真央、老後の夢は「古民家で自給自足生活」

フジテレビ系(FNN)によると。

フィギュアスケーターの浅田真央さん(28)が、千葉・柏市で25日から開催されている「浅田真央展」にサプライズで登場した。

会場に訪れた人は、「涙が出てます、うれしくて」、「スケート滑っていない真央ちゃんに会えるの初めてだったので、すごく感激です」などと話した。

浅田さんは、「初めて大会に出た時の、5歳の時の衣装が飾ってある。そこからずっと見ていくと、自分の成長をすごく感じることができますね」と話した。

会場には、日本中が感動したソチオリンピックのフリーの衣装やシューズ、メダルなどが展示され、浅田さんの歴史を感じることができる。

現役引退から2年、浅田さんには夢があるそう。

浅田さんは、「(夢は)古民家に住む。そこで自給自足の生活ができたらいいな…。わたし、イモ、クリ、カボチャが好きなので、『おイモ』、『カボチャ』、『クリの木』は植えたいなって思います」と話した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA