トゥクタミシェワ、世界選手権代表へ後押し!? コーチ明言「準備するよう依頼受けた」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのロシア選手権は優勝した14歳アンナ・シェルバコワ以下、驚異のジュニア勢が表彰台を独占。この結果を受けて同国スケート連盟は欧州選手権(1月・ベラルーシ)の代表を発表。シニア最上位4位のスタニスラワ・コンタンティノワ、5位のアリーナ・ザギトワ、6位のソフィア・サモドゥロワを選んだ。一方で、世界選手権(3月・埼玉)の代表に関しては未定。誰を選考するかについて、ロシアでは様々な声が上がっているという。

 欧州選手権の代表には3人が決定。肺炎のためロシア選手権を欠場したエリザベータ・トゥクタミシェワ、同7位となったエフゲニア・メドベージェワの2人が補欠となっている。一方で世界選手権の代表の座を巡っては、ロシア国内で様々な報道がなされている。

 ロシアメディア「R-sport」は、トゥクタミシェワのコーチを務める、アレクセイ・ミーシン氏の「連盟は私に世界選手権に向けてトゥクタミシェワを準備するように依頼した」というコメントを見出しに記事を展開している。

 記事では「ロシアの功労コーチ、アレクセイ・ミーシン氏が、ロシアフィギュアスケート連盟が世界選手権に向けて彼にエリザベータ・トゥクタミシェワを準備するように依頼したと述べた」とつづり、ミーシン氏のコメントを紹介。

「連盟は私にリーザ(トゥクタミシェワの愛称)を世界選手権に向けて準備するように依頼した」と語ったという。

 トゥクタミシェワは今季GPシリーズのスケートカナダで復活V。GPファイナルでも3位に入ったが、国内選手権は肺炎のため欠場していた。
一方で、タラソワ氏はメドベージェワも候補入りさせるべきと主張
 一方で、同メディアの別の記事ではロシアの重鎮、タラソワ氏が五輪銀メダリストのメドベージェワを、候補に残しておくべきだと主張している。

「ロシアフィギュアスケートの功労コーチ、タチアナ・タラソワ氏がエフゲニア・メドベージェワに今シーズンの世界選手権に出場できるチャンスを残すべきだったと語った」と伝え、メドベージェワが欧州選手権の補欠の2番手で、トゥクタミシェワが1番手であることにも言及している。

 そしてタラソワ氏は「いつも代表メンバーの3番目の枠がコーチ会議の合意によって決まります。私はそれに出席しませんでしたが、結果は知っています。(トゥクタミシェワのコーチの)アレクセイ・ミーシン氏が、『連盟が自分にトゥクタミシェワを世界選手権に向けて準備するのをまかせた』と言ったのを読みました。そして彼はそれに反対しなかった。私は、だれも(メドベージェワのコーチの)ブライアン・オーサー氏と話をしなかったのをおかしく思います。彼にもメドベージェワを世界選手権に向けて準備するよう言うことができたのに」とコメントしたという。

 補欠の1、2番手でありながら、一方のコーチには声をかけ、片方にはそういった対応を行わなかったことについて、疑問を呈しているようだ。

 それもメドベージェワの復活を信じるからこそ。記事では「私の見解ではメドベージェワは今、(また)よくなり始めている。その上昇しているときに、チャンスをつぶすのは正しくないと思われる。常に希望を残しておく必要があると思われます」とも付け加えている。

 欧州選手権に出場する選手の結果次第ではトゥクタミシェワが埼玉行きの切符をつかむ可能性は十分。そして状況によってはメドベージェワも……。結論が出るのはしばらく先だが、ロシア国内では議論が紛糾しそうだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA