真央、新元号にJAL新入社員とビックリ「令和ですって、皆さん!」

スポーツ報知によると。

 フィギュアスケート元世界女王の浅田真央さん(28)が1日、都内でJALの入社式に出席し、新元号の発表を聞いた。式の途中で「新元号が今、発表されました」と司会者からアナウンスされると、壇上の浅田さんは約1900人の新入社員の前で「あ~!」と緊張した様子。ざわつく中で「呼吸しましょう。ふぅ~」と笑いを誘い「なんだろう?」と発表を待った。

 会場のスクリーンに「令和」の文字が映し出されると「お~!」とビックリ。「皆さんもそうだと思いますが、私も平成2年生まれ。私たちの人生は、今までは平和とともに歩んで来ましたが、今こうして新しい元号が発表されて、『令和』ですって、皆さん!」と興奮した様子。時代の節目を感じつつ「ついに令和の時代なんですかね。また新たな時代が始まったのかなという感じがすごくしますね。なので、私もまた新たな気持ちで頑張っていけたらなって思いました」と心境を明かした。新元号は5月1日から施行される。

 新元号発表前には壇上であいさつ。「皆さんは今、ドキドキ、ワクワク、期待や不安、色んな気持ちがあると思います。目標がある人、ない人、いらっしゃると思いますが、自分のペースで焦らず前に進んでもらえたらいいなと思っています。そして、仕事をしていく中で挑戦、日々の生活、全てを楽しんでいただけたらいいなって思っております。これから歩んで行く中でも一人では歩んで行けません。家族、仲間、先輩方がいて歩んで行けると思います。感謝の気持ちは忘れずにこれから前に進んでいってもらえたらなと思います」と話した。

 自身の競技生活での経験談も披露。現役時代の最も印象に残っている演技に14年ソチ五輪のフリーを挙げ、当時の心境を語った。「また5月から新たなスタートが始まる。皆さんと一緒に新たなスタートが切れたら。世界中の皆さんの旅行が素晴らしいものになるように、皆さんもお仕事を頑張って下さい」などと激励のメッセージを送った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA