紀平梨花、優雅な舞いに地元紙もうっとり エキシビ演技に称賛「神童が音楽と一体に」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのチャレンジ・カップ(オランダ・ハーグ)は24日、女子フリーが行われ、紀平梨花(関大KFSC)がフリー1位の141.90点を記録し、合計208.34点で優勝。今季国際大会6連勝とした。競技後にはエキシビションが行われ、優雅なスケーティングで観衆を魅了。現地メディアは「日本の神童が音楽と一体となった」と喝采を上げている。

 紀平がエキシビションでも美しくオランダのフィギュアファンを酔わせた。「Faded」のしっとりとした曲調に合わせ、情感豊かに舞った紀平。オランダ紙「フォルクスクラント紙」も大会の主役に脚光を浴びせている。

「日本のフィギュアスケーター、キヒラがデン・ハーグで音楽と一体になった。日曜日のエキシビジョンは予想通りの結果となったチャレンジ・カップを締めくくった。日本人たちがメインとなっていたが、その中でも神童、リカ・キヒラが中心だった」

 記事では紀平がトリを務め、優雅に舞った様子を伝えている。

「この日の最終滑走はチャレンジ・カップの覇者で日本の神童のキヒラだ。Fadedの曲調に合わせ音楽と一体となり、力みのないスケートを披露した」と演技の様子をレポートしている。
日本から4社のテレビクルーが帯同したことも紹介
 フリーではトリプルアクセルを成功させ、逆転優勝を飾った。今季の活躍ぶりと合わせ、同紙はこう表現している。

「彼女がアウトホフのスケートリンクに描いた曲線はスケートをするために生まれてきた子のものだった。この日本人は16歳としてはセンセーショナルな活躍を今シーズン見せている」

 グランプリシリーズで全試合優勝し、唯一の敗戦が全日本選手権だったことも紹介。「自国では僅かなミスでも許されない」と日本のフィギュアのレベルの高さにも驚きをつづっている。

 決してビッグタイトルとは言えない「チャレンジ・カップ」にも関わらず、日本からは4社のテレビクルーが帯同していたことにも触れている。

 紀平が待望されていた世界女王だとし、3月の世界選手権でも中心選手になると伝えている。シニアデビューイヤーに圧倒的な強さを見せ続ける新女王。16歳にして誇る、その優雅さにオランダのメディアも、ファンも虜になったようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA