高橋大輔 世界選手権は辞退…羽生、宇野、田中が代表 女子は坂本、紀平、宮原

デイリースポーツによると。

 来年3月に行われる世界選手権(埼玉)の日本代表が発表され、男子に全日本選手権で優勝した宇野昌磨(トヨタ自動車)と、3位の田中刑事(倉敷芸術科学大)が選ばれ、右足首の負傷で全日本選手権を欠場した羽生結弦(ANA)がこれまでの実績から選出された。2位の高橋大輔(関大KFSC)は辞退した。

 女子は優勝した坂本花織(シスメックス)と、2位でGPファイナル優勝の紀平梨花(関大KFSC)、3位の宮原知子(関大)に決まった。

 世界選手権の代表入りには、全日本選手権に出場することが原則として求められるが、日本スケート連盟が公表している選考基準には「過去に世界選手権大会3位以内に入賞した実績のある選手が、けが等のやむを得ない理由で全日本選手権へ参加できなかった場合」は、そのけがの状態や過去の実績から選出される可能性があると明記されている。

 高橋は大会後の会見で宇野と田中に対し、「でも、ジャンプ跳べるしパワーあるし、個性あって、この先、希望があるんだろうなって感じながら滑れて、うらやましい反面、自分ももっと向上したいって気持ちも感じた。本当はアドバイスできるくらいの感じでいたけど、2人からいろんなことを感じた。すごくよかったなと思う。今度は全力で2人を応援して、これからもどんどん駆け上がってもらいたい」とエールを送っていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA