羽生結弦 、日本選手権欠場…世界選手権出場は?

毎日新聞 によると。

 日本スケート連盟は13日、フィギュアスケート男子の羽生結弦選手(24)=ANA=が、けがのため、21日に大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで開幕する全日本選手権を欠場すると発表した。羽生選手は体調不良や故障で同選手権3年連続の欠場となる。

 羽生選手は「心配してくださっている方々に深く感謝申し上げます。全日本選手権に向け、できることを尽くしていましたが、出場することができず、非常に悔しく思います。今後、どうなるかわかりませんが、一日でも早く痛みや制限がなくなり、競技に復帰できるよう努めて参ります」と連盟を通じてコメントした。

 羽生選手は11月17日のグランプリ(GP)シリーズ第5戦、ロシア杯のフリー当日の公式練習で、4回転ループの着氷に失敗して右足首を負傷した。3週間の安静とその後約1カ月のリハビリが必要と診断され、今月上旬のGPファイナルも欠場していた。

 全日本選手権は世界選手権(来年3月、さいたまスーパーアリーナ)の代表最終選考会を兼ねる。代表になるには原則、全日本への出場が必要だが、世界選手権3位以内に入ったことがある選手がけがなどで欠場しても、選考されることがある。羽生選手は2度、世界選手権を制した実績がある上、今季もルール改正後の世界最高得点をマークしており、代表入りは確実とみられる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA