紀平梨花VSザキトワ、4回転の新星たち続々でフィギュア女子は戦国時代

AERA dot. によると。

 2018年のフィギュアスケート女子は、平昌オリンピックでロシアのアリーナ・ザギトワの15歳(当時)で優勝という衝撃に始まり、その後は「日本vsロシア」の争いとなった1年だった。2019年もフィギュア女子界は続々と新星が出てくる「日本vsロシア」の構図の戦国時代となっていきそうだ。

 日本、ロシア、2018年末の同時期に行われたフィギュアスケートの国内選手権で、女子シングルスの結果が驚きを呼んだ。

 日本では、坂本花織(18)が、紀平梨花(16)や宮原知子(20)を破って優勝した。特に、紀平は直前にあったグランプリ(GP)ファイナルで優勝して勢いに乗っていただけに、坂本の優勝は意外と見られた。

 一方、ロシアでは恐るべき結果が。平昌五輪の金メダリスト、アリーナ・ザギトワ(16)が5位に沈み、ジュニア世代が表彰台を独占した。さらに今シーズン不調とはいえ、エフゲニア・メドベージェワは7位の結果に終わり、衝撃が走った。

 表彰台に上がったのは、1位アンナ・シェルバコワ、2位アレクサンドラ・トルソワ、3位アリョーナ・コストルナヤ。それぞれ14歳、14歳、15歳とジュニア世代の選手たち。シェルバコワやトルソワは4回転ジャンプが跳べることで注目はされるなど、いずれシニアで活躍すると見られていた。しかしながら、いきなり女王ザギトワをやぶり、それも3人と、ロシアの選手層の厚さを見せつけた。

 日本でもロシアでも、次々と有力選手が現れており、2018年12月のGPファイナルでは出場6選手のを日本とロシアで占めた。19年3月に埼玉で行われる世界選手権でも同じく「日本vsロシア」の構図になるのではないかと言われている。ただ、年齢制限もあり、ロシアの新星シェルバコワとトルソワは出てこないが、ザギトワは出場の見込み。さらに、ロシア選手権を肺炎で欠場したが、GPファイナル3位の実力者エリザベータ・トゥクタミシェワ(22)も選ばれるのではと現地で報道されている。

スポーツライターの折山淑美さんは、全日本選手権の結果に驚いたという。

「紀平はGPファイナルの優勝という結果とか、トリプルアクセル(3A)という武器を持っているから、優勝の可能性はあるなとは思いましたが、坂本の優勝にはびっくりしました。点数も228まで伸ばすとは。今までよりも大きなジャンプをしていましたし、堂々と滑っていたので加点も多かった。そういうのもジャッジに定着してきたなと思います」

 坂本や紀平に次いで3位となった宮原についても評価する。

「まだジャンプを変えている段階。平昌五輪を終えてから始めたから、そうそう簡単に変えられる訳ではない中でも、きっちり結果を出している」(折山さん)

 一方で、元フィギュアスケート日本代表の渡部絵美さんは、4位の三原舞依(19)の演技を評価する。

「三原選手は残念ながら4位でしたが、非常に上手かった。彼女のような、ノーミスで綺麗に最後まで演じきれる方が、私個人としては好きですので、上位選手がジャンプの失敗とかあった中で、4位という結果は少し可哀想ですね。彼女はオールラウンドに、綺麗に滑ることができます」

 地元開催の世界選手権で日本勢が表彰台を独占できるか。ロシア国内の1位、2位は不出場であり、ザギトワもやや不調。大いにチャンスはあると期待したいところ。しかし、折山さんは、ザギトワが再び這い上がってくると見る。

「五輪の翌シーズンで休養する選手もいたり、日本とロシア以外に有力選手はおらず、確かにチャンスはあるかもしれません。しかし、(不調と言われる)ザギトワは身長も伸びた影響や、今シーズン(2018・19年シーズン)から(演技する)プログラムを新しくし、まだ完成していないだけ。これまでと違った構成に慣れていないだけではないでしょうか。ジャンプなど一つ一つを見れば、きっちり跳べています。世界選手権まで復調する可能性は高いです。あと、本来みっちりトレーニングすべき夏とかに、五輪チャンピオンとしてバラエティ番組とか出ていて、練習する時間がなかったのでしょう」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA