紀平梨花、衝撃Vの瞬間に大興奮だった米五輪女王「なんてシーズンなのでしょう!」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルで浅田真央以来、日本勢13年ぶりのシニア1年目Vという偉業を達成した紀平梨花(関大KFSC)。平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)を破り、ビッグタイトルを獲得したが、98年長野五輪女子金メダリストのタラ・リピンスキー氏も「なんというシーズンなのでしょう! 圧倒的です」と脱帽している。

 バンクーバーの地で表彰台の頂点に立った紀平。米国で中継していた「NBCスポーツ」で解説者を務めた元女王リピンスキー氏はこの時、驚異の16歳に驚きを隠し切れずにいた。

 150.61点を叩き出したフリー「Beautiful Storm」を笑顔で演じ切った紀平について、ジョニー・ウィアー氏とともに解説を務めたリピンスキー氏は「なんというシーズンなのでしょうか! このスケーターにとっては。これは圧倒的です」と声を弾ませた。

 シニア初参戦となったオンドレイネペラ杯でいきなり優勝。そこからGPシリーズのフランス杯、NHK杯と連覇し、凄まじい勢いでバンクーバーに乗り込んでいた。

 ザギトワとの16歳対決を制覇した紀平。来年3月に世界選手権(埼玉)を控えているが、リピンスキー氏は「世界選手権にGPファイナルの金メダルを携えて突入することで、彼女は格好の足がかりを手にすることができます」と太鼓判。怒涛の勢いに乗る16歳はさらなるタイトル奪取可能と分析している。

「世界選手権(の舞台)は?」と実況が語ると、「ジャパン!」と実況席は声を揃えた。長野五輪女王の絶賛と地の利を手にした紀平には、躍進の期待が高まっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA