紀平梨花、海外で「甘美でゴージャス」と称賛された“もう一つの美しさ”とは

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルを制し、一躍、スターダムにのし上がった紀平梨花(関大KFSC)。代名詞の3回転アクセルが称賛の的になったが、海外では16歳がまとった衣装も高く評価されている。米国のファッションデザイナーのニック・ベレオス氏が「甘美でゴージャス」「私はこれが大好きだ」などと絶賛している。

 紀平は3回転アクセルだけじゃない。演技を彩る“もう一つの美しさ”も脚光を浴びている。

 定期的に世界のフィギュア選手の衣装を評論し、フィギュアファンにも知られるベレオス氏。様々な衣装が氷上を彩る新シーズンについて、自身の公式ブログで「氷上のスタイル…2018年のコスチュームまとめ:2018年女子のフィギュアスケートのコスチューム」と銘打って分析。各国選手の衣装についてショートプログラム(SP)、フリーそれぞれの批評を展開している。

 高い評価を受けた一人が紀平だった。SPはドビュッシーの「Clair de Lune」。淡いブルーを基調とし、スパンコールをあしらった一着だ。「リカのこの衣装は人形のようでとても可愛い」と評した上で「私はこのベイビーブルーとライラック(薄紫)の色合いが好きだ。フリルのついた衣装は甘美でゴージャス。首のラインは華やかかつ可愛らしい」と色使い、デザインを評価した。
フリーの衣装も高評価、「私はこれが大好きだ」と評した部分は?
 フリーはジェニファー・トーマスの「Beautiful Storm」。こちらは打って変わって濃紺のシックな衣装だ。「シャープでスパンコールは明るさがあり『Beautiful Storm』に沿った雷が基本の形だ。私はこれが大好きだ。可愛さよりも上品さを備えている。ショートの衣装とは対照的だ。わずかに左右非対称のスカートには濃淡さがある」と、こちらも手放しで称賛していた。

 紀平といえば演技のみならず、衣装にも高いこだわりをもって作り上げている。ベレオス氏は選手の知名度、実力に関わらず、辛辣な評価を与えることもあるが、そんな16歳の衣装に感銘を受けた様子だ。全日本選手権で2位に入り、来年3月の世界選手権代表に決定した紀平。持ち前の演技のみならず、衣装も海外から注目を集めている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA