紀平梨花逆転Vとメドベ敗退を対比「観客仰天」

THE PAGE によると。

フィギュアスケートのグランプリシリーズ第6戦 フランス杯の女子フリーが、24日(日本時間25日)グルノーブルで行われ、ショートプログラムで2位だった紀平梨花(16、関大)がフリーで138.28点を叩き出して、合計205.92点で逆転優勝した。NHK杯に続くGP連覇で12月6日からカナダのバンクーバーで行われるGPファイナル初出場を決めた。
 だが、一方で2018年の平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(19、ロシア)は、SPで3位だったが、フリーではダブルアクセルで転倒するなどミスが出て、125,26点の合計192.81点で4位。先のスケートカナダでも3位と優勝できなかったためGPファイナル出場を逃した。

 米のNBCスポーツは「メドベージェワがGPファイナル出場逃す」との見出しを取り、「国際シニア大会のキャリアで初めて表彰台を逃し、12月のGPファイナル出場を逃した。
 五輪銀メダリストはフリーで2度のジャンプで転倒しそうになるなど苦戦が続いた。メドベージェワはSP3位から順位を落とし、優勝した日本の紀平に13.11点及ばず4位だった」と伝えた。
 同メディアは、メドベージェワが、2015年から2017年までの2年間は無敗だったが、昨年のGPファイナルを足の骨折で欠場して以来、平昌五輪も含めて、最近5大会では、2位、3位、もしくは4位と低迷していることを紹介。先月のスケート・カナダで3位だったため、GPファイナルに出場するには、今大会での2位以上がノルマだったことを伝え、「彼女は最近1年以上は勝っていない。結局、GPファイナル出場者はすべてロシア選手と日本選手で、世界大会で2度メダルを獲得している宮原知子や2015年の世界選手権覇者のエリザベータ・トゥクタミシェワも加わる」と報じた。
 
  記事は優勝した紀平についても着目。
「16歳で今シーズンから国際シニア大会にデビューを果たした紀平は、トリプルアクセルは回転不足とされたが、2大会連続で着地を成功させ、初となるGPファイナルに進出した」と紹介した。
 紀平は、冒頭のトリプルアクセルでは、なんとか着氷にこらえたが回転不足。続くトリプルアクセル―3回転トゥループの連続ジャンプも、トリプルがダブルアクセルになるなどミスが出たが、他では高い出来栄え点を奪い、逆転Vにつなげた。
「紀平が今シーズンの3大会で負けなしのアリーナ・ザギトワ(ロシア)に対して一番の驚異となるかもしれない」と、平昌五輪金メダリストで、今季も絶好調のザギトワの対抗馬として紀平の名前を挙げた。

スポーツ専門放送局のEurosport.comは「紀平が2つ目のグランプリタイトルを獲得」との見出しを取り「大評判の日本人フィギュアスケーターの紀平が、彼女らしい滑りで魅了し、今シーズン2つ目のGPタイトルを獲得した。16歳(の紀平)は見事なフリースケートを見せた」と報じた。

 五輪スポーツを伝えるOlympic Channelは「メドベージェワがグルノーブルでミスを犯しGPファイナルを逃す」との見出しを取り、「日本の紀平がフランス杯を制する一方で、五輪銀メダリストは精神面に課題があることを認めた」と、メドベージェワと紀平の2人を対比するような内容を記した。

 記事は、シニア大会で初めて表彰台を逃したメドベージェワの「フリースケートで起きたことについては、正直にはまだ言いたくはないが、100%精神的な部分が問題。ミスは認める。それを払いのけられる選手ではなかった」とのコメントを掲載。
「ネドベージェワが明らかにナーバスな様子を見せる中、驚きの勝者となった日本選手(の紀平)は、国際シニア大会のデビューシーズンでトリプルアクセルを着地させて観客を仰天させた」と、紀平の逆転勝利を称えた。

国際スケート連盟(ISU)の公式サイトは「紀平が日本のワンツーフィニッシュへ導き2つ目のGP大会での金メダルを獲得した」と伝え、紀平と2位に入った三原舞依(19、シスメックス)の日本人2人が表彰台を独占したことを報じた。

記事は、「紀平はジェニファー・トーマスの『Beautiful Storm』で滑り出したが、冒頭のトリプルアクセルは不安定で回転不足とされた。だが、彼女は2回転アクセル-3回転トゥループのコンビネーションに加え、4度の3回転ジャンプ、2度のレベル4スピンをきれいに決めて自分の滑りを取り戻した」と紀平の演技内容をレポートした。

 12月のGPファイナルでは紀平vsザギトワをメインとして日本選手vsロシア選手の激しい争いが海外メディアにもクローズアップされそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA