15歳トルソワが衝撃のW世界新シニアデビューV 海外絶賛「アンビリーバブル!」

THE ANSWERによると。

 フィギュアスケートのネペラメモリアルは21日、女子フリーが行われ、シニアの国際大会デビュー戦となった15歳のアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)が衝撃の世界最高合計238.69点で優勝した。こちらも世界最高となるフリー163.78点をマークし、従来のアリーナ・ザギトワ(ロシア)が持っていた記録をともに更新。1つの演技で4回転ジャンプを3本決めるという女子初の快挙を海外メディアも動画付きで公開し、「アンビリーバブル!」と驚かせている。

 シニアに見参した15歳が衝撃の国際大会デビューだ。ショートプログラム(SP)1位で迎えたトルソワは冒頭で男女を通じ、現在の世界最高難度とされる4回転ルッツを着氷させると、さらに4回転―3回転の連続トウループに成功。勢いに乗ると、衝撃を続けた。今度は単発で4回転トウループを跳んでみせ、1つの演技で4回転ジャンプを3本決めるという離れ業をやってのけたのだ。

 以降も質の高い演技でまとめ、叩き出されたスコアは163.78点。合計238.69点とともにダブルで世界最高得点となり、従来の平昌五輪女王ザギトワの記録を塗り替えた。海外メディアは驚異の4回転ジャンプ3本を決めた演技を動画付きで拡散。早くも世界に驚きが広がっている。

 米フィギュア専門誌「IFSマガジン」公式ツイッターは「アレクサンドラ・トルソワがネペラメモリアルで圧巻の優勝。44.27点もの大差を叩き出した。アンビリーバブル!」と194.42点で2位の坂本花織につけた大差に喝采を送った。米スポーツ専門局「NBCスポーツ」は「15歳のアレクサンドラ・トルソワ、女子選手史上初となる3本の4回転ジャンプ成功」と快挙を伝えた。

 名伯楽エテリ・トゥトベリーゼ氏の下、ジュニアでは世界選手権を連覇し、ついにシニア戦線に顔を出し、いきなりセンセーショナルな演技を見せつけたトルソワ。ザギトワを筆頭に昨季までシニアを牽引してきたメドベージェワ、紀平梨花らの先輩と対峙できるだけのポテンシャルを秘めているのは、疑いの余地がない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA