紀平梨花、世界選手権へ闘志

日刊スポーツ によると。

フィギュアスケート女子でシニア1年目の紀平梨花(16=関大KFSC)が21日、関西スポーツ賞(個人の部)を受賞した。

18年11月のグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯(広島)では、日本勢初となるGPデビュー戦優勝。同年12月のGPファイナル(カナダ・バンクーバー)では初出場初優勝を果たした。

現在は米国で合宿を行っており、大阪市内で行われた表彰式は欠席。ビデオメッセージの形で「世界選手権(3月、さいたま)が日本開催なので、ショートプログラム、フリーで完璧な演技ができるように頑張りたいです」と意気込んだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA