本田真凜は「心から音楽を聞いている」 重鎮タラソワ氏が伝えた17歳の魅力

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯で6位となった本田真凜(JAL)。表彰台こそ逃したが、ショートプログラム(SP)、フリー、合計点すべてで自己ベストを更新し、収穫もあった。日本の17歳をロシアの重鎮タチアナ・タラソワ氏はどう見たのか。解説を務めた母国の国営放送で「彼女全体が音楽になっている」と語っている。

 シニア2年目で奮闘を続ける17歳をロシアの重鎮はしっかりと評価していた。

 フランス杯のフリー。本田がリンクに現れ、実況が「ジュニア時代に世界選手権など、ほとんどのタイトルを獲得したマリン・ホンダの登場です」と紹介すると、解説のタラソワ氏は「見てください。日本の美しい女性です」とピンクの華やかな衣装を着て演技を始めた本田についてコメントした。

 持ち前の長い手足を生かし、演技冒頭から滑らかな滑りを見せると、タラソワ氏は「柔らかい足です。膝が柔らかい、柔らかく流れるように滑っている」と一言。音楽に合わせ、表現力を生かした中盤は「心から音楽を聞いているから、それがリズムある優美な身のこなしや足に表れ、彼女全体が音楽になっている」と高く評価した。
実況アナも賛辞「完全に魔法の演技です」
 終盤。演技のフィニッシュへ向かう本田に対し、実況が「完全に魔法の演技です。滑りの観点から見ると音楽に入り込んだ……」とコメントすると、演技を終えた本田に対し、タラソワ氏は「本当の魅力です」と賛辞を述べた。

 キスアンドクライで笑顔を振りまく本田。実況は「リンクの上で自分のすべてを、自分のすべてをこの感動させる澄み切ったフリープログラムに捧げたマリン・ホンダを私たちは見ています」と評し、得点以上に心を掴んだ演技を称賛していた。

 シニア2年目の今季は米国に渡り、アルトゥニアン氏に師事。浅田真央さんを指導したこともある名将のもとで練習を積んでいるが、荒川静香さんを始め、世界の名スケーターを育て上げたタラソワ氏も本田が持つ才能について認めているようだった。

 しかし、GPシリーズは6位に終わり、ファイナル進出はならなかった本田。いかに自分の武器をリンクで生かし、結果に結び付けていくのか。挑戦のシーズンは続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA