紀平梨花に本田真凜は追いつくことができるのか?

AERA dot. によると。

 2016年世界ジュニア選手権を初出場で制し、翌年はアリーナ・ザギトワ(ロシア)に敗れたものの合計得点を201.61点にして2位に。平昌五輪シーズンにはシニアに移行し、そのまま一気に駆け上がるのではないかと期待を集めていた本田真凜。だが、シーズン初戦のUSインターナショナルクラシックではショートプログラム(SP)、フリーともにノーミスの演技で198.42点を獲得して優勝する素晴らしい滑り出しをしながらも、次のスケートカナダのSPではミスを連発して10位発進と失速してしまう。GPシリーズ第2戦の中国杯は5位ながら198.32点と少し持ち直したが、全日本選手権では精彩を欠いた演技で7位と、尻すぼみになってしまった。

 結局、シーズン最後のチャレンジカップもSPで大きく乱れ、フリー2位で持ち直して3位になったが、得点は160.19点。そんな屈辱からの復活を果たすため、今年春からは練習拠点を米国に移し、男子のネーサン・チェン(米国)などを指導するラファエル・アルトゥニアンの指導を受けることにした。

 だが、その新たなシーズンも苦戦が続いている。初戦のネーベルホルン杯ではSP、フリーともに回転不足が出てしまい、178,89点で6位。17年世界ジュニア選手権で優勝を争ったザギトワには60点近い差をつけられる結果になった。さらにGPシリーズ初戦のスケートアメリカは、捻挫の影響もあったというが、フリーでは7本のジャンプすべてでミスをする大崩れで158.04点で8位。次のフランス国際ではSPでトップに立った三原舞依に2.58点差の4位につけて期待を持たせたが、フリーでは崩れて188.61点で6位と結果を残せなかった。

 昨季までは一緒に濱田美栄コーチの下で練習をしていた1歳下の紀平梨花が、シニア初挑戦の今季はGPシリーズで2試合優勝しただけではなく、GPファイナルでもザギトワを撃破して233.12点の自己最高得点で優勝して注目を浴びている中、本田は大きく差をつけられる結果に。その原因はどの試合でもジャンプで回転不足を多発していることだ。

 それでも彼女の大きな長所である滑りや動作のしなやかさ、観客の気持ちも引き込んでしまうような表現の豊かさは彼女の持っているポテンシャルの高さを示すものだ。フランス国際のフリーは前半の3回転+3回転が3回転+2回転になり、3回転サルコウと連続ジャンプの3回転フリップが2回転になったり、他にもふたつの回転不足を取られて123.24点で6位の得点だったが、演技構成点は5項目すべてを8点台にして65.68点を獲得し、合計で2位になった三原には0.26点差、優勝した紀平には0.37点差。ジャッジもその滑りの資質を認める結果だったのだ。

 本田はもともと身体能力も高く、どんな競技でもすぐに習得できてしまう非凡な運動センスの持ち主だ。だが、その天才肌ゆえに練習に熱心に取り組まないと指摘されていた。ジャンプも他の選手が必死に跳び込んでそれを自分のものにするが、彼女の場合は簡単に身に付けてしまう。それゆえに、試合では気の緩みが出てしまうのだろう。

 米国では兄の太一と一緒に暮らして練習に励んでいるが、まだその環境に慣れきっていないというのが現実だろう。そんな中でこれから彼女がどう自分を見つめながら練習を積み上げていくのか。しっかり我慢して取り組むことができれば、本田の大きな開花は可能だろう。

 そうなれば紀平や宮原知子、坂本花織、三原舞依、樋口新葉などと激しく北京五輪代表を争う構図になり、日本女子フィギュアのさらなるレベルアップにもつながるはずだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA