紀平梨花に誘われ、細田采花がトリプルアクセル3本決めた

毎日新聞 によると。

 先月のフィギュアスケート全日本選手権(大阪)で、女子の細田采花(あやか)=関大=がトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を計3本決め、自己最高の8位と健闘した。一度は決めた引退を撤回し、大技を求めて競技を続けてきた23歳のスケーターは満面の笑みを浮かべた。

 ショートプログラム(SP)10位で迎えた先月23日のフリーで、冒頭のトリプルアクセル―2回転トーループの連続ジャンプを決めた。続くトリプルアクセルは高く、美しかった。演技を終えるとスタンディングオベーションに包まれた。合計185・74点は自己ベストを大幅に更新した。「この日のためにやってきた。長らくお待たせしました」と充実感をにじませた。

 大阪府に生まれ、小学3年で本格的にスケートを始めた。浅田真央さんのトリプルアクセルにあこがれた。「女子でも跳べるのはすごい衝撃。頭の片隅で跳びたいとずっと思っていた」。練習を積み、近畿選手権では2014年の優勝をはじめ、3度表彰台に上がった。国体成年女子でも2度、表彰台を経験した。だが国際大会はジュニアの下のカテゴリーのノービス時代に出場したことがある程度で、大学卒業と同時にリンクを去るつもりだった。

 大学4年の17年1月の国体で引退の花束も受け取った。だが3月、同じリンクで練習する紀平梨花(関大KFSC)に誘われ、トリプルアクセルに挑戦すると、成功した。「『あっ、降りちゃった』という感じ」。跳びはねて喜んだが、周囲は「どうするの?」という反応だった。「あきらめずに練習したら跳べるようになるっていうのを見せたい」と引退を撤回し、休学して現役を続けてきた。

 スケートを始めたころから送迎や応援など献身的に支えてくれた母貴子さんはその決断も支持してくれた。浜田美栄コーチは引き続き厳しく温かく指導してくれた。17年の全日本選手権は上位24人によるフリーに進めなかったが鍛錬を続けた。

 SPのタンゴ曲は母、フリーの映画音楽は浜田コーチの望みで決めた。「達成感がある。恩返しできたかな」。支えてきてくれた2人への感謝の舞でもあった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA