真央、スケートをやっていなかったら「体操選手だったかも」

スポーツ報知によると。

 フィギュアスケート元世界女王の浅田真央さん(29)が30日放送のフジテレビ系「志村けんのバカ殿様」(後7時)に出演。華やかな赤い着物を身にまとい、豪華な髪飾りをあしらったカツラをつけ江戸時代の姫として登場した。

 浅田さんはお笑いタレント・志村けん(69)が扮する「バカ殿」からフィギュアスケートをしていなかったら何をしていたか尋ねられると「体操選手だったかもしれないです」と即答し、「体操も(小学)1年生から始めて、好きだった」と説明した。

 さらに、母から体操かフィギュアスケートのどちらに進むか聞かれた時には「体操って言ったんですけれど、母がフィギュアスケートにしなさいって」と言われたエピソードを明かしていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA