紀平梨花は「ザギトワを倒す存在」 米メディアは超新星を特集「日本の新たな天才」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが6日、カナダ・バンクーバーで開幕する。女子の頂上決戦はロシアと日本から3選手ずつが出場する中、米メディアでは鮮烈なシニアデビューを飾った紀平梨花(関大KFSC)を特集。「ザギトワを倒す存在」「ミス3回転半以上の新たな天才」と絶賛している。

「日本の新たな天才、リカ・キヒラは新型ミス・トリプルアクセル以上の存在」と特集したのは米テレビ局「NBCスポーツ」電子版だった。

 初のGPファイナルに向けて調整を進める紀平は、16歳にしてすでに代名詞と呼べるコンビネーションを武器にしている。

 記事では「16歳の少女は午前の練習でトリプルアクセルに加えて、トリプルトウループとのコンビネーションも練習した。彼女が世界で成功させた初にして唯一の偉業だ」と絶対的な武器を高く評価している。
「ザギトワを倒す人間がいるとすれば、キヒラかもしれない」
 優勝したフランス杯のフリーではトリプルアクセル、続けてトリプルアクセルと3回転トウループのコンビを予定していた紀平。だが、冒頭のトリプルアクセルの着氷で少し乱れると、軌道修正。続くトリプルアクセルをダブルアクセルに切り替える冷静さを見せていた。

 その上で「トリプルアクセルだけがキヒラにとって唯一の武器ということではない。SPで着氷した3回転フリップと3回転トウループもまた、彼女が偉大なチャンピオンである証なのだ。完璧に着氷したのだけではなく、フルスピードでやってのけたのだ」と第2、第3の武器についても、絶賛を加えている。

「五輪女王のアリーナ・ザギトワを倒す人間がいるとすれば、キヒラなのかもしれない。彼女は最高のポテンシャルを有している」と特集では平昌五輪女王ザギトワを倒せる存在として紹介している。

 ハイレベルとなることは間違いないファイナルの舞台で「Rika Kihira」の美しく力強い舞いに、世界中の注目が集まることになりそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA