逆転Vの宇野昌磨「最後は無心でやったのがよかったんじゃないか」

デイリースポーツ によると。

 欧州以外の国・地域が参加して行われ、男子ショートプログラム(SP)4位の宇野昌磨(21)=トヨタ自動車=がフリー1位で逆転し、合計289・12点で優勝した。フリーの197・36点は羽生結弦(24)=ANA=の190・43点を上回るルール改正後の世界最高。宇野は主要国際大会初の金メダル。前日に女子は紀平梨花(16)=関大KFSC=が制し、日本勢の男女同時優勝は2014年の無良崇人、村上佳菜子以来5年ぶりとなった。以下、一問一答の要旨。

 -右足首の状態は。

 「今はもう痛むことはない。もう一度ひねらない限り再発しないと思っているが、世界選手権でいい成績を残すには、たくさんの練習をしないといけない。無理せずに無理をする。難しいことだが、けがをする、しないのギリギリのラインで頑張って練習しようと思う」

 -フリーは世界最高点。練習を積んでいない中で高得点が出た理由をどう考えるか。

 「試合という特別な場だからこそ、こんな状況でも、こんな演技ができたんじゃないかな。失敗しなければ僕以外にももっとたくさんいい点数を出す選手はいる。世界選手権でもっといい点数を出せるように頑張りたい」

 -6分間練習前から気合が入っていた。

 「色々考えていた。気持ちだけでとか、気合、力でどんなジャンプでもおりてやろうとか、自分を信じるとか、攻めるとか、大丈夫できるとか…。色々考えてはいたが、最後(スタートに)立った時にやっぱり何も考えず、そこからは覚えてない。最後は無心でやったのがよかったんじゃないか」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA