紀平梨花がV本命…14年真央以来の日本人女王へ、海外メディア予想「機は熟した」

THE ANSWER によると。

カナダ放送局が世界選手権を展望「女子の先頭に立つのはリカ・キヒラだ」
 フィギュアスケートの世界選手権(埼玉)が20日に開幕する。女子は有力選手を擁する日本勢とロシア勢の優勝争いとみられているが、カナダメディアは大会を展望。優勝者に紀平梨花(関大KFSC)を挙げている。

 注目の世界一決戦を展望しているのは、カナダ放送局「CBC」だった。記事では「世界選手権は予想の難しい、混沌とした結果を生むかもしれない」と大会全体を予想。女子も激戦を見込んでいるが、優勝に推したのは紀平だ。

 まずはシーズンを振り返り、序盤で昨季全米女王ブレイディ・テネルが勢いを発揮したが、大舞台で安定性を欠いていることを指摘。また、平昌五輪で金銀を独占したアリーナ・ザギトワ、エフゲニアメドベージェワのロシア勢も同様で、国内選手権でジュニア勢に表彰台独占を許したことを伝えている。

 これに続き、記事は「最近、連続タイトル獲得を果たした日本人をこのイベントに加えた時、開催国の選手がタイトルを獲得する期は熟したと言おう」と国際大会で6連勝している紀平の存在をクローズアップしている。
浅田真央以来の日本人女王なるか、鍵は「平常心」か
 日本人で最後に勝ったのは14年の浅田真央とした上で「女子の先頭に立つのはGPシリーズとGPファイナル、そして四大陸選手権で優勝したシニア1年目のリカ・キヒラだ。アナハイム(四大陸選手権)ではフリーで巻き返しを見せ、タイトルを獲得した」と優勝候補の筆頭に日本の16歳をプッシュしている。

 ただし「もし、キヒラが世界で最も熱狂的なフィギュアファンの前で神経質になった場合、すべてがわからなくなってくるだろう」と母国の大応援団を前に平常心を貫いて演技できるかどうかが鍵になると分析している。

 日本勢からは坂本花織(シスメックス)、宮原知子(関大)とともに挑み、ザギトワ、メドベージェワに加え、ソフィア・サモドゥロワを擁するロシア勢らと優勝争いを展開することになる。今季のフィギュア界で大きなインパクトを与えた紀平は有終の美を飾れるか。注目の戦いがまもなく幕を開ける。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA