羽生結弦が高橋大輔と手をつないで大笑い!「負けないで」ZARD名曲のサビ熱唱も!

中日スポーツによると。

 フィギュアスケートの全日本選手権上位選手らによるエキシビション「メダリスト・オン・アイス」が23日、東京・国立代々木競技場で行われ、男子シングル優勝の宇野昌磨(22)=トヨタ自動車・中京大、2位の羽生結弦(25)=ANAらが出演。羽生は2大会連続の金メダルを獲得した2018年平昌冬季五輪のフリーで演じた曲「SEIMEI」にのった演技を披露した。

 思い出深い曲とともに再出発の一歩を踏み出した。全日本選手権で戦った選手が並ぶエキシビション。羽生が選んだ曲は平昌冬季五輪のフリーで完璧に演じきった「SEIMEI」だった。

 この日のジャンプは時間が短かったため2つ。3回転ループを決めるとトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)もきれいに成功。金メダルを獲得した演技を思い出させるステップやスピンもみせ観客席をわかせた。

 この日は吹っ切れたような様子。ZARDの曲「負けないで」にあわせた世界選手権と世界ジュニア選手権の代表によるコラボレーションでは拳を突き上げてサビを熱唱し、フィナーレでも高橋大輔(関大KFSC)と手をつないでリンクを一周。コメントはなかったが、全日本2位のショックから立ち直ったようだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA