高橋大輔、32歳魂の演技は151.10点! 暫定2位5年ぶり表彰台確定

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートの全日本選手権は24日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の高橋大輔(関大KFSC)が151.10点をマークし、合計239.62点。1人を残して暫定2位で、2012年以来の表彰台を確定させた。

 過去に5度の優勝を成し遂げている高橋が全日本で高らかに復活を告げた。冒頭は4回転トウループに失敗。続くコンビネーションは降りたが、3回転フリップも手をついてしまった。演技後半のトリプルアクセルは見事に着氷。しかし3連続ジャンプで転倒。疲れの出た後半はミスが続いてしまった。

 2010年のバンクーバー五輪の銅メダリスト。2014年のソチ五輪(6位)を最後に現役を引退したが、今年7月に現役復帰を電撃表明。復帰初戦の近畿選手権では3位。11月の西日本選手権で復活Vを飾り、全日本出場を決めていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA