真央、愛犬エアロは「子供のような存在」一緒に新CMに、マサルにライバル心?

時事通信 によると。

 フィギュアスケートの元世界女王・浅田真央さんが18日、東京都内で行われた寝具メーカー「エアウィーヴ」の新CM発表会に愛犬エアロとそろって出席した。

 22日から放送される新CMでは、エアロと“共演”している浅田さん。発表会の会場で完成したCMを初めて見て、「エアロがかわいく映っていてよかった。ごめんなさい、親ばかで」とほほ笑んだ。

 今年で14歳になるというエアロは、浅田さんにとって「子供のような存在」だとか。「エアロの子供たちをかわいがっていると、『私に構って』とほえます」とのエピソードを披露し、「一緒に過ごす時間は昔ほど多くないので、(エアロと)旅行ができたらいいな」と望んでいた。

 同社は昨年、アリーナ・ザギトワ選手の愛犬マサルに専用のマットレスをプレゼント。マサルと広告出演の契約も交わしている。

 これを踏まえ、同社の寝具を10年近く使用している浅田さんは、「エアロもずっと寝ています」などと同社にアピールしたという。その結果、今回のCM撮影が実現したそうで、浅田さんは「マサルよりエアロの方が100%、長く愛用しています」と話して会場の笑いを誘っていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA