急転、世界選手権ロシア代表入りのメドベージェワは初V狙う紀平梨花の脅威となるのか?

THE PAGEによると。

ロシアスケート連盟は27日、3月20日からさいたまスーパーアリーナで行われるフィギュアスケートの世界選手権の女子代表の3人目を入れ替え、平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(19)を抜擢したことを発表した。

 ロシアスケート連盟は26日に欧州選手権優勝のソフィア・サモドゥロワ(16)、平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(16)、欧州選手権4位のスタニスラワ・コンスタンチノワ(18)の3人を代表に選び、トリプルアクセルを持つエリザベータ・トゥクタミシェワ(22)とメドベージェワは補欠としていた。だが、十分な議論が行われておらず直前に入れ替えがあることも示唆されていた。
 直前に行われていたロシアカップ・ファイナルでは、メドベージェワが僅差ながら復活V。トゥクタミシェワが2位、コンスタンチノワは4位に終わっていたため、この選出に対しロシアの内外で批判が続出。ロシア連盟のコーチ評議会が、緊急開催され、27人中19人がメドベージェワを支持、トゥクタミシェワは7人でコンスタンチノワを推す票はなかったため、急転、異例の入れ替えが行われた。

 コンスタンチノワは、3月2日にロシアで開催される冬季ユニバーシアード大会に出場予定で、もしここで大敗するようであれば交代が議論される可能性が残っているとされていたが、世界選手権を重要視しているロシアの動きは迅速だった。

 対する日本勢は、直前のオランダでのチャレンジ・カップで前哨戦を逆転優勝で終えた紀平梨花(16、関大KFSC)を筆頭に、坂本花織(18、シスメックス)、宮原知子(20、関大)の平昌五輪代表コンビが出場するが、このメドベージェワの逆転代表入りは、日本勢にとって吉と出るのか、凶と出るのか。グランプリファイナル女王の紀平は、このロシアの3人に勝つことができるのだろうか。

 元全日本2位で福岡で後進を指導している中庭健介氏は、「予想外の展開ですが、日本対ロシアの構図がより鮮明になった」という。

「今回、考えられないような選考になりましたが、それだけレベルの高い選手がロシアに揃っていたということでしょう。私は欧州選手権で優勝したサモドゥロワ、ザギトワに続く3人目は、直前のロシアカップファイナルでメドベージェワが優勝したことで誰が選ばれるか賛否が分かれ微妙だと考えていました。ロシアカップファイナルはメドベージェワが勝ちましたが、1点差の僅差でフリーでは2位でした。2位だったトゥクタミシェワは、唯一紀平さんに対抗できるトリプルアクセルがあり、グランプリファイナルでは3位です。ただロシア選手権は肺炎で欠場していました。その中で、当初、コンスタンチノワを選んだのはロシア選手権でシニア年齢の選手の中では最高位の4位だったことを評価したのだろう、と捉えていたのですが、最終的には、勢いが出てきて最も安定感のあるメドべージェワを選びましたね。ある意味、日本勢にとって一番、怖い選手です。いずれにしろ、ロシアの3人と日本の3人のレベルが他の国に比べて抜け出ています。ロシア対日本という200点を超えてくる6人による対決構図になると思います」

 メドベージェワは、平昌五輪後にザギトワと同じだった“鉄の女”の異名をとるエテリ・トゥトベリーゼ・コーチの下を離れ、カナダ・トロントへ飛び羽生結弦らが師事するブライアン・オーサー・コーチとコンビを組んだ。しかし、結果はすぐには出ず、今季はGPシリーズのカナダ杯で3位、フランス杯で 4位と一度も表彰台の頂点に立てず、世界選手権の代表選考を兼ねたロシア選手権では、今季ベストの205.90点をマークしながらも7位に終わっていた。

だが、それも「新しいコーチ、環境に慣れるのに時間はかかります。すぐに結果が出ないのは当然と言えば、当然だったのです」(中庭氏)というもので、大会の数をこなしながらフィット。ロシアカップ・ファイナルでは、222.90をマーク。221.19だったトゥクタミシェワの追撃から逃げ切り復活の予感を漂わせた。

「トゥクタミシェワは、トリプルアクセルがあり、技術点の高さが特徴ではありますが、最近安定感が増したとは言え、他のジャンプでのミスや内容により、演技構成点にはムラがあります。対してメドベージェワは、ジャンプ要素が決まりさえすれば、演技構成点が安定しており確実に順位は取れます」
 中庭氏は、そう警戒した。

 紀平とメドベージェワは昨年11月のフランス杯で直接対決。紀平がショートプログラムの2位から逆転優勝を果たし、メドベージェワはSPの3位からフリーでもダブルアクセルで転倒するなど4位に惨敗していた。だが、この数か月でメドベージェワは復調、あのときのメドベージェワとは同じではない。

 また紀平と同じく今季からシニアデビューしたサモドゥロワは、5種類の3回転+3回転の安定したコンビネーションジャンプを持っている伸び盛りの選手だ。
 GPシリーズは、アメリカ杯が3位、ロステレコム杯が2位でフGPファイナル出場権を得て、そのGPファイナルでは5位だったが、204.33点をマーク。欧州選手権ではミスのない演技で213.84点を叩き出して優勝している。
「初出場で優勝するなど勢いに乗っています。紀平さん同様に今シーズンよりジュニアからシニアへ転向した選手です。また、彼女は2、3年ほど試合では大きなミスがなく、安定感のある演技が1番の武器です」と、中庭氏は評価している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA