紀平梨花、フリーで自身最大逆転へ、トリプルアクセル7本連続

スポーツ報知 によると。

 午後に女子の公式練習が行われ、SPで武器となるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)をミスし、7位と出遅れた紀平梨花(16)=関大KFSC=は、本番の衣装を着用して登場。フリー「ビューティフルストーム」の曲かけでは、冒頭にトリプルアクセル―3回転トウループの連続ジャンプを着氷した。

 練習終盤には、7本連続でトリプルアクセルを降りるなど安定感が戻って来た。

 首位のザギトワとは11・18点差。今季の国際大会で4度の逆転Vを成し遂げた紀平だが、最大の点差となる。優勝には、フリーでトリプルアクセル2本の成功を含め、ノーミスの完璧な演技が必須だ。

 女子フリーは22日に行われ、紀平は18番滑走。午後8時22分スタートの予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA