真央「今もスケートと共に」…仙台で12月に展示会

河北新報 によると。

 昨年4月に引退したフィギュアスケート元世界女王の浅田真央さん(28)が16日、仙台市で報道陣の取材に応じ、「引退発表してから時間のたつのが早い。スケートとさよならしてもいいかと思ったが、今もスケートと共に歩んでいる」と近況を語った。

【写真特集】笑顔で報道陣の質問に答える真央さん
 引退後はアイスショーで全国を回っており、今回は青葉区の藤崎本館で12月19~26日に開かれる「美しき氷上の妖精 浅田真央展」のPRで来仙した。
 「22年間、選手を続けられたのは応援のおかげ。写真や映像を見て当時を思い出して何かを感じてもらえたらうれしい」と笑顔を見せた。
 展示会は入場無料。写真パネルや愛用の衣装など約130点を展示し、ダイジェスト映像を通じて引退までの軌跡をたどる。期間中は会場で限定グッズや書籍も販売する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA