紀平梨花がSP世界最高得点更新…3回転半成功で83・97点「本当の笑顔が出せた」

スポーツ報知 によると。

  女子ショートプログラム(SP)は紀平梨花(16)=関大KFSC=が冒頭の3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)を成功。83・97点で自身の世界最高得点を1・46点更新し1位だった。

 SPでのトリプルアクセル成功は昨年12月のGPファイナル以来で、ISU公認大会では4試合ぶり。出来栄え点(GOE)は2・86点を引き出し「今季跳んだトリプルアクセルのなかで一番いいジャンプだった。本当の笑顔が出せた」。会心の演技に氷上でガッツポーズを繰り返した。

 国別対抗戦は2年に1度行われ日本、ロシア、米国、フランス、カナダ、イタリアの6か国が参加。男女シングル各2人とペア、アイスダンス各1組のチーム戦、順位に応じて与えられるポイントの合計を競う。女子フリーは13日に行われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA