メドベージェワ、不振の演技を母国実況席はどう伝えた!? 「耐えて、ジェーニャ!」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯で4位に終わった平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)。ロシアの女王が初めて表彰台を逃した瞬間を、母国ではどう伝えられたのだろうか。同国の国営放送の実況、解説の様子に迫った。

 ロシアの国営放送で解説を務めたのは、名伯楽のタチアナ・タラソワ氏。メドベージェワが演技を始めようとする時には「私たちは(あなたの良い滑りを)待っていて、(あなたを)愛しています(あなたの良い滑りを)期待しています」と祈るように語っている。

 冒頭のジャンプで着氷が乱れるなど、メドベージェワの万全ではない演技を見たタラソワ氏は演技途中で「(彼女に)時間をあげてください」と口にし、新天地での練習環境の変化などに適応するのに時間がかかることへ理解を求め、演技後半に体力的に苦しい場面でステップするメドベージェワに手拍子するフランスの観客に対して「愛すべきフランスの観衆のみなさん、応援ありがとうございます」とロシアを代表するように、感謝の意を表した。

 さらにフィニッシュに向け最後の力を振り絞って演技するメドベージェワに対して「会場は私たち(ロシア)の邪悪なジャーナリストたちのみで構成されていない、会場は(メドベージェワを)愛して、理解して、非難せずに、ともに体験する人々で構成されている!」とヒートアップ。そして演技終了後には、開口一番「耐えて、ジェーニャ!」とも叫んだ

 演技後には男性の実況は「私たちは皆さんとともにすべてを見ました、思うに多くのミスがあったのも見ました。私はそれを今、分析し強調するのは意味がないと思います。私たちにとってジェーニャは女王です、2度の世界女王です」と母国の誇りだと強調。
タラソワ氏は最後まで擁護「私たちはすべて覚えているし知っている」
 さらに実況は途中でタラソワ氏が名前を挙げた、マリア・ブチルスカヤ(99年のヘルシンキ世界選手権で優勝)、イリーナ・スルツカヤ(ソルトレークシティ五輪銀メダル、トリノ五輪銅メダル)、エリザベータ・トゥクタミシェワ(15年世界選手権で優勝後、長いスランプを経て今季復活)を紹介し、「彼女たちはよい例で皆、自分の歴史があったはずです、勝利の歴史、敗北の歴史が」といずれも長いキャリアの中で栄光と挫折を味わった同じロシアの女子スケーターにフォーカスして、メドベージェワのこれからの挽回に期待していた。

 それを受けてタラソワ氏は「今日の夜も容易でないと思うし、昨日の夜も容易でなかったと思います。私たちが眠れなかったのであれば、彼ら(メドベージェワとオーサー氏)も眠れなかったと思う」と独特の表現でメドベージェワの現在の状況を気遣い、その後に「耐えて、ジェーニャ!」と再び叫んだ。

 続けるように実況は「ドラマチックな瞬間ですが、破滅的な瞬間ではありません。シーズンは続きます。試合は続きます。ジェーニャを愛し、彼女がエテリ・トゥトベリーゼコーチたちと成し遂げたすべてを覚えているファンたちの信心は…」と語ると、タラソワ氏は「私たちはそれをすべて覚えているし知っている」とコメントし最後までメドベージェワを擁護する姿勢を見せていた。

 タラソワ氏は別のメディアに対して、ロシア国内でメドベージェワに対して厳しい目を向ける外野から、心ない声が上がることに対して、批判的な意見を述べていた。

 一貫して擁護を繰り返しているロシアの重鎮。その溢れる愛情に、メドベージェワも救われているに違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA