紀平梨花、国際大会連勝止まるも「次に繋がるいいシーズンだった」

デイリースポーツ によると。

 22日に行われた女子フリーの上位3選手によるスモールメダルセレモニーが会場外の特設ステージで行われ、フリー1位で金メダリストのアリーナ・ザギトワ(16)=ロシア=、全体4位ながらフリーでは2位だった紀平梨花(16)=関大KFSC=、同3位で銅メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(19)=ロシア=が表彰された。

 惜しくもメダルを逃し、国際大会の連勝も6でストップした紀平は「SPは悔いが残る結果だったけど、フリーは自分の持っている力を出し切れた。また頑張ろうという気持ちにつながる」と、納得の表情を浮かべた。シニア転向1年目だったが、GPファイナルを制するなど充実のシーズンを送った。「勉強になったシーズン。次につながるすごくいいシーズンになったと思います」と、笑顔で振り返った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA