羽生結弦出場の埼玉・フィギュア世界選手権のチケットが高騰 ベテランファンが教える入手方法とは?

AERA dot. によると。

 さいたまスーパーアリーナ(さいたま市)で世界フィギュア選手権が3月20日、5年ぶりに開幕するが、ネット上ではすでに壮絶なチケット争奪戦が繰り広げられている。日本から男子が羽生結弦、宇野昌磨、田中刑事、女子が坂本花織、紀平梨花、宮原知子の計6人が出場する。

 世界フィギュアのチケットは、全日程を同じ席で楽しめる「5日間通し券」と、日付指定の「単日券」の2種類がある。価格は通し券が6万5千円~10万円、単日券が5千円~2万5千円。通し券は抽選制なので、購入できるのは当選者のみとなる。

 正規ルートではほぼ完売となっていた1月18日、あるチケット売買サイトをのぞいてみた。トップページに据えられた「ISU世界フィギュアスケート選手権大会2019」の大会名をクリックすると、出てる出てる、すでに300件以上! 最も高額なのは、通し券1枚45万円。正規価格の4倍以上だ。購入を検討していることを示す「ウォッチリスト」の登録数は25になっていた。単日券の最高額は、男子シングルのショートプログラムが行われる21日のPremium席(最もリンクに近い席)で、1枚28万円。同席の正規価格は2万5千円なので、実に10倍以上! それでもウォッチリスト登録数は18だった。

 すでにチケットを入手しているスケートファンの40代女性に話を聞いた。毎年ジュニアからシニアまで外国人も含めて幅広く見ており、今回は家族にも協力してもらいながら正規ルートの通し券の抽選に申し込み、なんとかB席(6万5千円)を入手したという。

「海外で開催される世界選手権の予算と比較すると、航空券、宿泊費、通し券を購入すれば、アジア圏なら20万円以上、北米亜ヨーロッパなら30万円以上かかります。なかなか海外に行けないファンならば、購入する人もいるでしょう。埼玉スーパーアリーナは座席数が多いので、案外簡単にチケットが取れてしまったため、転売しているファン初心者もいるのではないでしょうか」

 渡航費がかかる点や、仕事を長期で休む点などを比べると、海外観戦よりもはるかに気軽な国内観戦なら、初心者が「今こそ!」と参戦したくなる気持ちもわかる。

 普段から転売サイトを利用せず、ファン仲間とチケットを譲り合ったり、国内をあきらめて海外に観戦しに行ったりするというこの女性。意外にも狙い目なチケット入手方法を教えてくれた。

「(公式サイトでは)一般三次販売までされていますが、見切れ席や当日券の販売があるかもしれません。見切れ席は大会直前に先着で販売されて、転売目的の購入が少ないので、一般販売より取りやすい場合があります。大穴は当日券。販売がある場合、朝から並んでもB席しかなかったのに、試合が進んで最終グループの6人になった時点でチケットブースに行くと、招待客がキャンセルしたチケットなどで、偶然(よりリンクに近い)S席を入手できる場合もあります」

 最終の6人のみとなると30分にも満たない演技時間に2万円近くをつぎ込むことになるが、「お目当ての選手が見られるならいい」というファンにとっては、選択肢の一つになる。

 今大会の目玉は、やはり4カ月ぶりに大会リンクに舞い戻る羽生結弦。右足首のけがで昨年12月の全日本選手権は欠場したが、11月のグランプリシリーズでは世界最高得点をたたき出しており、優勝候補として期待を寄せずにはいられない。

「現在の日本のフィギュアスケートファンは、だいたいが羽生ファンでしょう。羽生は最近日本で見られるチャンスが少ないので、転売サイトでチケットを買うのはほとんど羽生ファンでしょう。羽生はアジアの近隣国にも人気があるので、中国人が高値で購入するということもあるかもしれません」(前出の女性)

 平昌冬季五輪で成し遂げた偉業から1年。けがを乗り越え、さらなる進化を遂げた王者の舞を、世界中のファンが心待ちにしている。

「次の日本開催の世界選手権はおそらく4,5年後になるでしょうから、日本開催の世界選手権で羽生が見られるのは最後かもしれません」(同)

 となれば、にわかだろうとベテランだろうと、羽生ファンなら是が非でも会場で演技を拝みたい!? チケット争奪戦に、さらなる拍車がかかりそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA