真凜、好発進4位に手応え「今季ベストな演技ができた」

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケートのGPシリーズ第6戦、フランス杯は23日、女子ショートプログラム(SP)が行われ、三原舞依(シスメックス)が67・95点で首位発進を決めた。NHK杯で日本初のGP初出場初優勝を果たした紀平梨花(関大KFSC)は67・64点で2位に付けた。

 本田真凜(JAL)は65・37点で4位と好発進。「今シーズンの中ではベストな演技ができた」と満足げ表情。さらに「手応えを口にし「思い切ってやろうという気持ちだった。一つ自分の中でも成長できた」と手応えを口にし「一歩一歩頑張っていきたい」とフリーの演技を見据えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA