本田真凜「ラ・ラ・ランド」で魅了 21日フリーへ調整

デイリースポーツによると。

 21日の女子フリーへ向けた公式練習が行われた。ショートプログラム(SP)6位の本田真凜(18)=JAL=はフリー「ラ・ラ・ランド」の軽やかな音楽に合わせて表現豊かに舞い、調整した。

 冒頭の3回転ルッツ、ダブルアクセル-3回転トーループの連続ジャンプなどをしっかりと着氷。終盤でややジャンプに乱れも見られたが、音楽とマッチしたステップや上達したスピンを披露し、さまざまな表情で大ヒット映画の世界観を表現した。

 本田は16年大会に4位となるも、平昌五輪代表選考会を兼ねた17年大会は7位、昨年大会は自己最低15位に沈んだ。SP後には「自分らしく滑れたのが1番うれしい」と晴れやかに笑った本田。21日のフリーでも本田真凜らしい演技を披露したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA