紀平梨花、ジャンプに不安も練習繰り返す…フィギュア最終調整

毎日新聞 によると。

 フィギュアスケートの世界選手権は20日、さいたま市のさいたまスーパーアリーナで開幕した。女子の紀平梨花(関大KFSC)、坂本花織(シスメックス)、宮原知子(関大)の日本勢3人は、昼過ぎの公式練習に臨み、夜のショートプログラム(SP)に向けて最終調整した。

 紀平は、武器のトリプルアクセル(3回転半)の成功が4本にとどまった。曲をかけた演技で連続3回転ジャンプのトーループが回転不足になるなど、精度にばらつきがみられた。練習終了間際まで入念にジャンプ練習を繰り返した。

 坂本と宮原は、演技冒頭で予定される3回転―3回転の連続ジャンプをいずれも成功させ、ともに好調ぶりをうかがわせた。

 また、アリーナ・ザギトワ、エフゲニア・メドベージェワのロシア勢2人も最終調整した。ザギトワは、得点源のルッツ―ループの連続3回転にばらつきがみられ、修正に努めていた。一方のメドベージェワは、軽快な動きを見せていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA