村上佳菜子、GPデビュー戦Vの紀平梨花を絶賛「強さの秘密は『質』。もっと上を目指せる」

スポーツ報知 によると。

 12日に放送された日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜・前8時)に、プロフィギュアスケーターでタレントの村上佳菜子(23)が出演。フィギュアスケートで日本勢初のGPシリーズデビュー戦優勝を果たした紀平梨花(16)=関大KFSC=を絶賛した。

 「やりましたね。すごいと思います。ショートプログラム(SP)でミスして69点台(69・59点)もすごい」と評価。強さの秘密を「質」にあると話し、紀平にしか飛べないジャンプに多くの加点、フリーのトリプルアクセル&トリプルトゥーループに2・63点、トリプルアクセルに3・09点がついたことに「これだけ加点がつくというのはなかなかない。今季から(出来栄え点の最高が)5点になったので、もっともっと上を目指せると思います」と太鼓判を押した。

 今後については「しいて言えばSP(の点数)をそろえるというのが上を目指せる(ポイント)かなと。(練習で成功している)4回転を入れてくるかなと思っていたんですが『来季かな』と言ってました」と“のびしろ”も指摘した。

 最後に紀平の印象について「いつも真面目に練習する選手」と話した村上。コーチがいなくなっても、最後まで真面目に練習を続けている姿をよく見たという。「私は結構サボっちゃう方だったので。そこが…」と話し、笑いを誘っていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA