高橋大輔「特別審査員」騒ぎの奇妙な顛末…社交ダンス大会の舞台裏で何が起きたのか

J-CASTニュースによると。

 バンクーバー五輪フィギュアスケート銅メダリストの高橋大輔さんが社交ダンス大会の「特別審査員」を務める――という内容の広告がダンス専門誌に掲載された。だが、これが「誤り」だったとして大会主催団体や雑誌社が謝罪した。

 先立って高橋さんのマネジメント会社が、高橋さんが審査員であるとする内容は「事実無根」であり、高橋さんの名前が「無断」で使われた、とする注意文を公式サイトに掲載。波紋が広がっていた。

■「ご本人の都合により来られないため辞退されました」

 事の発端は2019年1月26日発売の『月刊ダンスビュウ』3月号に掲載された、社交ダンス大会「2019スーパージャパンカップダンス」の1ページ広告。ここに、

  「特別審査員に和泉元彌、湖月わたる、高橋大輔が決定!」

と強調して書かれているのが分かる。

 同大会は公益財団法人日本ボールルームダンス連盟(JBDF)(東京都中央区)の主催で、3月2~3日に幕張メッセ(千葉市)で開催される大規模なものだ。チケット代は高価な席で2万2000円する。

 広告は誌面にのみ載っていたが、発売前の1月24日、同誌の版元であるモダン出版(東京都文京区)が公式サイトやツイッターで、次のように訂正すると発表(現在は削除)。多くの人の目に届くことになった。

  「特別審査員に高橋大輔さんが予定されていましたが、ご本人の都合により来られないため辞退されました。高橋大輔さんの来場はありません。誌面の訂正が間に合いませんでしたので、ここで訂正いたします」
「選手の信頼性を著しく傷つける行為」
 すると、高橋さんのマネジメント会社ユニバーサルスポーツマーケティング(東京都港区)が1月29日、高橋さんの公式サイトに注意文を掲載した。「高橋が『2019スーパージャパンカップ』の特別審査員をお受けし本人の都合により辞退した、との発表がございました」とした上で、

  「しかしながら、当該サイトにて発表されたような高橋大輔が審査員をお引き受けしたという事実はなく、そのため審査員を辞退したという事実もございません。当該サイトに記載されております内容は事実無根であり、高橋大輔の名称の記載は無断で行われているものです」

と、特別審査員の「辞退」だけでなく、そもそも「引き受けた」こと自体を否定した。

 注意文によると、大会事務局から特別審査員の依頼はあったものの返事をしていないといい、その状態でこうした発表がなされたことには「選手の信頼性を著しく傷つける行為でありマネジメント会社として断じて許すことはできません」と不快感をあらわにしている。

 この主張が事実であれば、高橋さん側としては名前が無断で利用された上、引き受けてもいない特別審査員を自己都合で辞退した、と発信された形になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA