紀平梨花、“芸術の国”も認めた3Aだけじゃない強さ「並外れた能力で恐ろしい得点」

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯は10日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)5位でシニアGPデビュー戦の紀平梨花(関大KFSC)が完璧な演技で154.72点をマーク。合計224.31点で衝撃の逆転優勝を飾った。3位に入ったエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)が表彰台の3ショットを掲載し、反響を呼んでいたが、“芸術の国”イタリアは紀平のジャンプだけじゃない強さに脚光。「キヒラが満天の星のごとく優勝」「並外れた能力で恐ろしい得点」と賛辞を送っている。

 3回転アクセルだけじゃない。紀平の強さが凝縮されたフリーだった。冒頭の3回転アクセルからの連続ジャンプを成功させると、続いては単発の3回転アクセルも着氷。一気に盛り上げると中盤は質の高いスピン、ステップで会場を魅了した。会心の演技を披露するとガッツポーズを炸裂。SP5位から大逆転Vを飾った。

 圧巻の3回転アクセル2発に脚光を浴びていたが、イタリアのスポーツ専門メディアは「2人の日本女子が表彰台へ、キヒラが満天の星のごとく優勝、ミヤハラは2位に」と特集。演技全体をクローズアップしている。

「NHK杯では素晴らしいフリープログラムが競演された。今回の試合は特に大変高いレベルの技術点で競われた。先陣を切ったのはホームのキヒラだった。SP5位から挽回するという素晴らしいドラマをキヒラは作り上げた」
総合力で高いレベルを誇る才能「並外れた能力で恐ろしい得点」
 このようにつづった記事では「2002年生まれの彼女は、音楽に乗せて次から次へと軽快に高難度の要素を成功させ、他の選手を優勝から押しのけてしまった」と大逆転Vをレポート。冒頭の連続ジャンプについて「高速で幅のある壮麗なトリプルアクセルとトリプルトーループのコンビネーションでプログラムの幕は開けた」と評している。

 一方で質の高いスピン、ステップにも注目。「その後のジャンプも高クオリティで成功させ、スピンやステップでもレベル4を獲得した。並外れた能力を持つキヒラはFSで恐ろしいほどの高得点154.72を記録し、SPとの合計224.31で試合を制覇した」とジャンプのみならず、総合力で高いレベルを誇る才能に何よりも高い評価を下していた。

 シニアGPデビュー戦にして堂々たる演技で大逆転Vを飾った紀平。代名詞の3回転アクセルだけじゃない、“芸術の国”も認めた強さを誇る16歳は力強く日本の第一線を引っ張っていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA