ザギトワ、ぬいぐるみに埋もれる1枚でファンへ日本語メッセージ「みんな本当に最高」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートの欧州選手権(ミンスク)で2位に終わり連覇を逃した平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)。自身のインスタグラムを更新し、ファンから投げ込まれたぬいぐるみに埋もれる1枚を公開。さらに日本語でファンへの感謝をつづっている。

 フリーでミスが出て、シニア初の“200点割れ”に終わったザギトワ。まさかの結果となったが、本人は1枚の写真を公開し、気丈に心情をつづっている。

 ファンから贈られた大量の大小さまざまなぬいぐるみたちに囲まれるザギトワ。自身の背丈よりも大きなクマや、日本のファンから贈られたと思われるリラックマなどもあり、黒の衣装に身を包んだ若き女王の表情は明るかった。

 感激した様子のザギトワは、ロシア語、英語、日本語でファンへの感謝をつづっている。
ロシア語、英語、日本語でファンに感謝のメッセージ
「欧州選手権で2019年初の貴重なメダルを取ることができました! 開催地ミンスク、そして、私を支えてくれたすべての皆様、ありがとうございました。特に、スケート上でのぬいぐるみフラッシュモブをしてくださったファンの方に、感謝を伝えたいです。みんな本当に最高です。

 みなさまの応援が、私に自信を与え、みなさまへ次のパフォーマンス見せたいというモチベーションになります。子どもたちへ幸せを運んでくれることを願って、皆様から頂いたぬいぐるみたちは、孤児院へプレゼントさせていただきました。欧州選手権で2019年初の貴重なメダル」

 絵文字もふんだんに使い、ファンへの感謝の思いを率直に伝えている。投稿にはロシアだけでなく、日本人ファンや英語圏のファンも続々反応。「きれい」「お嬢ちゃん、すごかったよ!」「あなたは素晴らしいスケーター」「ずっと応援します! 私たちがあなたを信じるように自分を信じて」「あなたのスケートに刺激をうけ、励まされました」「世界選手権までゆっくり休んでね」などとコメントがつけられていた。

 ロシア選手権で5位、そしてフリーで失速した今回と苦しむザギトワ。試行錯誤している様子もうかがえるが、ファンの声援を力に本来の姿を取り戻す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA