ザギトワが活動休止 競技から引退か

朝日新聞デジタルによると。

 2018年平昌冬季五輪の女子フィギュアスケート金メダリストのアリーナ・ザギトワ選手(17)が13日、ロシアの国営テレビに出演し、競技活動を一時休止する意向を明らかにした。スケートは今後も続けるとしているが、事実上の引退宣言との見方が広がっている。

 ザギトワ選手は番組で、「今季はもう大会に出場しない」と話し、12月下旬に行われるロシア選手権をはじめ、欧州選手権や世界選手権などの欠場を宣言。理由について、「私は全てを手に入れた。でも、人生は満たされているばかりではいけない。スタート地点に立とうという気持ちを取り戻したい」と話した。完全な競技からの引退は否定したが、当面はアイスショーへの出演や、大学で指導者になるための勉強に専念する考えを示した。

 ザギトワ選手は、12月上旬にイタリアで行われたグランプリ(GP)シリーズ・ファイナルで最下位の6位に終わり、成長で体形が変化したことによる限界説が指摘されていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA