・ファースト・モーメント」を演じると、拳を天に突き上げた。キス&クライで待つ紀平梨花と抱き合った。世界選手権でマークした自己記録76・86点を上回った。

 今月から神戸学院大に進学。9日には19歳の誕生日を迎えた。「1試合1試合、自己ベストを更新する1年にしたい」と語っていた。今季は四大陸選手権4位、世界選手権5位。決して満足できるシーズンではなかったが、今季の締めくくりのSPで会心の演技を見せた。

 女子フリーは13日に行われる。

トゥクタミシェワSP自己新80・54点 トリプルアクセル着氷、両腕でガッツポーズ

デイリースポーツ によると。

 女子SPが行われ、エリザベート・トゥクタミシェワ(ロシア)はSP自己ベストを更新する80・54点を記録した。

 冒頭の3回転アクセルを着氷させると、大きなミスなく演じ切った。両腕でガッツポーズをし、会心の演技を喜んだ。

 80・54点は、紀平梨花の82・51点、アリーナ・ザギトワ(ロシア)の82・08点に次ぐ、今季からの新基準の採点では歴代3位の高得点。

 トゥクタミシェワは15年の世界選手権と欧州選手権で優勝したキャリアの持ち主。昨年12月に行われたGPファイナルでは銅メダルを獲得し健在ぶりをアピールした。

 しかし、3月に行われた日本開催の世界選手権にはエフゲニア・メドベージェワとの代表争いに敗れる形で、出場できなかった。

「ユーリ!!! on ICE」フィギュアスケート国別対抗戦2019、応援イラスト公開! 今年はマッカチンのスケーティングも

アニメ!アニメ! によると。

本格男子フィギュアスケートアニメ『ユーリ!!! on ICE』が、2019年4月11日から開催される「ISU世界フィギュアスケート国別対抗戦2019」の応援企画を実施。このたび、出場国にゆかりのあるキャラクターたちの姿を収めた“特別描き下ろしイラスト”が公開された。

『ユーリ!!! on ICE』は、2016年10月~12月にテレビ朝日ほかにて放送された本格男子フィギュアスケートアニメ。「第22回AMDアワード(総務省後援)」優秀賞をはじめとした多数の賞を受賞し、全世界において10億視聴を突破している。

そんな本作が応援企画を実施する「ISU世界フィギュアスケート国別対抗戦2019」は、「国際スケート連盟(ISU)」が主催する唯一のフィギュアスケート団体戦。男子シングル、女子シングル、ペア、アイスダンス4種目の総合成績で争うフィギュアスケートの最強国決定戦だ。

『ユーリ!!! on ICE』と「ISU世界フィギュアスケート国別対抗戦」のコラボは2017年の前回開催でも実施。「国別対抗戦×ユーリ!!! on ICE イラスト」が描き下ろされ、アニメファン・フィギュアファンの間で話題を呼んだ。
そして今回公開されたイラストには、「ISU世界フィギュアスケート国別対抗戦2019」の出場国となる日本、ロシア、アメリカ、フランス、イタリア、カナダにゆかりのあるキャラクターが勢揃い。さらに、テレビ朝日マスコットキャラクター「ゴーちゃん。」も初登場となった。

また、今回は初の試みとして『ユーリ!!! on ICE』に登場するマスコットキャラクター的存在の“マッカチン”がスケーティングで出演。競技と競技の間、製氷時間の前後などに、ゴーちゃん。とのスケーティングに挑戦する。
なお、マッカチンは『ユーリ!!! on ICE』のエンディング主題歌「You Only Live Once」に合わせてのスケーティングも披露する予定だという。作品公式SNSにて特訓の様子が公開されるようなので、そちらにも注目して欲しい。

「ISU世界フィギュアスケート国別対抗戦2019」は、2019年4月11日、12日、13日、14日、テレビ朝日系列にて放送。また、会場内にて「マッカチンぬいぐるみ 花束 ver.」も発売される。

テレビ朝日系列 放送時間

4月11日(木) よる6:30~ 男女ショートほか
(一部地域では放送開始時間が異なります)

4月12日(金) よる7:00~ 男子フリーほか
(一部地域では放送開始時間が異なります)

4月13日(土) よる6:56~ 女子フリーほか
4月14日(日) よる6:30~ エキシビション

BS朝日・CSテレ朝チャンネル2・AbemaTVでも放送

トゥクタミシェワ、福岡で迎える今季最終戦を喜ぶ理由「この美しい日本で…」

THE ANSWER によると。

“桜との2ショット”とともに日本愛を吐露「日本に来るのはいつだって楽しみ」
 フィギュアスケートの世界国別対抗戦(福岡・11日開幕)に出場するエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)がインスタグラムを更新。親日家で知られる22歳は桜の花と写した自身の写真とともに、日本に対する愛を示している。

 トゥクタミシェワにとって日本は特別な場所のようだ。インスタグラムを更新し、1枚の画像を公開した。黄色の鮮やかなダウンをまとい、リンク上の妖艶な雰囲気とは打って変わってナチュラルメイクで笑みを浮かべるトゥクタミシェワ。顔の前には綺麗に咲いた桜の枝を寄せ、日本の春の文化と溶け込んでいる。投稿には日本に対する愛を込めた言葉をつづっている。
 
「日本に来るのはいつだって楽しみ。それが美と時の儚さを象徴するsakuraの季節ならば、なおさらのこと。そして、今シーズン最後の試合をこの美しい日本で迎えられるのは、さらに嬉しいわ」
 
 昨年11月にグランプリ(GP)シリーズのNHK杯で来日した際も日本が大好きな国であると打ち明けていたトゥクタミシェワ。目標にしていた世界選手権の出場こそ叶わなかったが、今季の集大成となる世界国別対抗戦で日本のリンクを滑ることができる。華麗に復活を遂げたシーズンの最後にどんな演技を見せてくれるのか。日本のファンもその演技を楽しみにしている。