「ザギトワ」カテゴリーアーカイブ

ザギトワ、SP世界最高得点で首位発進…ロシア杯

AFP=時事 によると。

 18-19フィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズ第5戦、ロシア杯(Rostelecom Cup 2018)は16日、モスクワで女子シングル・ショートプログラム(SP)などが行われ、アリーナ・ザギトワ(Alina Zagitova、ロシア)が世界最高得点を更新する80.78点の圧巻の演技でトップに立った。

 今季第3戦のフィンランド大会(ISU Grand Prix of Figure Skating 2018 Helsinki)を制したその勢いに乗りたいザギトワは、英国の作曲家アンドリュー・ロイド・ウェバー(Andrew Lloyd Webber)氏が音楽を担当したミュージカル「オペラ座の怪人(The Phantom of the Opera)」に合わせて、完璧なパフォーマンスで他を圧倒し、自身の持つ79.93点の記録を更新した。

 第2戦のスケート・アメリカ(Skate America 2018)で3位に入った同胞のソフィア・サモデュロワ(Sofia Samodurova)を13.38点差の2位に抑えているザギトワは、「モスクワの母国ファンの前で、どうにか全力を尽くして最高の演技ができてうれしい」「シーズン開幕時よりも、自信が増していると感じている。一生懸命に練習したことが、やっと報われてきた実感がある」とコメントした。

 スイスのアレクシア・パガニーニ(Alexia Paganini)が63.43点で3位につける中、日本勢は白岩優奈(Yuna Shiraiwa)が60.35点で5位、松田悠良(Yura Matsuda)が52.00点で8位、山下真瑚(Mako Yamashita)が51.00点で9位につけた。

 ペアのSPでは、世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championships 2018)で2位に入ったロシアのエフゲニア・タラソワ(Evgenia Tarasova)/ウラジーミル・モロゾフ(Vladimir Morozov)組が78.47点で首位発進。今季のスケート・アメリカで金メダルを手にしている同組は、米歌手ジェームズ・ブラウン(James Brown)が歌う「アイ・フィール・グッド(I Feel Good)」に乗せて堅実な演技を披露した。

 イタリアのニコーレ・デラ・モニカ(Nicole Della Monica)/マッテオ・グアリーゼ(Matteo Guarise)組が72.32点で2位、ロシアのダリア・パブリュチェンコ(Daria Pavliuchenko)/デニス・コダイシン(Denis Khodykin)組が69.38点で3位に続いた。

 アイスダンス・リズムダンス(RD)では、欧州選手権(ISU European Figure Skating Championships)で2度の銅メダルに輝くロシアのアレクサンドラ・ステパノワ(Alexandra Stepanova)/イワン・ブキン(Ivan Bukin)組が、いくつかミスを犯しながらも74.49点を記録し、2位に約5点差をつけてトップに立った。

 米国のクリスティーナ・カレイラ(Christina Carreira)/アンソニー・ポノマレンコ(Anthony Ponomarenko)組が69.01点で2位に続き、スペインのサラ・ウルタド(Sara Hurtado)/キリル・ハリャヴィン(Kirill Khaliavin)組が66.40点で3位につけている

ザギトワ完勝、でも複雑…「まだ理想には届いていない」

朝日新聞デジタル によると。

 浮かべたのは、複雑な笑顔だった。女子ショートプログラム(SP)に続き、フリーでも1位となり、優勝を飾ったアリーナ・ザギトワ(ロシア)だ。合計で唯一200点台に乗せる完勝にも、「よかったけど、まだ理想には届いていない」。

 後半のルッツ―ループの連続3回転ジャンプが回転不足の判定を受けた。前日のSPでも連続ジャンプで失敗を犯している。「きょう、朝起きてから『良いスケートをしよう』って言い聞かせた。お客さんを楽しませたかったから」。それでもミスをした自分に、納得がいかない。

 五輪金メダリストとして臨む今季は、「今までとは少し違った気分」と言う。ただ、「大事なのは自分のスケートに集中すること。良い演技を見せること。それが全て」。次のグランプリ(GP)シリーズは2週間後、地元ロシアで。完璧な演技をめざし、16歳の女王の挑戦が続く。

ザギトワ、貫禄の首位発進 まさかのミスも「いつも綺麗に滑るロボットじゃない」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦フィンランド大会は2日(日本時間3日)、女子ショートプログラム(SP)で平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)が68.90点で首位発進。ジャンプにミスがありながら貫禄を見せつけた女王の舞いを国際スケート連盟(ISU)が画像付きでレポートし、また本人はミスが出たことについて「私たちはいつも綺麗に滑るロボットではないんです」などと胸中を語っている。

 白の鮮やかな衣装をまとってリンクに立ったザギトワ。新SPの「オペラ座の怪人」に乗せて滑り出したが、冒頭の3回転の連続ジャンプの2つ目が抜け、1回転ループになった。以降の2回転アクセル、3回転フリップは決め、なんとかまとめた。得点は68.90点。表情は冴えなかったが、貫禄の首位発進だ。

 ISUフィギュアスケート公式インスタグラムは、今季からまとう新衣装で妖艶な表情で舞ったザギトワを結果とともに画像付きで速報。また、ロシア紙「スポルトエクスプレス」はミスの落胆からキスアンドクライで「今にも泣き出しそうな顔だった」とレポートしながら、まさかのミスが出たことについて本人のコメントを紹介している。

「聞いてください、私たちはいつも綺麗に滑るロボットではないんです。どこかでとても興奮したりします。スタートで少し集中してなくて、霧の中にいるような感じ。自信のなさを感じました。練習しなければならないことがあります。私はもう経験あるスケーターです、自分に打ち勝たなければいけないと思います」

 このように語り、1週間近く前から大会に向けて過剰な緊張状態にあったことも明かした。
五輪女王の難しさ吐露「感情面でハードなものなることを分かっていた」
 また、ISU公式サイトでは、こう振り返っている。

「(冒頭のミスの後に)他のすべてのエレメンツを綺麗にやらなければならないと思いました。コンビネーションジャンプは最初のエレメンツで私にはまだすべての他のエレメンツが残っていたので。この五輪後のシーズンが特に感情面でハードなものなることを分かっていました」

 16歳にして五輪女王として挑むシーズンのGPシリーズ初戦。当然、プレッシャーもあっただろう。その難しさを複雑な胸中とともに明かしている。しかし、結果は首位発進。フリーで本来の強さを発揮し、表彰台の頂点に立てるか。

羽生結弦&ザギトワ、五輪金メダリストそろい踏みは26年ぶり! GPシリーズ第3戦

THE ANSWER によると。

フィンランド大会には羽生&ザギトワの金コンビがそろって出場
 フィギュアスケート五輪2大会連続金メダルの羽生結弦(ANA)がグランプリ(GP)シリーズ第3戦のフィンランド大会(2日開幕・ヘルシンキ)に臨む。この大会には平昌五輪女子シングル金メダルのアリーナ・ザギトワ(ロシア)も参戦。主要大会では26年ぶりとなる男女金メダリスト揃い踏みが実現することが明らかになった。

「アリーナ・ザギトワとユヅル・ハニュウはヘルシンキを舞台とする今週のグランプリに参戦する。現役フィギュアスケート五輪金メダリストがこのトップイベントに揃い踏みするのは26年ぶりとなる」

 こう報じたのは米テレビ局「NBCスポーツ」だった。直近の五輪で金メダリストがフィギュアのビッグイベントに揃い踏みするのは、1992年アルベールビル五輪で金メダルを獲得したクリスティ・ヤマグチ(米国)とヴィクトール・ペトレンコ(ウクライナ)が、同年の世界選手権(米・オークランド)に参戦して以来だという。

 記事では、五輪金メダリストの競演がなかなか実現しない理由については、こう説明を加えている。
羽生が目指すところはネイサン・チェンの世界最高点
「ほとんどの金メダリストは大会からフェードアウトしてしまうが、ザギトワとハニュウは今季フル活動している」

 五輪連覇の絶対王者羽生について、特集では「ハニュウはヘルシンキで大きな試練に直面する。日本のメガスターは9月のカナダでの初戦で勝利したが、今季序盤では世界5位の得点だった。彼を追随する1人が世界選手権銅メダリストのロシア人、ミハイル・コリヤダだ」と紹介。一方で「ハニュウは280.57点をターゲットにするかもしれない。2週間前のスケート・アメリカでネイサン・チェンが記録した世界最高点だ」と期待もかけている。

 羽生はどんな華麗な舞いを見せてくれるのか。米メディアも男女金メダリストが並び立つヘルシンキに熱視線を送っている。

“舞台”でなくてもこの美貌 フィギュア女王「ザギトワ」

デイリー新潮 によると。

 10月4日のこの日、平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(16)が登場したのは埼玉県さいたま市内のホテルだった。浅田真央(28)のCM起用でもお馴染みのマットレスメーカー「エアウィーヴ」が“贈呈式”と銘打ち、彼女にマットレスをプレゼントするという企画である。

 冒頭でご紹介したのは、イベントのステージに向かうザギトワの麗しき姿だ。五輪後の世界選手権こそ涙を飲む結果に終わったものの、その後も着々とステップアップを続ける彼女。壇上へと行くそのステップも軽やか……というのはこじつけが過ぎるとしても、“成長”著しいというのは事実らしい。なんでも五輪後から身長が7センチ伸びたそうで、

「最初は変な感覚があったけど、コーチのサポートもあって、慣れてきました」
 と明かす。そして成長したのは、愛犬・マサルも同じだった。パネルで公開されたその近影は、つい5カ月前に秋田犬保存協会からプレゼントされた子犬とは別の犬のよう。以前にもマットレスを贈呈されたが、そちらはマサルと愛猫が取り合った……というエピソードも披露である。
 この2日後には「ジャパン・オープン」で舞台に上がり、こちらは妖艶なノーミス演技。リンクの内と外のザギトワ、どっちがお好き?

ロシア14歳、史上初快挙の衝撃拡大 皇帝「ザギトワが4回転を習得したら素晴らしい」

THE ANSWER によると。

プルシェンコ氏がザギトワに4回転のススメ
 フィギュアスケートでロシアの14歳アンナ・シェルバコワが、ロシア杯第2ラウンドで女子史上初となる、1つのプログラムの中で2度4回転ルッツを跳び優勝。非公認大会ながら、平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(ロシア)の世界最高得点を上回る159.43点をマーク。現地メディアが衝撃の大きさを続々と伝えていたが、このニュースを受けて、皇帝エフゲニー・プルシェンコ氏がザギトワに4回転ジャンプを取り入れるべきだと助言している。

 空前のハイレベルの様相を呈するロシアフィギュア界。シェルバコワ以外にも世界ジュニア女王アレクサンドラ・トルソワら4回転を跳ぶジュニアが続々と生まれている。

 ロシアメディア「Newspapaer.ru」は題名「プルシェンコ氏がザギトワに4回転ジャンプを習得するように助言した」と題して記事を展開している。

「2度の五輪王者プルシェンコ氏は平昌五輪女王ザギトワが4回転ジャンプを習得するのが必要不可欠だと考えている」として、皇帝のコメントを紹介している。

「ザギトワは日本で記録的な得点を獲得し見事な滑りを見せた。さらに、もし彼女が4回転ジャンプを習得したら、それは素晴らしいことだ。なぜなら(ジュニアで4回転ジャンプを跳んでいるトルソワやシェルバコワら)新しいスケーターがシニアで競技するようになったら、ザギトワやメドベージェワも厳しい戦いを強いられる可能性がある。私はアリーナが普段、どんな練習をしているか詳しくは知らない、でももちろん彼女に願望があって恐れがなければ(4回転ジャンプを)習得するのは実現し得る」

 体が小さく体重の軽いジュニアだからこそ、高難易度のジャンプを跳べるという指摘もあるが、プルシェンコ氏はシェルバコワや、トルソワらがシニアに上がった際にはザギトワらにとっては脅威になると想像しているようだ。
皇帝の教え子タラカノワも4回転の練習に着手
 さらに同氏は自身の教え子の14歳アナスタシア・タラカノワ(ロシア)も4回転ジャンプに取り組んでいることを明かしている。ロシアメディア「sports.ru」では、タラカノワへの期待するプルシェンコ氏のコメントを伝えている。

「思うに彼女はシーズンの終わりまでに自分のプログラムで4回転トウループが跳べるようになるだろう。今もう跳べるまでにとても近いところまで来ている。同様に彼女は4回転ルッツも練習している。来シーズン、彼女は100%4回転ジャンプを跳ぶだろう」

 タラカノワも4回転ルッツの練習に着手しているという。この14歳はジュニアのGPシリーズ第4戦カナダ大会で2位。第6戦のスロベニア大会で優勝し、ジュニアGPファイナル進出を確実としている。

 続々と新星が登場するロシアフィギュア界。果たしてザギトワらも4回転時代の波に乗っていくのか。今後の展開が注目されそうだ。

ザギトワ妖艶演技「世界1位」ショーは黒レザー衣装

日刊スポーツ によると。

平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)金メダリストのアリーナ・ザギトワ(16=ロシア)が魅せた。

ジャパン・オープンでは、国際スケート連盟(ISU)非公認記録ながら、完璧な演技で世界1位相当の159・18点をマーク。高難度の連続ジャンプなどすべての要素で加点を引き出した。今季のフリーは妖艶な雰囲気の「カルメン」。「1番大事なのは気持ちを伝えること。大人っぽい演技ができました」とうれしそうに振り返った。

夜に行われたアイスショー「カーニバル・オン・アイス」では、体に密着する黒いレザーの衣装で登場。途中、下ろしていた髪を氷上でなまめかしく結い、上着を脱ぐなどセクシーな表現で観客を魅了した。

昨季もヒョウ柄衣装のエキシビションで話題をさらったザギトワ。16歳とは思えない大人びた演技で、今季もフィギュア界を沸かせてくれそうだ。

ザギトワ「つらい時、マサルは良き友達」 愛犬用マット贈呈に笑顔

産経新聞 によると。

 平昌五輪のフィギュアスケート女子で金メダルを獲得したロシアのアリーナ・ザギトワ選手(16)は4日、さいたま市を訪れ、秋田犬の愛犬「マサル」用のマットレスをプレゼントされた。「マサルも快適なマットレスを使えるようになる」と語り、満面の笑みを浮かべた。

 マットレスを贈呈したのは寝具ブランド「エアウィーヴ」。さいたま市で同日に行われた贈呈式にザギトワ選手は黒のワンピースとスニーカーで登場した。7月にもマサル用のマットレスを贈られたが、成長に伴い、今回は大きいサイズを贈られた。ザギトワ選手は「猫の『イリースカ』とマットレスをめぐって縄張り争いをしていたが、これでわが家にも平穏が訪れる」と笑いを誘った。

 マサルについては「フィギュアの世界は狭く、つらいときもあるが、マサルは私の気持ちを理解してくれる良き友達」。今季の目標には「身長が伸びたが、感覚の違いにも慣れたので問題ない。スケートを愛する気持ちを表現したい」と抱負を語った。

ザギトワ、“トリプル世界記録V”を母国絶賛 本人は満足なし「理想的な演技ない」

THE ANSWER によると。
\
ルール改正後の今季初戦、SP、フリー、合計いずれも世界最高得点で優勝
 フィギュアスケートのネーベルホルン杯(ドイツ)は28日、女子フリーで平昌五輪金メダリストのショートプログラム(SP)首位、アリーナ・ザギトワ(ロシア)が158.50点をマーク。女子世界最高となる合計238.43点を叩き出し、圧倒的な強さで今季初戦を優勝で飾った。母国のロシアメディアは「3つの世界記録とともに優勝」と大々的に報道。本人も「とても良かったと思う」と振り返りながら「理想的な演技というのは一つもない」と語り、満足することなくさらなる成長を誓ったという。

 ザギトワが他を寄せ付けない圧巻の演技で今季初優勝を飾った。新プログラム「カルメン」をほぼ完璧に演じ、トップの158.50点をマーク。そして、この数字はSPに続き、ルール改正後に伴って得点がリセットされた今季の世界最高得点となった。SP、フリー、合計と3つで名前を刻み、ロシアメディア「sports.ru」は「ザギトワが3つの世界記録とともに優勝した」と絶賛した。

 また、ロシアメディア「R-sports」によれば、演技後、ザギトワは「私にとってこの大会はとても大切でした。新しいプログラム、新しいスタイルを試す場として。(演技は)とても良かったと思います。ただ、いつも目指さなければならない場所があります。なぜなら、おそらく理想的な演技というのは一つもないからです。必ず修正しないといけない部分やミスがある。私はもっと解放的に滑る必要がある。それはそのうちできると思います」と収穫と課題を挙げたという。
4回転に言及「これから考える」、ルール改正は「問題ない」
 さらに「新しいシーズンは自信を持った滑りを見せようと、そして自分が満足いくように滑ろうと頑張ります。私にとってそれが一番重要です。もちろん、より多く練習するよう努めます、なぜなら多く練習すればするほど、より高い結果が得られるからです。もちろん、コーチたちの助言にも耳を傾けて。今、私にとって大切なのは、プログラムをミスなく綺麗に滑ることです。4回転ジャンプに関してはこれから考えます」と今後についてイメージを膨らませたという。

 新ルールで行われる今シーズン。「私は採択されたルール変更を肯定的にとらえます。なぜならフィギュアスケートは絶対に進化を止めないからです。五輪の後、ルールが改正されました。これは普通のことです。私は問題なくルール変更と向き合います」と意に介さず、前向きにとらえているようだ。五輪女王として挑む新シーズン。多くの注目を集めながら、ザギトワは順調なスタートを切ってみせた。