羽生結弦 GPロシア杯SP首位発進 世界最高更新110・53点、初連勝へ前進

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケートのGPシリーズ第5戦ロシア杯が16日、モスクワで開幕し、今季GP2戦目となる羽生結弦(23=ANA)は男子ショートプログラム(SP)で110・53点をマークし、首位発進した。GP初戦だった3日のフィンランド大会で記録したルール改正後の世界最高得点を更新する演技で順調な滑りだし。日本男子初のGP10勝目と自身初のGPシリーズ連勝を狙う。

 最終滑走となる12番目で登場した羽生はSP曲「秋によせて」に乗って、4回転サルコー、トリプルアクセル(3回転半)、4回転―3回転の連続トーループの3つのジャンプに挑んだ。連続ジャンプの後半に少し体勢を崩したものの着氷。GPフィンランド大会でマークしたルール改正後の自己ベストで世界最高得点だった106・69点を更新した。

 シニア挑戦1年目の10年に7位となり、翌11年にGPシリーズ初優勝したのは、このロシア杯だった。原点ともいえる場所で新たな羽生伝説を紡ぐ。

 モリス・クビテラシビリ(ジョージア)が89・94点で2位、アレクサンデル・マヨロフ(スウェーデン)が82・33点で3位、友野一希(同大)が82・26点で4位だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA