紀平梨花 「ミス許されない」高い集中力で逆転初優勝 6分間後に3回転半1本を決断

デイリースポーツ によると。

 女子フリーが行われ、SP5位の紀平梨花(16)=関大KFSC=が逆転で大会初優勝を果たした。シニアでの国際大会は5戦5勝。会見では「ミスは許されない」と高い集中力を持って臨んだと振り返った。

 紀平は冒頭に単独の3回転アクセルを成功。続く連続ジャンプは3回転アクセルをつかわず2回転アクセル-3回転トーループとした。7番目の要素に配置していた当初は3回転ルッツ-2回転トーループを3回転ルッツ-3回転トーループにして得点を積み上げた。全体を通して大きなミスなくまとめ、観衆からはスタンディングオベーションで称賛された。

 会見では「SPがあまりいい演技ではなかったので、ミスは許されないと感じていて、いつもより集中できていた。そこがすごくよかった」と振り返った。3回転アクセルを1本の構成にしたことは「6分間練習が終わるまで決めていなかった。終わった時に、やっぱり思った以上に試合のリンクに慣れ切っていなかったので、トリプル(3回転)アクセル2本は難しいかなと感じた」と説明。「無理することなく、安全にいい成績を残せるように考えて、1本と。6分間が終わった時に考えました」と語った。

 SPでは冒頭の3回転アクセルが抜けて得点が0点になってしまう1回転アクセルになったことが響き、5位発進となっていた。また、大会前の練習で左手薬指を亜脱臼したことも心配されていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA