紀平梨花、米専門誌の表紙に抜擢! 結弦、真央らに続き…「IFSの表紙を優雅に飾る」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで初出場初優勝を成し遂げた紀平梨花(関大KFSC)。21日開幕の全日本選手権でも堂々の本命に推される16歳が、米専門誌の表紙を飾ることが明らかになった。「IFSマガジン」が公式インスタグラムで表紙の画像を公開している。

 紀平が表紙を飾るのは同誌の2019年の第1号だ。紫を基調としたフリーの衣装に頭には花冠、左手にはGPファイナルで勝ち取ったゴールドのメダルを輝かせている。そして白い歯を見せ、あどけなさの残る笑顔を咲かせている。

 同誌は創刊22年で、米国以外にもカナダ、欧州、アジア、南米、オーストラリアでも隔月で発行されている。過去には羽生結弦や浅田真央、高橋大輔らも表紙を飾っている。

 画像を公開した同誌は「日本のリカ・キヒラ2018年のGPファイナルで優勝、2019年初となるIFSの表紙を優雅に飾る。今週末、彼女は同国での優勝を目指す。幸運を祈る」とつづった。

 世界的にも高く評価され、また注目度も急上昇中の「Rika Kihira」。全日本で再び世界を驚かすことができるか。16歳の可能性は無限だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA