紀平梨花選手の快進撃の裏側に、壮大で美しい音楽あり!「彼女は、正真正銘の”美しい嵐” 」

M-ON!Press(エムオンプレス) によると。

『全日本フィギュアスケート選手権』にて、心配されたスケート靴問題を乗り越え、使用曲「A Beautiful Storm」のタイトルどおり「美しい嵐」を巻き起こし、見事逆転の表彰台を手に入れた紀平梨花選手。

力強いピアノ音で始まるこの曲は、アメリカの作曲家、ジェニファー・トーマス(Jennifer Thomas)によるもの。 “地球誕生の物語”という壮大な世界観を、紀平選手が一つひとつの音をていねいに拾い上げ、繊細かつ強さみなぎる演技で表現。まさに氷上に「世界一美しい嵐」(=Beautiful Storm)を巻き起こした。

ジェニファー・トーマスは、先日バンクーバーで行われたGPファイナルを会場で観戦。自身の曲をパフォーマンスした紀平選手のその姿に感動し「彼女の表現力は素晴らしかったです! 彼女はまさに、正真正銘の”美しい嵐” (=”A Beautiful Storm”)。今後の活躍を楽しみにしています」と語っている。

紀平梨花選手のフリー楽曲「A Beautiful Storm」を1曲目に収録したアルバム『Key Of Sea (10 Year Special Edition)』が、12月21日に発売。最新アルバムがビルボードのクラシックアルバム部門で発売週3位を獲得するほどの正真正銘の実力派、ジェニファー・トーマスの、才能溢れる素晴らしい音色は必聴だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA