真央 、紀平梨花「真央さんに憧れて頑張ってきた」と話していたので、とても嬉しかった

Number Web によると。

 NHK杯で紀平(梨花)さんが決めたトリプルアクセル、私も見ていました。素晴らしかったですね。私は伊藤みどりさんに憧れて、トリプルアクセルを受け継いできました。それを後輩に繋いでいきたいと思っていましたし、紀平さんも「真央さんに憧れて頑張ってきた」と話していたので、とても嬉しかったです。この試合のあと、みどりさんとそのことについて話したんです。

 「バトンが紀平さんに繋がりましたね。こんなに嬉しいことはないですね。これからも日本の女子フィギュアスケート界、頑張ってほしいですね」って。

 今シーズンを観ていて、改めて新世代はすごいと感心しています。女子でも4回転+3回転のコンビネーションジャンプを跳ぶ選手が出てきていたり、私が選手だった頃よりもレベルが上がっています。周りの選手たちが高いレベルにいると「自分ももっと頑張らなくちゃ」という刺激になり、引っ張られるので、自然とスケート界全体のレベルが高くなっていくんです。

 みどりさんはいつも私のことを気にかけてくださっていて、ときどきラインでメッセージをいただきます。

 NHK杯の最終日に行われたアイスショーにみどりさんはご出演されていましたが、その後にもやりとりをしましたよ。私のブランド「MaoMao」のグッズにヘアゴムがあるんですけど、みどりさんから「真央ちゃん、密かにね、あのヘアゴムをつけて滑ったんだよ」って、写メつきでラインが来ました(笑)。

 ショーをやるときはいつも、みどりさんに見にいらして欲しい、とお声がけしているのですが、サンクスツアーの福岡公演にもいらしてくださいました。ツアーグッズのタオルも持ってきてくださって、メンバー皆と写真も撮り、とても楽しいひとときでした。

リーダーとしての仕事を意識。
 ツアーは年内残すところあと1回、12月の島根公演です。今はとても細かいところを直している最中で、顔の向きや指先の伸ばし方、首の角度など、動きのひとつひとつを調整しています。

 私はこれまで自分のことで精一杯で、メンバーには細かいところまで注意をせず、目を瞑っていた部分もありました。でも、リーダーとしてはもっとやれることがあったんじゃないか、と少し反省していて。

 メンバー全員、まだまだ伸びしろがあるので、振り付けを覚えたらおしまい、ではなく、もっと綺麗になるんだよ、もっと上を目指せるんだよと伝えています。みんなの吸収力は目を見張るものがあるのでこれからが楽しみです。
小さい頃の自宅でのトレーニング。
 島根公演に向けて練習メニューの中に体幹トレーニングも取り入れ始めました。基本的な内容ですが、新鮮なようで、みんな楽しんでくれています。

 私も現役時代はスケートの練習と同じくらい、トレーニングに力を入れていました。小学校低学年から中学に入るくらいまでは、ジムに入れなかったので、家でやっていたんです。家の地下に母がジムを作ってくれて、ダンベルやトランポリン、マシーンなどが置いてありました。リンクに練習に行く前と帰ってきた後、毎日欠かさず行っていましたね。

 試合に遠征する日も、家でトレーニングをしてから行っていました。小さい頃は母が色々とトレーニング方法を勉強してくれて、鍛えるというよりは、怪我をしないための体づくりを行っていました。

 来年もツアーは続いていくので、メンバーには基礎体力をつけていってもらいたいです。
お客さんのためにも、妥協はなし。
 今回もメンバーを紹介しますね。これでメンバー紹介はラストです! 若い女の子2人、
20歳の(山本)まりと、最年少18歳の(河内)理紗です。

 2人ともオーディションではじめて会いました。最初の方は、緊張していたのか、2人とも全然話してくれなかったんですよ。返事とかも小さくて、大丈夫かなって心配だったんですけど(笑)、今は少し慣れてくれたみたいです。

 理紗は最年少なのに一番落ち着いていて、とにかく度胸が据わっている! ショーには今まで出たことがないのに、全く緊張していなくて、本番30分前にラウンジでお菓子食べてたりするんですよ(笑)。

 まりも休憩中はよくスマホでゲームしていたり、2人とも「いまどきの子」って感じで、見ていて面白いです。まだ私の前では人見知りしているみたいで、半分くらいしか自分を出せていないんじゃないかなって思いますが(笑)、練習中はしっかり真面目に取り組んでくれていますね。

 島根公演はツアー1年目の集大成。メンバーみんなも1年間やってきて、慣れてきたり、気持ちが緩んできた部分があります。でも、お客さんはお金を払って見に来てくださる。「ここまででいいや」という妥協は一切せず、最終公演までの日々、頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA